前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
302件中 1 - 10件表示
  • 犬塚弘

    犬塚弘から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    犬塚 弘(いぬづか ひろし、1929年3月23日 - )は、日本の俳優、ベーシスト。「ハナ肇とクレージーキャッツ」メンバー。2017年現在、同メンバー唯一の存命者。犬塚弘 フレッシュアイペディアより)

  • 植木等

    植木等から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    植木 等(うえき ひとし、1926年12月25日 - 2007年3月27日)は、日本の俳優、コメディアン、歌手、ギタリスト、タレント。「ハナ肇とクレージーキャッツ」のメンバー。仲間内での愛称は「ボンさん」「植木屋」「植木やん」。植木等 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ドリフターズ

    ザ・ドリフターズから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1956年にマウンテンボーイズ(1952年 - 1955年)と東京ウエスタンボーイズが合併して結成(参考 1)。クレージーキャッツの後輩。結成当初から4年ほどは音楽バンドとして活動していた。楽曲主体による音楽ネタなどを得意としており、テレビや映画出演が多くなるにつれ、コミックソング、コントやギャグが主体となっていった。ザ・ドリフターズ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ドリフターズ

    ザ・ドリフターズから見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    前期バンド時代はともかく、「新生ドリフ」はカバー曲や替え歌が主体のため、コミック・ソングとしては、「クレージーキャッツ」より低く見られがちだが、初期の多くの曲を手がけたなかにし礼の作詞と川口真のアレンジは、独自の「ドリフ・ミュージック」を作り上げた。ザ・ドリフターズ フレッシュアイペディアより)

  • 私と私

    私と私から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツや田辺靖雄、そして当時売り出し中の中尾ミエや伊東ゆかりといった、渡辺プロ所属の歌手が助演、特にクレージーは、前のプログラム『ニッポン無責任時代』(監督:古澤憲吾)に引き続いての出演で、劇中の植木等扮するマネージャーが電話の応対で「それが無責任な奴ですよ。」と言うお遊びもある。私と私 フレッシュアイペディアより)

  • 夢で逢いましょ

    夢で逢いましょから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    中尾と同じ渡辺プロ所属のザ・ピーナッツやハナ肇とクレージーキャッツや田辺靖雄らが共演する。夢で逢いましょ フレッシュアイペディアより)

  • ハイハイ3人娘

    ハイハイ3人娘から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『森永スパーク・ショー』(フジテレビ系列)で人気者となった中尾ミエ・伊東ゆかり・園まりの通称「スパーク3人娘」を主演とした、ミュージカル仕立ての青春映画。中尾の主演作『夢で逢いましょ』の佐伯幸三が監督を務め、3人娘の所属する渡辺プロからハナ肇とクレージーキャッツや田辺靖雄らが助演、更に宝塚映画常連の高島忠夫も出演する。またラウル・アペルが振り付けを担当する傍ら、自らが主催する「ラウル・アペル・ダンサーズ」も出演する。ハイハイ3人娘 フレッシュアイペディアより)

  • 悲しきわがこころ

    悲しきわがこころから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    悲しきわがこころ(かなしき-)は1965年4月5日に発売されたハナ肇とクレージーキャッツのシングル。悲しきわがこころ フレッシュアイペディアより)

  • 平凡 歌のバースデーショー

    平凡 歌のバースデーショーから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    毎回その月に生まれた各界の人気スターをゲストに迎え、彼らの誕生を祝う華やかなショーを繰り広げていた歌謡番組で、後に同系列局で放送される『ハッピーバースデー!』の原型となった。昼の帯番組『おとなの漫画』で人気を上げたハナ肇とクレージーキャッツが出演しており、ハナ肇が司会を、その他のメンバーがアシスタントを務めていた。平凡 歌のバースデーショー フレッシュアイペディアより)

  • 新春かくし芸大会

    新春かくし芸大会から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1965年:初めて司会進行役を設け、高橋圭三が担当した(1970年まで高橋が1人で司会)。同時に審査員もタレントや著名人を迎える形となった。キャプテンは渡辺プロダクション(以下ナベプロ)所属のハナ肇、植木等らハナ肇とクレージーキャッツやいかりや長介、加藤茶らザ・ドリフターズの面々が務めさらにザ・ピーナッツが出演するなど番組の制作会社でもあるナベプロのカラーが強くなっていく。この年と翌1966年は初の生放送で放送時間は90分間に拡大し、土曜22時枠の『夜の十時劇場』内で放送した。この年から1980年代まで年間視聴率ランキングの上位の常連になっていた。新春かくし芸大会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
302件中 1 - 10件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード

  • ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)

  • DieselOn Fadelite Smartwatch

  • Diesel On Fadelite Smartwatch