302件中 141 - 150件表示
  • 無責任一家総動員

    無責任一家総動員から見たクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレイジーキャッツの「ドント節」をパンク・ロック風にアレンジしたもの。無責任一家総動員 フレッシュアイペディアより)

  • 中川ヒロシ

    中川ヒロシから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージー・キャッツのファンで、音楽エンターテイメント「コミックバンド」の復活を熱望している。中川ヒロシ フレッシュアイペディアより)

  • デーモン小暮のオールナイトニッポン

    デーモン小暮のオールナイトニッポンから見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    自分の周りの、これは無責任だという奴を笑い飛ばそうというコーナー。オチの音楽にハナ肇とクレイジーキャッツの曲がよく流れた。デーモン小暮のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • A GIRL IN SUMMER

    A GIRL IN SUMMERから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    アルバム発売の直前にクレージーキャッツとの共演シングル『Still Crazy For You』(フジテレビほか『ウチくる!?』2006年4月2日 - 5月28日エンディングテーマ)を発売したが、このアルバムには収録されなかった。A GIRL IN SUMMER フレッシュアイペディアより)

  • 会社物語 MEMORIES OF YOU

    会社物語 MEMORIES OF YOUから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    この映画でハナ肇はブルーリボン賞主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞を受賞し、日本アカデミー賞優秀主演男優賞のノミネートを受けた。また、ハナ肇とクレージーキャッツのメンバー7人が全員出演した最後の作品である。会社物語 MEMORIES OF YOU フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とキューバン・キャッツ

    ハナ肇とキューバン・キャッツから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とキューバン・キャッツ(ハナはじめとキューバンキャッツ)は、日本のコミックバンドである。ハナ・ハジメとキューバンキャッツとも表記されていた。当時誕生したばかりの渡辺プロダクションに所属。ハナ肇により結成され、ハナ肇とクレージーキャッツの前身となった。ハナ肇とキューバン・キャッツ フレッシュアイペディアより)

  • おとなの漫画

    おとなの漫画から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    レギュラーを務めていたハナ肇とクレージーキャッツは、毎日の新聞記事を基にしたコントを演じていた。また、すぎやまこういちが本名の椙山浩一名義でディレクターを務め、青島幸男が構成を担当していた。映像は、「幼稚園と親」(放送日不明)など一部の回がキネコによるフィルム録画の形で保存されている(生放送でかつ放送時間も短かったことなどから、大半の回は現存しない)。おとなの漫画 フレッシュアイペディアより)

  • 安田伸

    安田伸から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1957年秋、石橋エータローの紹介でハナ肇とクレージーキャッツに参加。ドラッグに溺れて脱退した石田正弘の後任としてテナーサックス(ときおりクラリネット)を担当した。真面目な性格で、メンバーの中で唯一『おとなの漫画』全1835回に出演した。また、『シャボン玉ホリデー』ではなべおさみと組んだコント、「キントト映画の助監督」役で知られ、監督役のなべに「ヤスダー!」と怒鳴られ続け、メガホンで頭を殴られ続けながらも理不尽な命令に黙々と従い、最後には立場が逆転する役柄を演じている。また、ブリッジをしながらサックスを吹き鳴らす演奏法も有名で、舞台や一部のクレージー映画などで披露している。真面目な性格ゆえに自らのタレント性のなさに悩み、関係者の一人から(青島幸男は「俺かもしれないな」と述べている)「安田伸はクレージーのお荷物だ」と陰口を叩かれて一度は本気で脱退を考えたが、友人から「お前は六大学野球における東大のような存在。負けてばかりのお荷物だが、いつか何かやるんじゃないかという期待があるから六大学の面白さがあるんだ」と言われて思いとどまったという。安田伸 フレッシュアイペディアより)

  • 安田伸

    安田伸から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    竜巻小僧(1960年11月1日) - クレージーキャッツのメンバー安田伸 フレッシュアイペディアより)

  • 日本アパッチ族

    日本アパッチ族から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    東宝において岡本喜八監督、クレージーキャッツ主演の映画化が企画されたが頓挫した。なお、『小松左京セレクション2 時間エージェント』 (ポプラ文庫) 後書きには、「1960年代の東宝では、反体制的な色合いの濃い映画になりかねませんでした。私はそれがいやでした。従って私のほうから映画化を断ったのです。」「平井和正さんにもっとシュールでハチャメチャで奇想天外な映画になるよう脚色を依頼しました。しかし平井さんも忙しく、結局、映画は実現しませんでした。」とある。また、この映画化企画については、小松の自伝的著書等では、まったく言及されていない。日本アパッチ族 フレッシュアイペディアより)

302件中 141 - 150件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード

  • ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)

  • DieselOn Fadelite Smartwatch

  • Diesel On Fadelite Smartwatch