252件中 21 - 30件表示
  • ハナ肇とクレイジー・キャッツ

    ハナ肇とクレイジー・キャッツから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレイジー・キャッツ フレッシュアイペディアより)

  • 悲しきわがこころ

    悲しきわがこころから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    8番まであり、谷啓、犬塚弘、石橋エータロー、ハナ肇、桜井センリ、植木等、安田伸、全員という順に歌っていく。また、1コーラスごとに「勉強になりました」とメンバーが言う。悲しきわがこころ フレッシュアイペディアより)

  • おとぼけしんぶん

    おとぼけしんぶんから見たクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    同時期に始まったクレイジーキャッツ出演のバラエティ番組。この番組も時事問題をコンセプトにしたバラエティ番組だった。おとぼけしんぶん フレッシュアイペディアより)

  • 無責任一代男

    無責任一代男から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    無責任一代男(むせきにんいちだいおとこ)は1962年7月20日に発売されたハナ肇とクレージーキャッツ3枚目のシングル。歌は植木等、作詞は青島幸男、作曲は萩原哲晶。無責任一代男 フレッシュアイペディアより)

  • この際カアちゃんと別れよう

    この際カアちゃんと別れようから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    この際カアちゃんと別れよう(このさいかぁちゃんとわかれよう)は1971年8月5日、東芝音楽工業(現在のEMIミュージック・ジャパン)から発売され、作詞は青島幸男と上野玲児、作曲・編曲は萩原哲晶による。ハナ肇とクレージーキャッツ23枚目のシングル。この際カアちゃんと別れよう フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ドレナン

    ヘンリー・ドレナンから見たクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    イギリス人の父と日本人の母を持ち、7歳から東京で暮らす。1960年代には、クレイジーキャッツの谷啓が歌った「ヘンチョコリンなヘンテコリンな娘」という歌でシンガーソングライターとしてデビュー。1966年には自作自演の「かわいそうな娘」がミリオンセラーに。その後、広告代理店、音楽雑誌で有名なビルボード出版社、アメリカン・エキスプレスなどでマーケティングの専門家としてビジネスの世界で活動。2001年からは、日本の英語教育の活動を開始、以後ヘンリーおじさんの名前で知られるようになる。ヘンリー・ドレナン フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見たクレージー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    映画会社やTV局ではなく芸能事務所が映画や番組を制作(映画会社・TV局と共同制作の形をとる場合も有)し、所属のスターに主演させ売り出し、出資額に応じた版権を握るケースもある。60年代より渡辺プロはクレージー・キャッツやザ・ドリフターズらの主演映画を多数制作してきた。70年代に映画会社が俳優を育てなくなると他社も追従し、ホリプロは山口百恵の主演作を多数制作していた。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 実年

    実年から見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    まさに当時その実年世代であったハナ肇とクレイジーキャッツの曲に、この言葉が作られたことを記念しているともおちょくっているとも取れる様な作品「実年行進曲」(作詞:青島幸男 作曲:大瀧詠一。1986年4月23日発売)がある。実年 フレッシュアイペディアより)

  • ハッスル

    ハッスルから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1963年春に日本プロ野球の阪神タイガースがアメリカキャンプから持ち帰り、日本で広まったとされている。1962年には映画『ハスラー』が日本公開され、こちらを語源とする考えもあった。1963年のクレージーキャッツの映画『クレージー作戦・くたばれ!無責任』の中でコメディアンの植木等は「ハッスル・ホイ」という歌を披露した。この時期のNHKは、ハッスルはアメリカの俗語では売春婦が客引きする意味があることを理由に放送禁止用語にしていた(現在でも日本のピンクサロンやキャバクラの場内アナウンスで用いられる場合がある) 。ハッスル フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー作戦

    クレイジー作戦から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『クレイジー作戦』(クレイジーさくせん)は、1962年10月3日から1963年3月27日まで日本テレビ系列の水曜19時30分 - 20時00分(JST)に放送されたコメディ番組である。全26回。ハナ肇とクレージーキャッツの冠番組。クレイジー作戦 フレッシュアイペディアより)

252件中 21 - 30件表示