302件中 71 - 80件表示
  • ホラ吹き太閤記

    ホラ吹き太閤記から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『ホラ吹き太閤記』(ほらふきたいこうき)は、1964年に制作、公開された日本映画。クレージーキャッツ主演作品で、「時代劇シリーズ」第1作。撮影の一部は姫路城で行われた。同時上映は“駅前シリーズ”の一作である『喜劇 駅前天神』(監督:佐伯幸三)。ホラ吹き太閤記 フレッシュアイペディアより)

  • だまって俺について来い

    だまって俺について来いから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    「だまって俺について来い」(だまっておれについてこい)は、ハナ肇とクレージーキャッツに在籍していた植木等が歌った、1964年の東宝映画『ホラ吹き太閤記』の主題歌である。その後もいくつかの映画で挿入歌に使われた。作詞は青島幸男、作曲は萩原哲晶で、彼らのコンビによるクレージー作品の代表的コミックソングの一つである。だまって俺について来い フレッシュアイペディアより)

  • フレッシュマン若大将

    フレッシュマン若大将から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    『フレッシュマン若大将』(フレッシュマンわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画。若大将シリーズの第13弾。若大将シリーズ社会人編の第1作。北海道でロケーションされた。1969年1月1日公開。東宝製作。同時上映作品は『クレージーのぶちゃむくれ大発見』(主演クレージーキャッツ)。フレッシュマン若大将 フレッシュアイペディアより)

  • 岩間 好一

    岩間 好一から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数のコメディアンが一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。岩間 好一 フレッシュアイペディアより)

  • シエリト・リンド

    シエリト・リンドから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    また、1968年公開の東宝映画『クレージーメキシコ大作戦』の劇中では、クレージーキャッツ、ザ・ピーナッツ、中尾ミエによって歌われている。シエリト・リンド フレッシュアイペディアより)

  • カバ園長の動物園日記

    カバ園長の動物園日記から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    上野動物園で飼育員を務め、東武動物公園の初代園長となった西山登志雄を描いた作品。西山の声はクレージーキャッツのハナ肇が演じた。カバ園長の動物園日記 フレッシュアイペディアより)

  • 日曜映画劇場

    日曜映画劇場から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1968年1月14日:初笑いクレージーだよ!(19:30 - 20:56)日曜映画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤利明

    佐藤利明から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎、吉永小百合等を始めとする往年の国民的スター俳優の映画DVDや、その楽曲のCDの企画・制作・監修・解説執筆も行なう。映画DVDでは、東宝のハナ肇とクレージーキャッツ出演映画におけるオーディオコメンタリーのスタッフ・キャストへのインタビュー・聞き手を単独で担当。『クレージー映画大全―無責任グラフィティ』(フィルムアート社、1997年刊行)で、共著の鈴木啓之、町田心乱らと共に、同オーディオコメンタリーを担当した。佐藤利明 フレッシュアイペディアより)

  • スパイク・ジョーンズ (音楽)

    スパイク・ジョーンズ (音楽)から見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1930年代にヴィクター・ヤング楽団の一員となり、アル・ジョルソンやジョージ・バーンズ、ビング・クロスビーのラジオ番組に出演。数本の映画に出演した後、シティスリッカーズを結成。1943年、ディズニーの反ナチプロパガンダアニメ『総統の顔』に提供した「Der Fuehrer's Face」がシングルとしてリリースされ、全米第2位を記録。1942年から1949年までに(このうち1年間は全米音楽家組合のストライキのために何も録音しなかったにもかかわらず)7曲のトップ10ヒットを送り出した。彼の音楽は、日本のフランキー堺とシティスリッカーズやハナ肇とクレイジーキャッツに大きな影響を与えた。スパイク・ジョーンズ (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • 第49回日本レコード大賞

    第49回日本レコード大賞から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    植木等(ジャズ・ミュージシャン、ギタリスト、歌手、ハナ肇とクレージーキャッツ・メンバー第49回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

302件中 71 - 80件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード