前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示
  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たハナ肇

    その後、1993年9月にリーダーのハナ肇、94年に石橋エータロー、96年に安田伸が死去した。それでも、メンバーの半分以上は存命で、2006年には新曲も発表しているが、翌2007年以降メンバーの他界が相次ぎ、現在存命のメンバーは旧メンバーを除くと犬塚弘ただ一人となっている。そのため、幾つかの文献で「既に解散したグループ」として扱われているが、「事実上の解散」が正しい。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た桜井センリ

    1960年 - 6月に石橋エータローが結核で倒れ一時休養。7月には代役として、植木等の紹介により桜井センリが加入。8月にハナ肇が『足にさわった女』(大映)で映画初主演。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た日本テレビ放送網

    1955年の結成後、ジャズ喫茶での音楽ギャグで人気を博し、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発した。映画でもクレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなり(東宝クレージー映画)、挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒットを記録する。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たザ・ドリフターズ

    所属事務所、渡辺プロダクションの後輩にはザ・ドリフターズやザ・ピーナッツ(クレージーを含めたこの3グループで「ナベプロ3大タレント」と言われることもある)がいる。ザ・ドリフターズが1964年に再結成した際に、メンバー全員の名付け親となったのはハナ肇である。また、ザ・ピーナッツとは映画や番組での共演が多数あった。なお、渡辺プロダクションは、1960年代に数多くの人気タレントを抱えていたことで、反発を買うケースも多かったようだが、事務所の黎明期から在籍し、才人ぞろいのクレージーキャッツとザ・ピーナッツが同プロダクションの看板タレントであったことが、その反感をやわらげる上で大きく役立った面もあったようである。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た石橋エータロー

    しかし、1965年を過ぎた頃から、植木・ハナ・谷・犬塚ら主要メンバーの個人活動が多くなっていく。1971年1月に石橋エータローが脱退後、4月 - 9月末に諸事情から『8時だョ!全員集合』のつなぎとして企画された『8時だョ!出発進行』(TBS)へのレギュラー出演を最後に、グループとしての活動機会は目に見えて激減した。1980年代以降は、コメディアンというよりは各メンバーとも俳優としての性格が濃くなり、グループとしては実質的な解散状態を迎えていた。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た安田伸

    その後、1993年9月にリーダーのハナ肇、94年に石橋エータロー、96年に安田伸が死去した。それでも、メンバーの半分以上は存命で、2006年には新曲も発表しているが、翌2007年以降メンバーの他界が相次ぎ、現在存命のメンバーは旧メンバーを除くと犬塚弘ただ一人となっている。そのため、幾つかの文献で「既に解散したグループ」として扱われているが、「事実上の解散」が正しい。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た東宝

    1955年の結成後、ジャズ喫茶での音楽ギャグで人気を博し、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発した。映画でもクレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなり(東宝クレージー映画)、挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒットを記録する。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たフジテレビジョン

    1955年の結成後、ジャズ喫茶での音楽ギャグで人気を博し、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発した。映画でもクレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなり(東宝クレージー映画)、挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒットを記録する。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た犬塚弘

    1955年4月1日 - クレージーキャッツの前身となる「キューバン・キャッツ」が結成される。結成当初のメンバーはハナ肇、犬塚弘、萩原哲晶、橋本光雄、柴田昌彦、南晴子、筑波礼子。同年1月に設立された渡辺プロダクションに所属する。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た植木等

    1957年 - 3月に植木等、9月に石橋エータローの紹介で安田伸が加入。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード

  • ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)

  • DieselOn Fadelite Smartwatch

  • Diesel On Fadelite Smartwatch