205件中 41 - 50件表示
  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たザ・ピーナッツ

    所属事務所、渡辺プロダクションの後輩にはザ・ドリフターズやザ・ピーナッツ(クレージーを含めたこの3グループで「ナベプロ3大タレント」と言われることもある)がいる。ザ・ドリフターズが1964年に再結成した際に、メンバー全員の名付け親となったのはハナ肇である。また、ザ・ピーナッツとは映画や番組での共演が多数あった。なお、渡辺プロダクションは、1960年代に数多くの人気タレントを抱えていたことで、反発を買うケースも多かったようだが、事務所の黎明期から在籍し、才人ぞろいのクレージーキャッツとザ・ピーナッツが同プロダクションの看板タレントであったことが、その反感をやわらげる上で大きく役立った面もあったようである。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たダニー・ケイ

    東京府荏原郡東調布町(現:東京都大田区田園調布)生まれ。広島と横浜で育つ。本名、渡部泰雄(わたべ・やすお)。芸名の由来は、アメリカの名コメディアン、ダニー・ケイに敬意を表し、その名前をもじったもの。中央大学中退。大学在学中からトロンボーン奏者として名を馳せ、1952年に原信夫とシャープスアンドフラッツ、1953年にシティ・スリッカーズ、1956年2月からクレージーキャッツへ参加している。「ガチョン」(現在は「ガチョーン」)や「ビローン」、「あんた誰?」、「谷ダァー」といったギャグが流行を博したが、「譜面にギャグを書き込む」スタイルで数多くの音楽ギャグを作り、その才能を活かして『シャボン玉ホリデー』では自身が番組構成を行った回(1966年1月9日放送、「タニー・ケイだよピーナッツ」)もある。トロンボーン奏者としても、「スイングジャーナル」紙の人気投票では、1959年から1965年まで連続してトロンボーン部門のベスト5に入っていたほどの実力者である。ナレーターや俳優としても活躍し、映画『釣りバカ日誌』シリーズの佐々木課長役は当たり役である。クレイジーのメンバーとしてはメディアへの露出が多く、若年層にも知名度が高かった。また、「谷啓とスーパー・マーケット」というバンドを率いており、不定期ながらも音楽活動を行っていた。近年は『美の壺』(NHK教育テレビジョン)の主人などで飄々としたところを見せていたが、2010年9月11日、私邸の階段からの転落による脳挫傷のため急逝。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た結核

    東京府東京市芝区新橋(現:東京都港区)の生まれ。本名、石橋英市(いしばし・えいいち)。父親は、作曲家で尺八奏者の福田蘭童。祖父は洋画家の青木繁。東洋音楽大学(現東京音楽大学)卒。安田伸らとバンド活動後、1956年に世良譲の紹介でクレージーに参加する。1960年に結核で一時離脱。代わりに、ピアノ奏者として桜井センリが加わる。その後、クレージーに復帰するも、1971年に引退。料理研究家に転身、渋谷で「三漁洞」という小料理屋を経営していた。かつて声楽を専攻していたこともあり、メンバーの中では植木と並ぶ美声である。1994年に胃ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た作曲家

    東京府東京市芝区新橋(現:東京都港区)の生まれ。本名、石橋英市(いしばし・えいいち)。父親は、作曲家で尺八奏者の福田蘭童。祖父は洋画家の青木繁。東洋音楽大学(現東京音楽大学)卒。安田伸らとバンド活動後、1956年に世良譲の紹介でクレージーに参加する。1960年に結核で一時離脱。代わりに、ピアノ奏者として桜井センリが加わる。その後、クレージーに復帰するも、1971年に引退。料理研究家に転身、渋谷で「三漁洞」という小料理屋を経営していた。かつて声楽を専攻していたこともあり、メンバーの中では植木と並ぶ美声である。1994年に胃ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たロンドン

    1926年(公称は1930年)ロンドンの生まれ。本名、桜井千里(さくらい・せんり)。早稲田大学第一政治経済学部に学ぶ。植木等らとバンドのピアノ奏者として活躍。石橋エータローの結核療養による活動休止のため、クレージーに参加。石橋エータロー復帰後もメンバーとして活躍。金鳥の殺虫剤「キンチョール」のCMに出演した際、「ルーチョンキ」のギャグを披露。コントやCMで披露した「センリばあさん」役は当時一世を風靡した。2012年11月、自宅で倒れているのを発見されたが、既に死亡していた。『孤独死』とされる。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たNHK教育テレビジョン

    東京府荏原郡東調布町(現:東京都大田区田園調布)生まれ。広島と横浜で育つ。本名、渡部泰雄(わたべ・やすお)。芸名の由来は、アメリカの名コメディアン、ダニー・ケイに敬意を表し、その名前をもじったもの。中央大学中退。大学在学中からトロンボーン奏者として名を馳せ、1952年に原信夫とシャープスアンドフラッツ、1953年にシティ・スリッカーズ、1956年2月からクレージーキャッツへ参加している。「ガチョン」(現在は「ガチョーン」)や「ビローン」、「あんた誰?」、「谷ダァー」といったギャグが流行を博したが、「譜面にギャグを書き込む」スタイルで数多くの音楽ギャグを作り、その才能を活かして『シャボン玉ホリデー』では自身が番組構成を行った回(1966年1月9日放送、「タニー・ケイだよピーナッツ」)もある。トロンボーン奏者としても、「スイングジャーナル」紙の人気投票では、1959年から1965年まで連続してトロンボーン部門のベスト5に入っていたほどの実力者である。ナレーターや俳優としても活躍し、映画『釣りバカ日誌』シリーズの佐々木課長役は当たり役である。クレイジーのメンバーとしてはメディアへの露出が多く、若年層にも知名度が高かった。また、「谷啓とスーパー・マーケット」というバンドを率いており、不定期ながらも音楽活動を行っていた。近年は『美の壺』(NHK教育テレビジョン)の主人などで飄々としたところを見せていたが、2010年9月11日、私邸の階段からの転落による脳挫傷のため急逝。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たジャズ

    ハナ肇とクレージーキャッツ(ハナはじめとクレージーキャッツ)は、日本のジャズ・バンド、お笑いタレント、歌手グループ。クレイジーキャッツと表記される場合もある。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たタレント

    所属事務所、渡辺プロダクションの後輩にはザ・ドリフターズやザ・ピーナッツ(クレージーを含めたこの3グループで「ナベプロ3大タレント」と言われることもある)がいる。ザ・ドリフターズが1964年に再結成した際に、メンバー全員の名付け親となったのはハナ肇である。また、ザ・ピーナッツとは映画や番組での共演が多数あった。なお、渡辺プロダクションは、1960年代に数多くの人気タレントを抱えていたことで、反発を買うケースも多かったようだが、事務所の黎明期から在籍し、才人ぞろいのクレージーキャッツとザ・ピーナッツが同プロダクションの看板タレントであったことが、その反感をやわらげる上で大きく役立った面もあったようである。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た横浜市

    東京府荏原郡東調布町(現:東京都大田区田園調布)生まれ。広島と横浜で育つ。本名、渡部泰雄(わたべ・やすお)。芸名の由来は、アメリカの名コメディアン、ダニー・ケイに敬意を表し、その名前をもじったもの。中央大学中退。大学在学中からトロンボーン奏者として名を馳せ、1952年に原信夫とシャープスアンドフラッツ、1953年にシティ・スリッカーズ、1956年2月からクレージーキャッツへ参加している。「ガチョン」(現在は「ガチョーン」)や「ビローン」、「あんた誰?」、「谷ダァー」といったギャグが流行を博したが、「譜面にギャグを書き込む」スタイルで数多くの音楽ギャグを作り、その才能を活かして『シャボン玉ホリデー』では自身が番組構成を行った回(1966年1月9日放送、「タニー・ケイだよピーナッツ」)もある。トロンボーン奏者としても、「スイングジャーナル」紙の人気投票では、1959年から1965年まで連続してトロンボーン部門のベスト5に入っていたほどの実力者である。ナレーターや俳優としても活躍し、映画『釣りバカ日誌』シリーズの佐々木課長役は当たり役である。クレイジーのメンバーとしてはメディアへの露出が多く、若年層にも知名度が高かった。また、「谷啓とスーパー・マーケット」というバンドを率いており、不定期ながらも音楽活動を行っていた。近年は『美の壺』(NHK教育テレビジョン)の主人などで飄々としたところを見せていたが、2010年9月11日、私邸の階段からの転落による脳挫傷のため急逝。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た東京芸術大学

    東京府豊多摩郡(現:東京都中野区)生まれ。本名、安田秀峰(やすだ・ひでみ)。1953年東京芸術大学卒。同年「フォー・デパーズ」に参加以降、1954年には石橋エータローらと「ザ・ファイブ」を結成し、1955年には「ハッピー・フーリナンス」に参加。その後、1957年9月に石橋エータローの紹介でクレージーに参加する。ブリッジしながらサックスを吹く芸が有名であった。1966年に体操家の竹腰美代子と結婚。愛妻家で知られ、そこから「ミヨコー!」というギャグが生まれた。『シャボン玉ホリデー』後期のコント「キントト映画」では、なべおさみ扮する監督に、安田扮する助監督が「ヤスダーッ!」と怒鳴られ、なべにメガホンで頭を連打されるギャグも有名となった。俳優として映画や舞台などで活躍したが、晩年はガンとの闘病が続いた。1996年に急性心筋梗塞で死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

205件中 41 - 50件表示