302件中 91 - 100件表示
  • おとぼけしんぶん

    おとぼけしんぶんから見たクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    同時期に始まったクレイジーキャッツ出演のバラエティ番組。この番組も時事問題をコンセプトにしたバラエティ番組だった。おとぼけしんぶん フレッシュアイペディアより)

  • 天下の学園

    天下の学園から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    谷村啓太:谷啓(ハナ肇とクレージーキャッツ天下の学園 フレッシュアイペディアより)

  • 天下の若者

    天下の若者から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    谷田啓太郎:谷啓(ハナ肇とクレージーキャッツ天下の若者 フレッシュアイペディアより)

  • 7時半だよクレージー

    7時半だよクレージーから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    フジテレビ開局年の1959年から放送されていた『おとなの漫画』の姉妹番組にして、同年9月から1961年6月まで同局で放送されていた『クレージーキャッツショー』のリバイバル版。オリジナルと同様に、ハナ肇とクレージーキャッツが出演していた。『おとなの漫画』のハイライトシーンを選り抜いて30分に構成し直していたが、単なる再放送ではなく、作者・青島幸男による奇想天外なブリッジで同番組4本分を30分番組にしたものである。放送開始10日前の1963年4月5日にサンケイ新聞に掲載された広告で「TVマンガ」と紹介されていたが、実際にはアニメではなかった。7時半だよクレージー フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー作戦

    クレイジー作戦から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージーキャッツが同名の映画シリーズの公開に先駆けて始めた、各話完結形式の集団コメディ。クレージーキャッツが初めて演じた本格的コメディであり、戦争をテーマにした内容ながら徹底的なナンセンスコメディに仕上げていた。テーマは太平洋戦争に限らず、あらゆる時代のあらゆる戦争をモチーフにしていた。クレイジー作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ズージャ語

    ズージャ語から見たクレイジー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    このような調に関して発生した言葉として、「C調」(しーちょう。こちらのCは英語読み)がある。この場合の「C調」は、「調子いい」とハ長調(C調)をかけて、軽く調子のいい事を吹聴する人物を指したものである。ジャズ界出身のクレイジー・キャッツが流行らせ、「無責任一代男」には「人生で大切な事はタイミングにC調に無責任」という歌詞が出てくる。ズージャ語 フレッシュアイペディアより)

  • ナイアガラ音頭

    ナイアガラ音頭から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ヴォーカルを担当したのはブルース・クリエイション - DEWの元メンバーで、1973年に大瀧プロデュース、“ココナツ・バンク”の演奏によるアルバム『悲しき夏バテ』をリリースした布谷文夫。大滝によれば1967年夏、高校卒業後上京して一週間以内に布谷と出会ったという。「僕は岩手県内でも転々としていたのですが、何度目かの転校の時に知り合った人間がいて、彼がクレージーキャッツのソノシートを持っていたということで気が合って友達になった。それから二、三年して僕がギターを覚え始めたときに、彼が詞を書いて、僕がスリー・コードで曲を付けた。これが最初のオリジナル曲ですが、このときの作詞家が後に布谷さんのの作詞をした千葉信行で、僕よりも前に上京していた彼に誘われて、彼の先輩がいたとあるGSバンドの練習に遊びに行ったんです。そこへリード・ヴォーカルが来るからちょっと待ってろと言われて、布谷さんを紹介されたわけです」という。布谷は当時専修大学に通う大学生で1966年3月にバンド“東京R&Bファイブ”を結成、1967年3月に解散していた。大滝は「なんかミック・ジャガーが好きだって言ってばっかり唄ってたな。僕はそれを見ていただけだったんだけど、そしたら急に“ドラムやるんだって?”とか言われて。そこのドラマーが上手くなくてクビにするからって。別に正式メンバーになったわけじゃないけど、そういうんで交友関係ができて、それが後に“タブー”というバンドになる」「布谷は結構その頃エキストラのヴォーカルをやってた。GSブームの頃だから仕事が結構あったんだよね、学生でありながらそういうバイトをしていたわけ。ジャガーズの弟バンドっていうのにトラで入って歌唄ってたんだよ。そしたらそこに洪栄龍がいたんだよね。なぜかを弾いていた。そこのバンドに新しいギタリストが入ったって。それが高校生の竹田和夫だった。それがだんだんブルース・クリエイションになっていく。そのバンドにオレが飛び入りするようになって、で何を唄うかっていうとしかなくて、それをプレスリー調に唄うんだ。たしか洪栄龍が知っている曲がしかなかったからだと思ったけどね」「その前にタブーを解散する時に布谷に“お前はやっぱり自分の好きなのをやるべきだ”って言われてて、“絶対お前とぴったり合う人間がいるから紹介する”って言われて中田佳彦の電話番号を聞いて、会って話をしたら本当にぴったりだった。で、中田との友達づきあいが始まるわけ。中田は立教大学に行ってて社会学部で細野晴臣と同じクラスだったの。中田に連れられて細野ん家に行った。上京して一年しないうちに布谷、中田、細野と行きついた」という。ナイアガラ音頭 フレッシュアイペディアより)

  • 五万節

    五万節から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    五万節(ごまんぶし)は1961年12月に発売されたハナ肇とクレージーキャッツ2枚目のシングル。作詞は青島幸男、作曲・編曲は萩原哲晶。発売当初は歌詞が問題となり放送禁止・発売中止になった(その後歌詞を変更して発売された)。また、多くの映画で歌われている。後に、「新五万節」としてリメイクされた。五万節 フレッシュアイペディアより)

  • 五万節

    五万節から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1986年4月23日に歌は同じクレージーキャッツでリメイクされた。作詞は青島幸男、作曲・編曲は萩原哲晶、編々曲は大瀧詠一。クレージー結成30周年記念曲である『実年行進曲』(作詞:青島幸男、作曲・編曲:大瀧詠一)のB面としてリリース。五万節 フレッシュアイペディアより)

  • ハッスル

    ハッスルから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1963年(昭和38年)春に日本プロ野球の阪神タイガースがアメリカキャンプから持ち帰り、日本で広まったとされている。1962年(昭和37年)には映画『ハスラー』が日本公開され、こちらを語源とする考えもあった。1963年(昭和38年)のクレージーキャッツの映画『クレージー作戦 くたばれ!無責任』の中でコメディアンの植木等は「ハッスル・ホイ」という歌を披露した。この時期のNHKは、ハッスルはアメリカの俗語では売春婦が客引きする意味があることを理由に放送禁止用語にしていた(現在でも日本のピンクサロンやキャバクラの場内アナウンスで用いられる場合がある) 。ハッスル フレッシュアイペディアより)

302件中 91 - 100件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード

  • ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)

  • DieselOn Fadelite Smartwatch

  • Diesel On Fadelite Smartwatch