105件中 81 - 90件表示
  • HSBCホールディングス

    HSBCホールディングスから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    また、同年2月、HSBCは貴金属取引における価格カルテルの疑いで米司法省と商品先物取引委員会に捜査された。HSBCの他で判明した捜査対象は、バークレイズ 、スコシアバンク 、UBS 、クレディ・スイス 、ドイツ銀行 、ゴールドマン・サックス 、JPモルガン・チェース 、ソシエテ・ジェネラル 、スタンダード銀行となっている。HSBCホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ワールドビジネスサテライト

    ワールドビジネスサテライトから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    市川眞一(クレディ・スイスチーフマーケットストラテジスト)ワールドビジネスサテライト フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    白川浩道(クレディ・スイス証券チーフエコノミスト)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学政治経済学部

    早稲田大学政治経済学部から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    水野温氏(クレディ・スイス証券取締役副会長、元日本銀行政策委員会審議委員)早稲田大学政治経済学部 フレッシュアイペディアより)

  • 農林中央金庫

    農林中央金庫から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    藤原敬之 - 小説家、クレディ・スイス元マネージングディレクター農林中央金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤ゆかり

    佐藤ゆかりから見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    2004年 - クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(現クレディ・スイス証券)入社。佐藤ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 山一證券

    山一證券から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    日本の分を飛ばすために、クレディ・スイス信託銀行で特定金銭信託口座を開設し、2000億円分の日本国債を購入させている。山一はこれを子会社のペーパーカンパニーへ貸し出しつつ買い戻して、これらの子会社へ損失補填用資金を流した。世界の分は外国債券を損失補填した含み損であり、その外債を山一オーストラリアへ、買い戻す約束で売却したものである。山一證券 フレッシュアイペディアより)

  • スイス・リー

    スイス・リーから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    1861年5月に発生したグラールスの大火災により、多数の市民が住居を失った際、大規模な災害に備える保険商品の必要性が認識され、クレディ・スイス、UBS、:en:Helvetia Insuranceの出資により、1863年12月、チューリッヒでスイス再保険会社が設立された。翌1864年、ヨーロッパ諸国の保険会社に海上・火災再保険の提供を開始、1865年に生命再保険の、1881年に事故再保険の提供を開始した。1910年にアメリカ合衆国支店を開設、翌1911年にラテンアメリカに進出した。スイス・リー フレッシュアイペディアより)

  • 水道

    水道から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    水道事業は住民の健康に直結するという公共性をもつ。しかし、財政負担や時々の政策が理由となって水道民営化を果すこともある。ベクテルの絡んだコチャバンバ水紛争では未遂に終わった。世界金融危機の前後では、メガバンクや大金持ちが水道支配のあり方を統合しつつある。メガバンクとは例えばゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、シティグループ、UBS、ドイツ銀行、クレディ・スイス、マッコーリー銀行、バークレイズ、ブラックストーン・グループ、アリアンツ、HSBC、その他を指す。大金持ちとはトーマス・ピケンズやジョージ・H・W・ブッシュである。彼らの投資先とは、まずゴールドマンの例だけで、子会社に水道事業をもつNalco Holding Company、イギリスの水道設備会社Kelda Group、コカコーラ等に水を供給するChina Water and Drinks Inc、真正の公共事業であるTruckee Meadows Water Authority。ナルコにはランベールもアポロという名前で関係し、ケルダにはシティグループやHSBC も関係している。クレディ・スイスはゼネラル・エレクトリックやCleantech Group と組んでインフラ投資を予定している。JPモルガンはロックフェラー系のUBS などと組んでイギリスのSouthern Water を買収した。出典から紹介しきれない銀行もある。そしてミューチュアル・ファンドやヘッジファンド、各国の公的年金までが水道事業へ投資をしている。「水道貴族」による水支配は留まるところを知らない。水道 フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    1969年2月、ソウル・スタインバーグ(Saul Steinberg)のリースコ(Leasco Data Processing Equipment Corporation)から敵対的買収を仕掛けられた。リースコはメインバンクがファースト・ボストン(現クレディ・スイス)だった。ケミカルは事前に買収を察知していたばかりか、傘下のミューチュアルファンドがリースコ資本の27%以上を握っていた。プライスウォーターが防衛策を立案し、元イングランド銀行理事のジョージ・ボルトン(George Bolton)がリースコのボイコットを約束した。パワー・コーポレーション(Power Corporation of Canada)のミューチュアルファンド(Putnam Investments)などがリースコの株を一斉に売り払い、買収計画を混乱させた。PCCは後にグループ・ブリュッセル・ランバートの株主となる独占体である。防衛が成功した礼状としての祝電は、AT&T・デュポン・USスティール・シアーズ・IBM等の重鎮へ打たれた。その中にはメロン財閥の牙城ピッツバーグで財を成したヘンリー・ヒルマン(Henry Hillman)がいた。ユダヤ人のソウルは自身がエスタブリッシュメントの一員であると思っていたが、裏切られた。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

105件中 81 - 90件表示