205件中 31 - 40件表示
  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たボーカル

    植木等(1927年2月25日(実際は1926年12月25日) - 2007年3月27日、ボーカル、ギター)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たフランキー堺とシティ・スリッカーズ

    三重県多気郡宮川村大字栗谷(現:多気郡大台町)、浄土真宗・常念寺住職の三男として生まれる。本名同じ。東洋大学卒業。いくつかのバンドを経て、1957年3月に渡辺晋とハナ肇によってシティ・スリッカーズからクレージーキャッツに引き抜かれた。1962年に公開された映画『ニッポン無責任時代』以降は、「無責任男」が植木のキャッチフレーズとなり、以降数多くの映画に主演する。ボーカルとして数々のコミックソングがヒットし、テレビでも「お呼びでない?」など、後世に残るギャグで爆発的な人気を得る。1970年代以降は俳優としての活動の場が多くなったが、演技に対する評価は高く、多くの賞を獲得している。1990年には自身のヒット曲メドレー「スーダラ伝説」で人気が再燃し、23年ぶりに第41回NHK紅白歌合戦にも出場(この年の歌手別最高視聴率を獲得)した。翌年の1991年には、自身初となる全国ソロコンサートツアーも行っている。晩年は闘病しながら活動していたが、2007年肺気腫のため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た福田蘭童

    東京府東京市芝区新橋(現:東京都港区)の生まれ。本名、石橋英市(いしばし・えいいち)。父親は、作曲家で尺八奏者の福田蘭童。祖父は洋画家の青木繁。東洋音楽大学(現東京音楽大学)卒。安田伸らとバンド活動後、1956年に世良譲の紹介でクレージーに参加する。1960年に結核で一時離脱。代わりに、ピアノ奏者として桜井センリが加わる。その後、クレージーに復帰するも、1971年に引退。料理研究家に転身、渋谷で「三漁洞」という小料理屋を経営していた。かつて声楽を専攻していたこともあり、メンバーの中では植木と並ぶ美声である。1994年に胃ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た竹腰美代子

    東京府豊多摩郡(現:東京都中野区)生まれ。本名、安田秀峰(やすだ・ひでみ)。1953年東京芸術大学卒。同年「フォー・デパーズ」に参加以降、1954年には石橋エータローらと「ザ・ファイブ」を結成し、1955年には「ハッピー・フーリナンス」に参加。その後、1957年9月に石橋エータローの紹介でクレージーに参加する。ブリッジしながらサックスを吹く芸が有名であった。1966年に体操家の竹腰美代子と結婚。愛妻家で知られ、そこから「ミヨコー!」というギャグが生まれた。『シャボン玉ホリデー』後期のコント「キントト映画」では、なべおさみ扮する監督に、安田扮する助監督が「ヤスダーッ!」と怒鳴られ、なべにメガホンで頭を連打されるギャグも有名となった。俳優として映画や舞台などで活躍したが、晩年はガンとの闘病が続いた。1996年に急性心筋梗塞で死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た淡谷のり子

    東京府北豊島郡長崎町(現:東京都豊島区)生まれ。本名、野々山定夫(ののやま・さだお)。山手通り沿い要町交差点付近の実家(水道屋)で育った。工学院大学卒。芸名は、姓=興奮すると鼻の穴が大きく開くクセから、名=ハナが敬愛したジャズ・ピアニスト和田肇(俳優和田浩治の実父、歌手淡谷のり子の前夫)に由来する。最初はギタリストを志していたが、途中でドラマーに転向し、1946年に「内藤タンゴ・アンサンブル」、1947年に「伊沢一郎カルテット」、1948年に「南里文雄とホットペッパーズ」、1949年に「萩原哲晶とデューク・オクテット」、1952年に「アフロ・クパーノ・ジュニア」などのバンド遍歴を経る。そして、犬塚弘、萩原哲晶らと、クレージーキャッツの前身となる「キューバン・キャッツ」を1955年に結成。その後、1956年に「ハナ肇とクレージーキャッツ」にバンド名を改め、バンドマスターとなる。『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』でのヒッピー姿で叫ぶ「アッと驚く為五郎」と言うギャグや『新春かくし芸大会』での銅像役はよく知られている。俳優やナレーターとしての評価も高かったが、音楽への情熱は捨てがたく、1985年に谷啓や「キューバン・キャッツ」時代のメンバーであった稲垣次郎らなどと「ハナ肇とオーバー・ザ・レインボー」を結成し、ジャズクラブでの演奏活動も行っていた。1993年肝臓ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た山下勝利

    ハナ肇とクレージーキャッツ物語(著:山下勝利、朝日新聞社)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た渡辺晋

    1960年代に一世を風靡したコミックバンド。バンド結成時にその資金を出したのが渡辺晋であり、そのため、結成当初から渡辺プロダクションに所属した。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たSAKEROCK

    著名なファンに「実年行進曲」を作曲した大瀧詠一とメンバーの植木等とドラマで共演したこともある所ジョージがいる。声優の関智一、シンガーソングライターの星野源(SAKEROCK)も好きな音楽にクレージーキャッツを挙げている。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た山本正之

    山本正之?「ひとりクレージー」と題する、クレイジー風の楽曲を手がける。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た青木繁

    東京府東京市芝区新橋(現:東京都港区)の生まれ。本名、石橋英市(いしばし・えいいち)。父親は、作曲家で尺八奏者の福田蘭童。祖父は洋画家の青木繁。東洋音楽大学(現東京音楽大学)卒。安田伸らとバンド活動後、1956年に世良譲の紹介でクレージーに参加する。1960年に結核で一時離脱。代わりに、ピアノ奏者として桜井センリが加わる。その後、クレージーに復帰するも、1971年に引退。料理研究家に転身、渋谷で「三漁洞」という小料理屋を経営していた。かつて声楽を専攻していたこともあり、メンバーの中では植木と並ぶ美声である。1994年に胃ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

205件中 31 - 40件表示