252件中 81 - 90件表示
  • 幕末てなもんや大騒動

    幕末てなもんや大騒動から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    西郷吉之助/谷井啓之助(ニセの西郷):谷啓(ハナ肇とクレージーキャッツ幕末てなもんや大騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井センリ

    桜井センリから見たハナ肇とクレイジー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    1960年(昭和35年)に植木の紹介でジャズバンド「ハナ肇とクレイジー・キャッツ」に参加。結核のため療養中だった石橋エータローの穴を埋めるべく、約1年間、石橋の代役を務める。石橋復帰後は植木などから「脱退させるべき」との意見が出たが、「せっかく仲間になったんだから」とリーダーであるハナ肇が他のメンバーを説得し正式加入。石橋が脱退する1971年まで、クレイジー・キャッツは、ピアニストが2人という変則的な形をとり、「連弾」というスタイルを生かしたコントも行うようになる(その後も石橋はクレイジーに度々客演しており、連弾は定番となる)。演奏スタイルは石橋は大胆、桜井は繊細と言われる。桜井センリ フレッシュアイペディアより)

  • 桜井センリ

    桜井センリから見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    竜巻小僧(1960年) - クレージーキャッツのメンバー桜井センリ フレッシュアイペディアより)

  • 演芸ブーム

    演芸ブームから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    また、コミックバンドとしてはハナ肇とクレージーキャッツの後を受けて活動していたザ・ドリフターズがコントグループへと転換し不動の地位を得た。演芸ブーム フレッシュアイペディアより)

  • イザワオフィス

    イザワオフィスから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ワタナベエンターテインメントを中心とした渡辺プロダクショングループの一員。1979年1月11日に渡辺プロダクションの社員でザ・ドリフターズのマネージャーを務めていた井澤健を社長として設立された。ザ・ドリフターズの人気上昇に伴い、ハナ肇とクレージーキャッツと同じ事務所に所属していると競合して何かと都合が悪いとの渡辺プロダクションの判断による暖簾分けの意味合いが強い別組織化だったという(この頃には既にもう1つの渡辺プロダクションの看板であったザ・ピーナッツは既に引退)。全株式を井澤が保有しており、渡辺プロダクションとの資本関係はないが、渡辺プロダクション名誉会長の渡邊美佐が代表取締役に就任しており、井澤も持株会社となった渡辺プロダクションの社長を務めていたことから、渡辺プロのグループ企業である。イザワオフィス フレッシュアイペディアより)

  • NIAGARA MOON

    NIAGARA MOONから見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    2-3 : Ernie K.Doe, Jr.Parker, Alvin Tyler, Neil Sedaka, Barry Mann, Allen Tousaint, ハナ肇とクレージーキャッツNIAGARA MOON フレッシュアイペディアより)

  • あひるヶ丘77

    あひるヶ丘77から見たハナ肇とクレイジー・キャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレイジー・キャッツの主演による東宝クレイジー映画や、その他映画、ドラマなどにおいては脇役が多かった桜井センリが主演を務め、主題歌も歌っていた。クレイジーキャッツからは石橋エータロー、安田伸も出演している。あひるヶ丘77 フレッシュアイペディアより)

  • 8時だョ!出発進行

    8時だョ!出発進行から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    出演者は、ハナ肇とクレージーキャッツほか。8時だョ!出発進行 フレッシュアイペディアより)

  • 杉江敏男

    杉江敏男から見たクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    静岡県清水市出身。早稲田大学卒業後、1937年にP.C.L(東宝の前身)に入社。山本嘉次郎、豊田四郎、島津保次郎、成瀬巳喜男、黒澤明らの助監督を務め、1950年、『東京の門』で監督に昇進する。以降、『その人の名は云えない』『忘却の花びら』などのロマンスもの、『ジャンケン娘』『お姐ちゃんシリーズ』『若大将シリーズ』などの青春映画、『密輸船』などのアクション映画、『社長シリーズ』やクレージーキャッツ主演のコメディと、多方面に撮り分ける監督として東宝を支えた。公開ベースで見ても、1955年6本、1956年7本、1957年5本、1958年4本、1959年4本、1960年5本、1961年6本・・・と、邦画界の量産時代に、休む間もなく次から次へと会社から回ってくる企画を撮り続け、20年満たない期間に68本もの監督作品を残した。杉江敏男 フレッシュアイペディアより)

  • 仲根正広

    仲根正広から見たハナ肇とクレージーキャッツハナ肇とクレージーキャッツ

    仲根のプロ野球通算5万号ホームラン達成当日、当時ニッポン放送でナイター中継終了後に放送されていた「塚越孝のナイター花の応援団」では、5万号記念としてハナ肇とクレージーキャッツの「五万節」を流した(個人でホームランを5万本打った、という内容の歌詞が含まれている)。仲根正広 フレッシュアイペディアより)

252件中 81 - 90件表示