302件中 131 - 140件表示
  • 東京ウタカルタ

    東京ウタカルタから見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    その後「クレイジーキャッツのようなコメディバンドがやりたくて」ということで、ワタナベエンターテインメント付属のワタナベコメディスクールに3期生として入学したことが芸能界に入ったきっかけだったが、バンドをやろうにもメンバーが集まらなかったため、結局ピン芸人になったという。同期のイモトアヤコ、1期先輩のバービーとともにトリオを組んでいたこともあるが、すぐに脱退している。東京ウタカルタ フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 1996年11月

    訃報 1996年11月から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    11月5日 - 安田伸、コメディアン・「ハナ肇とクレージーキャッツ」メンバー(* 1932年)訃報 1996年11月 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜日だョ!ドリフターズ!!

    日曜日だョ!ドリフターズ!!から見たクレイジー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『全員集合』のプロデューサーだった居作昌果によると、当時の渡辺プロ社長である渡辺晋から「全員集合は1971年3月いっぱいで一旦休止。4月から半年間だけ、ドリフは日本テレビで1時間の生放送(→本番組)、TBSの土曜夜8時はクレイジー・キャッツ(→『8時だョ!出発進行』)で行く」との通告があった際、TBS内部は居作曰く「蜂の巣をつついたような大騒動」になったという。だが結局は、居作の「NTVで新番組をやっても、絶対に『全員集合』にはなりません。ドリフが出ているだけで高視聴率になるほど世の中甘くはない。(ドリフがいないのは)たった半年じゃないですか。『全員集合』は、その先何年でも頑張れるはずです」という意見を編成局長が受け入れ、『全員集合』の半年間休止が決定。本番組の開始に至った。日曜日だョ!ドリフターズ!! フレッシュアイペディアより)

  • 三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド

    三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンドから見たクレージー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    楽曲は「PRIME TIME」。2枚目バンドながら「かっこいいクレージー・キャッツを目指す」と紹介された。Dr.井上がベストプレーヤー賞を受賞。三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド フレッシュアイペディアより)

  • 大冒険

    大冒険から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『大冒険』(だいぼうけん)は、クレージーキャッツ結成10周年を記念して東宝と渡辺プロダクションが1965年に製作・公開した映画である。併映作は『喜劇 駅前大学』(佐伯幸三監督)であった。大冒険 フレッシュアイペディアより)

  • ちゃっきり節

    ちゃっきり節から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    過去にデュオ歌手ザ・ピーナッツが歌唱していた。「ちゃっきり節だよ!ザ・ピーナッツ」と言うレコードに収録されていた。この時の題名は「ちゃっきり。ちゃ、ちゃ、ちゃ」であった。そのザ・ピーナッツは、1962年公開の主演映画『私と私』(監督:杉江敏男)で、伊藤エミがハナ肇とクレージーキャッツと共に歌っていた。そのクレージーの一人・植木等は、1966年公開の『クレージーの無責任清水港』(監督:坪島孝)内で本曲を歌唱、そしてその続編的作品『クレージーの殴り込み清水港』(1970年、監督:坪島孝)では、OPテーマに本曲を使用した。ちゃっきり節 フレッシュアイペディアより)

  • 日本一の男の中の男

    日本一の男の中の男から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージーからの助演は谷啓のみだが、ヒロインはそれまでの浜美枝に代わり、日活から浅丘ルリ子を迎えた。その他の共演者は常連・人見明を始め、水谷良重、後にクレージー映画のほか『社長シリーズ』や『若大将シリーズ(社会人編)』にも出演する藤岡琢也、浅丘と同じく日活育ちの岡田眞澄など。加えて、《スパーク3人娘》に続けて渡辺プロが売り出しを図っていた木の実ナナ・奥村チヨ・伊東きよ子の3人娘や、久美かおりらが所属する“メイツガールズ”などが彩りを添えた。日本一の男の中の男 フレッシュアイペディアより)

  • ゴー・ゴー・ナイアガラ (ラジオ番組)

    ゴー・ゴー・ナイアガラ (ラジオ番組)から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    番組名の「ナイアガラ」とは、大瀧が主宰していたレコード・レーベル『ナイアガラ・レーベル』から取られたもの。「大瀧詠一の趣味の音楽だけをかけまくる番組」と銘打って、毎回1950〜1960年代の洋楽オールディーズ・ナンバーから、坂本九・弘田三枝子などの日本のポップス、三橋美智也・小林旭などの歌謡曲、ハナ肇とクレージーキャッツなどのナンセンス・ソング、果ては「お座敷ソング」や「民謡・音頭」に至るまで、大瀧の見識と個人的な趣味に裏打ちされた選曲による特集が組まれた。深夜のかなり遅い時間帯の放送が多かったが(最初期は実に午前3時から4時の放送)カルト的な人気を誇り、リスナーの中にはサエキけんぞうや泉麻人ら、その後音楽・放送業界関係者や文化人として名を成す人物もいた。ゴー・ゴー・ナイアガラ (ラジオ番組) フレッシュアイペディアより)

  • フランキー堺とシティ・スリッカーズ

    フランキー堺とシティ・スリッカーズから見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    フランキー堺とシティ・スリッカーズ(フランキーさかいとシティ・スリッカーズ)は、フランキー堺が1953年に結成し、1959年ごろに解散したジャズバンド/コミックバンド。冗談音楽の王様と呼ばれたスパイク・ジョーンズ&ザ・シティ・スリッカーズのコピーバンドとして始まり、その音楽性はハナ肇とクレイジーキャッツに引き継がれた。メンバーの岩井直溥は「要するにシティ・スリッカーズは、のちの「ハナ肇とクレージー・キャッツ」の原型のようなものだったんです」と述べている。フランキー堺とシティ・スリッカーズ フレッシュアイペディアより)

  • 桐野丈二郎

    桐野丈二郎から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージー・キャッツのファンで、音楽エンターテイメント「コミックバンド」の復活を熱望している。桐野丈二郎 フレッシュアイペディアより)

302件中 131 - 140件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード

  • ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)

  • DieselOn Fadelite Smartwatch

  • Diesel On Fadelite Smartwatch