205件中 91 - 100件表示
  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た第20回NHK紅白歌合戦

    第20回NHK紅白歌合戦(1968年12月31日/NHK)- 白組応援団としてハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たクイズの王様 (フジテレビ)

    クイズの王様(1972年2月19日〜1974年2月9日/フジテレビ)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たベース (弦楽器)

    犬塚弘(1929年3月23日 - 、ベースハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たアメリカ

    クレージーキャッツライブ(1971年2月20日 - 2月27日)- アメリカ・スポットライトハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たスター千一夜

    全員集合!!久びさ笑いのクレージー(1979年4月20日/フジテレビ)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た無責任遊侠伝

    無責任遊侠伝(1964年7月11日、東宝)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た多気郡

    三重県多気郡宮川村大字栗谷(現:多気郡大台町)、浄土真宗・常念寺住職の三男として生まれる。本名同じ。東洋大学卒業。いくつかのバンドを経て、1957年3月に渡辺晋とハナ肇によってシティ・スリッカーズからクレージーキャッツに引き抜かれた。1962年に公開された映画『ニッポン無責任時代』以降は、「無責任男」が植木のキャッチフレーズとなり、以降数多くの映画に主演する。ボーカルとして数々のコミックソングがヒットし、テレビでも「お呼びでない?」など、後世に残るギャグで爆発的な人気を得る。1970年代以降は俳優としての活動の場が多くなったが、演技に対する評価は高く、多くの賞を獲得している。1990年には自身のヒット曲メドレー「スーダラ伝説」で人気が再燃し、23年ぶりに第41回NHK紅白歌合戦にも出場(この年の歌手別最高視聴率を獲得)した。翌年の1991年には、自身初となる全国ソロコンサートツアーも行っている。晩年は闘病しながら活動していたが、2007年肺気腫のため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たおれの番だ!

    おれの番だ!(1964年8月3日/TBS)- 植木等、ハナ肇、谷啓、藤田まこと主演ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たクレージーのぶちゃむくれ大発見

    クレージーのぶちゃむくれ大発見(1969年1月1日、東宝)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た金曜テレビの星!

    1991年8月9日 - 金曜テレビの星!『植木等スーダラ90分!アッと驚くクレージーキャッツ大集合!!』」(TBS)放送。クレージー全員が出演するものとしては最後の仕事になる。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

205件中 91 - 100件表示