252件中 71 - 80件表示
  • ウンジャラゲ

    ウンジャラゲから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ウンジャラゲは1969年に発売されたコミックソング。歌はハナ肇とクレージーキャッツ、作曲は宮川泰。作詞は藤田敏雄となっているが、実際は宮川が植木等と話しながら決めていったとされる。ウンジャラゲ フレッシュアイペディアより)

  • 卒業 (ゲーム)

    卒業 (ゲーム)から見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1994年5月にPC-9801版が発売。同年中にPCエンジン・PC-FXへ移植され、後に3DO・セガサターン・プレイステーション・Windowsへも移植される。生徒たちの苗字はハナ肇・植木等を除いたハナ肇とクレイジーキャッツのメンバーから。卒業 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 東京ビートルズ

    東京ビートルズから見たクレイジー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    東京ビートルズの音源を所有する日本ビクター(現ビクターエンタテイメント)では、1980年代後期から1990年代始め頃、クレイジー・キャッツやトニー谷、橋幸夫などのリマスター盤CD再発を始めていたが、これらの企画に携わっていたのが大滝詠一であった。一連のビクター系音源リマスター再リリースの最後の切り札として東京ビートルズを考えていた大滝は1992年(平成4年)の夏、ニッポン放送のラジオ番組ラジオビバリー昼ズのゲストとして招かれ、同番組のホスト高田文夫から「私は銀座の松竹セントラルの一番前の席で東京ビートルズの生演奏を見た!もちろん本物のビートルズも武道館へ見に行った。両方のビートルズを見ている生き証人である!」と聞かされ仰天し、意気投合した大滝・高田による東京ビートルズ再発売に向けたさまざまなプロモーションが行われ、1993年(平成5年)、大滝本人によりプロデュースされ、「抱きしめたい」、「プリーズ・プリーズ・ミー」、「キャント・バイ・ミー・ラブ」、「ツイスト・アンド・シャウト」のシングル4曲を収めた『meet the東京ビートルズ』がビクターよりCDとして発売された。東京ビートルズ フレッシュアイペディアより)

  • 驚きももの木20世紀 放送リスト

    驚きももの木20世紀 放送リストから見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    94.03.11 奇跡の7人 クレージーキャッツ黄金伝説驚きももの木20世紀 放送リスト フレッシュアイペディアより)

  • FNNニュース・明日の天気

    FNNニュース・明日の天気から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1965年3月から1973年9月までの平日・土曜(1965年10月以前は日曜も)の20:56には、様々な芸能人が送るミニ社会風刺コント番組『待ッテマシタ!』が放送されていた(1972年4月1日からはハナ肇とクレージーキャッツがレギュラーとなり、『クレージーの待ッテマシタ!』と改題)。FNNニュース・明日の天気 フレッシュアイペディアより)

  • 島崎 俊郎

    島崎俊郎から見たクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    島崎 俊郎(しまざき としろう、本名同じ、1955年3月18日 - )はリポーター、タレント、お笑いタレント、俳優。高知県高知市生まれ、京都府京都市左京区育ち。血液型A型。身長175cm、体重85kg。京都府立洛北高等学校卒業。お笑いトリオ「ヒップアップ」の元リーダー。所属事務所はケイダッシュステージ(芸人部門で所属している者では一番の年長者である)。師匠はクレイジーキャッツのハナ肇。島崎俊郎 フレッシュアイペディアより)

  • スパイク・ジョーンズ (音楽)

    スパイク・ジョーンズ (音楽)から見たハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1930年代にヴィクター・ヤング楽団の一員となり、アル・ジョルソンやジョージ・バーンズ、ビング・クロスビーのラジオ番組に出演。数本の映画に出演した後、シティスリッカーズを結成。1943年、ディズニーの反ナチプロパガンダアニメ『総統の顔』に提供した「Der Fuehrer's Face」がシングルとしてリリースされ、全米第2位を記録。1942年から1949年までに(このうち1年間は全米音楽家組合のストライキのために何も録音しなかったにもかかわらず)7曲のトップ10ヒットを送り出した。彼の音楽は、日本のフランキー堺とシティスリッカーズやハナ肇とクレイジーキャッツに大きな影響を与えた。スパイク・ジョーンズ (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • 会社物語 MEMORIES OF YOU

    会社物語 MEMORIES OF YOUから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    この映画でハナ肇はブルーリボン賞主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞を受賞し、日本アカデミー賞優秀主演男優賞のノミネートを受けた。また、ハナ肇とクレージーキャッツのメンバー7人が全員出演した最後の作品である。会社物語 MEMORIES OF YOU フレッシュアイペディアより)

  • ナイアガラ音頭

    ナイアガラ音頭から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    大滝によれば、1967年夏、高校卒業後上京して一週間以内に布谷と出会ったという。「僕は岩手県内でも転々としていたのですが、何度目かの転校の時に知り合った人間がいて、彼がクレージーキャッツのソノシートを持っていたということで気が合って友達になった。それから二、三年して僕がギターを覚え始めたときに、彼が詞を書いて、僕がスリー・コードで曲を付けた。これが最初のオリジナル曲ですが、このときの作詞家が後に布谷さんのの作詞をした千葉信行で、僕よりも前に上京していた彼に誘われて、彼の先輩がいたとあるGSバンドの練習に遊びに行ったんです。そこへリード・ヴォーカルが来るからちょっと待ってろと言われて、布谷さんを紹介されたわけです」という。ナイアガラ音頭 フレッシュアイペディアより)

  • 待ッテマシタ!

    待ッテマシタ!から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    出演者は、殆どの期間においては特に限定されておらず、毎回様々な芸能人が社会風刺のコントを行っていた。また稀に、人形劇団プークによる人形劇でのコントもあった。1972年4月1日放送分からは、出演者がかつて『おとなの漫画』に出演していたハナ肇とクレージーキャッツのみに限定されるようになり、同時にタイトルも『クレージーの待ッテマシタ!』と改められた。8年7か月間と『おとなの漫画』を上回る放送期間を記録した。待ッテマシタ! フレッシュアイペディアより)

252件中 71 - 80件表示