252件中 41 - 50件表示
  • センリばあさんのクレイジー大変記

    センリばあさんのクレイジー大変記から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    当時出演していた金鳥の「キンチョール」のCMで「ルーチョンキ」「あたしって駄目ねえ」という流行語を生み出したハナ肇とクレージーキャッツの桜井センリの初主演作。桜井が当たり役の老婆を演じ、桜井とハナ肇以外のクレージーメンバーは老婆の一家の住人役で助演していた。そして、ハナは近所の老人役で出演していた。収録は俳優座劇場で行われていた。センリばあさんのクレイジー大変記 フレッシュアイペディアより)

  • ドリフターズですよ!全員突撃

    ドリフターズですよ!全員突撃から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    脚本:田波靖男/特技監督:中野昭慶/監督:古澤憲吾/主演:ハナ肇とクレージーキャッツドリフターズですよ!全員突撃 フレッシュアイペディアより)

  • 世界一周!!ランニングクイズ

    世界一周!!ランニングクイズから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    第1回は「ゲスト大会」で、立川談志・菅原謙二・倍賞美津子・長沢純・應蘭芳に、当時竹腰の夫である安田伸(ハナ肇とクレージーキャッツ)が出場した。世界一周!!ランニングクイズ フレッシュアイペディアより)

  • おれの番だ!

    おれの番だ!から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    当時大活躍していたハナ肇とクレージーキャッツのハナ肇・植木等・谷啓と、当時クレージーと同じ渡辺プロダクションに所属していた藤田まことの4名の中から、1名が2ヶ月単位で放送するドラマに主演する番組。その他の3名は、時間が許す限り何らかの役で登場する。おれの番だ! フレッシュアイペディアより)

  • 日本一の男の中の男

    日本一の男の中の男から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージーからの助演は谷啓のみと少ないが、ヒロインはそれまでの浜美枝に代わって、日活の浅丘ルリ子が担当、その他の助演は常連・人見明を始め、後に『社長シリーズ』『若大将シリーズ(社会人編)』に出演する藤岡琢也、浅丘と同じ日活育ちの岡田眞澄、そして久美かおりらが所属する「メイツガールズ」などである。日本一の男の中の男 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・タイガース 世界はボクらを待っている

    ザ・タイガース 世界はボクらを待っているから見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    若大将シリーズの全作や、『ニッポン無責任時代』(1962年)をはじめとするクレージーキャッツ主演映画など、東宝の娯楽映画を多く手がけた田波靖男が脚本を担当、横溝正史シリーズなど市川崑監督とのコンビで知られ、後に映画『魔界転生』(1981年、沢田研二主演)を手がけた長谷川清が撮影を担当している。ザ・タイガース 世界はボクらを待っている フレッシュアイペディアより)

  • 裸の大将 (映画)

    裸の大将 (映画)から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    またこの作品で、ハナ肇とクレージーキャッツが映画初出演となっている。裸の大将 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • クレージーのぶちゃむくれ大発見

    クレージーのぶちゃむくれ大発見から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    クレージーのぶちゃむくれ大発見(くれーじーのぶちゃむくれだいはっけん)は、1969年に制作されたクレージーキャッツ主演作品。「作戦シリーズ」第12作。併映は加山雄三の「若大将シリーズ」の一本である「フレッシュマン若大将」(監督:福田純)だが、クレージー映画と若大将シリーズの2本立てはこれが最後。クレージーのぶちゃむくれ大発見 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン無責任野郎

    ニッポン無責任野郎から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ニッポン無責任野郎(にっぽんむせきにんやろう)は1962年12月23日に公開された日本映画。前作である「ニッポン無責任時代」のヒットをうけて作られた姉妹篇であり、物語の最後に「?時代」の主人公である「平均(たいらひとし)」が現れている。東宝クレージー映画第2作。 ニッポン無責任野郎 フレッシュアイペディアより)

  • 天下の学園

    天下の学園から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    谷村啓太:谷啓(ハナ肇とクレージーキャッツ天下の学園 フレッシュアイペディアより)

252件中 41 - 50件表示