252件中 31 - 40件表示
  • 山下勝利

    山下勝利から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツ物語 朝日新聞社, 1985山下勝利 フレッシュアイペディアより)

  • Still Crazy For You

    Still Crazy For Youから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『STILL CRAZY for YOU』(スティル・クレージー・フォー・ユー)は、クレージーキャッツ+Yuming(松任谷由実)名義で発売されたシングル。東芝EMIより2006年4月12日に発売された(TOCT-4982/NVD-1162)。Still Crazy For You フレッシュアイペディアより)

  • 田波靖男

    田波靖男から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1962年には植木等主演の『ニッポン無責任時代』にオリジナルシナリオを提供して以降、クレージーキャッツ主演作品の脚本も多数担当。この脚本は、もともとは「社長シリーズ」を担当していて何事も会社に忠実な社員像に不満に感じていて『無責任社員』というタイトルでプロットをまとめていたものだった。急遽、クレージーキャッツで映画を制作する事になったプロデューサーの安達英三郎から相談を受けた際に提案し、植木等を念頭にシナリオ化したものだった。この反体制の申し子のような主人公が活躍する作品を上司の常識派の藤本真澄が認めるはずがないことを見越していた安達は、作品が完成しても藤本には試写を見せないように社内試写のスケジュールを組んだという。案の定、公開された映画が大ヒットしていると聞いてから劇場で観た藤本は、自社作品のヒットは喜びながらも安達を呼び不愉快だと怒鳴りつけた。しかし、機を見るのが敏な大プロデューサーの藤本はさっそく渡辺プロと提携して植木等主演の「日本一の男」シリーズを製作することにする。しかしながら無責任シリーズ2本にあった毒は打ち消されたものとなった。田波はそんな藤本に面従腹背する形で後期のクレージー映画などではプロデューサーも兼任し、クレージー映画の挿入歌の作詞も手がけた。他にも『若い季節』や、ザ・タイガースの主演シリーズなど、東宝娯楽映画のエースとして活躍した。田波靖男 フレッシュアイペディアより)

  • 殿さまキングス

    殿さまキングスから見たクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    殿キンのスーダラ外伝?クレイジーキャッツを歌う(2007年。1970年ごろ録音された、ミュージック・テープ用音源のCD化。ブックレットには長田あつしインタビューを掲載)殿さまキングス フレッシュアイペディアより)

  • スターはまかせろ!

    スターはまかせろ!から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    番組は3か月で終了し、この枠での植木等主演番組は事実上終了した。そしてハナ肇とクレージーキャッツは同年4月3日からTBSでの活躍の場を土曜20:00へ移し、『8時だョ!出発進行』を開始した。スターはまかせろ! フレッシュアイペディアより)

  • 木曜スペシャル (フジテレビ)

    木曜スペシャル (フジテレビ)から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージーのタメゴロー大行進(3月19日)木曜スペシャル (フジテレビ) フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ水曜7時30分枠連続ドラマ

    日本テレビ水曜7時30分枠連続ドラマから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    初作品は1959年放送の『誘惑』。その後、同局放送の『シャボン玉ホリデー』で人気を上げたハナ肇とクレージーキャッツ主演の『クレイジー作戦』をヒットさせ、長期の中断後は、系列ネット局制作作品・海外作品・公開コメディを放送するも、再び長期の中断となる。日本テレビ水曜7時30分枠連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 藤山陽子

    藤山陽子から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    横浜市本牧間門に生まれ、戦時中は平塚市へ疎開、終戦後は間門へ戻り、元町小学校4年生の時に金沢八景へ引っ越す。1957年、六浦中学校を卒業、1959年、女学校である私立明倫高等学校(現・横浜清風高等学校)3年生の春、陽子を含め修学旅行に参加しない残留組は平常通り授業があり、そんなある日の通学途中「ぶしつけに失礼ですが、チヨッとお話ししたいことがあるのです」と声を掛けてきた作曲家の木下忠司に「テレビの音楽を担当しているんだけど、テレビに出たくはありませんか?」と誘われる、やがて木下は陽子の両親に主旨を告げ、間もなく実兄である映画監督の木下恵介を紹介、彼は陽子に「テレビもいいけど、映画に出てみないか?」と話す、この言葉で心を動かされた陽子に父は「木下恵介先生に一切をお任せして、お前に出来ることならやってみてはどうなんだい!!」と促す、さっそく夏休みを利用し「今日もまたかくてありなん」で映画初出演、明けて1960年1月の冬休みに同じく木下恵介作品「春の夢」に出演、卒業後に出演したNETの「新三等重役」がきっかけで東宝ニュータレントに応募、応募総数1万5千人の中で只1人全審査員の満票を以って合格、翌1961年4月に東宝俳優養成所を卒業、5月1日付で東宝へ入社、。こうして東宝ニュー・タレント1期生となった陽子は同年夏に加山雄三主演の『大学の若大将』で銀幕デビュー、東宝は司葉子に続く都会派で上品な美貌の正統派女優として「魅惑の新星」と名づけ大々的に売り出した。目鼻立ちがはっきりした高貴な風貌の美人で、清純な令嬢役やBG(現在のOL)役が多く『銀座の若大将』など若大将シリーズ、クレージーキャッツ映画、社長シリーズなど東宝の娯楽映画に数多く出演。映画では特に際立った代表作がなかったものの、テレビではマドンナの女教師、生徒の姉役として夏木陽介主演の『青春とはなんだ』、続編である竜雷太主演の『これが青春だ』日本テレビで放映された青春学園シリーズに出演したことで新境地を開拓しお茶の間の人気を得る。この『青春とはなんだ』の映画版である『これが青春だ!』、『でっかい太陽』、『燃えろ!太陽』の一連作にも夏木陽介と共に出演。1967年に結婚を機に引退。藤山陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 白木秀雄

    白木秀雄から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1961年、アート・ブレイキーが自ら率いるジャズ・メッセンジャーズとの初来日の際に、到着したばかりの羽田空港にて彼に自ら駆け寄ったばかりか、その後、ブレイキーとの初競演(ドラム合戦)も果たす。又同年6月から、日テレ(NTV)の「シャボン玉ホリデー」がスタートし、渡辺プロが共同制作するとあり、同番組にも頻繁に出演。この中では、ハナ肇とクレージーキャッツのリーダーであるハナ肇とのドラム合戦もやった。白木秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • フランキー堺とシティ・スリッカーズ

    フランキー堺とシティ・スリッカーズから見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    フランキー堺とシティ・スリッカーズ(フランキーさかいとシティ・スリッカーズ)は、フランキー堺が1954年に結成し、1957年に解散したジャズバンド/コミックバンド。冗談音楽の王様と呼ばれたスパイク・ジョーンズ&ザ・シティ・スリッカーズのコピーバンドとして始まり、その音楽性はハナ肇とクレイジーキャッツに引き継がれた。フランキー堺とシティ・スリッカーズ フレッシュアイペディアより)

252件中 31 - 40件表示