220件中 71 - 80件表示
  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た大映

    1960年 - 6月に石橋エータローが結核で倒れ一時休養。7月には代役として、植木等の紹介により桜井センリが加入。8月にハナ肇が『足にさわった女』(大映)で映画初主演。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た主婦と生活社

    あっと驚くリーダー論(著:ハナ肇、主婦と生活社ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たクレージーキャッツの重大ニュース

    クレージーキャッツ1965年重大ニュース(1965年12月25日/日本テレビ)ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たギャグ

    東京府北豊島郡長崎町(現:東京都豊島区)生まれ。本名、野々山定夫(ののやま さだお)。山手通り沿い要町交差点付近の実家(水道屋)で育った。工学院大学土木科中退。芸名は、姓=興奮すると鼻の穴が大きく開くクセから、名=ハナが敬愛したジャズ・ピアニスト和田肇(俳優和田浩治の実父、歌手淡谷のり子の前夫)に由来する。最初はギタリストを志していたが、途中でドラマーに転向し、1946年に「内藤タンゴ・アンサンブル」、1947年に「伊沢一郎カルテット」、1948年に「南里文雄とホットペッパーズ」、1949年に「萩原哲晶とデューク・オクテット」、1952年に「アフロ・クパーノ・ジュニア」などのバンド遍歴を経る。そして、犬塚弘、萩原哲晶らと、クレージーキャッツの前身となる「キューバン・キャッツ」を1955年に結成。その後、1956年に「ハナ肇とクレージーキャッツ」にバンド名を改め、バンドマスターとなる。『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』でのヒッピー姿で叫ぶ「アッと驚く為五郎」と言うギャグや『新春かくし芸大会』での銅像役はよく知られている。山田洋二の『なつかしい風来坊』、市川準の『会社物語 MEMORIES OF YOU』の2作品でブルーリボン主演男優賞などの賞を獲得している。俳優やナレーターとしての評価も高かったが、音楽への情熱は捨てがたく、1985年に谷啓や「キューバン・キャッツ」時代のメンバーであった稲垣次郎らなどと「ハナ肇とオーバー・ザ・レインボー」を結成し、ジャズクラブでの演奏活動も行っていた。1993年、肝臓ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たシャボン玉ホリデー

    1955年の結成後、ジャズ喫茶での音楽ギャグで人気を博し、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発した。映画でもクレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなり(東宝クレージー映画)、挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒットを記録する。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見たスーダラ節

    1955年の結成後、ジャズ喫茶での音楽ギャグで人気を博し、『おとなの漫画』(フジテレビ)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ)などのテレビ出演をきっかけに人気が爆発した。映画でもクレージーの出演作は東宝のドル箱シリーズとなり(東宝クレージー映画)、挿入歌として発表されたシングル『スーダラ節』『ハイそれまでョ』『ドント節』なども軒並み大ヒットを記録する。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た東京宝塚劇場

    クレージー太閤記(1965年7月1日 - 7月4日)- 東京宝塚劇場ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た日本一のショック男

    1971年12月31日 - 東宝クレージー映画としては最終作となる『日本一のショック男』が公開。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た足にさわった女

    1960年 - 6月に石橋エータローが結核で倒れ一時休養。7月には代役として、植木等の紹介により桜井センリが加入。8月にハナ肇が『足にさわった女』(大映)で映画初主演。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • ハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツから見た東京府

    東京府北豊島郡長崎町(現:東京都豊島区)生まれ。本名、野々山定夫(ののやま さだお)。山手通り沿い要町交差点付近の実家(水道屋)で育った。工学院大学土木科中退。芸名は、姓=興奮すると鼻の穴が大きく開くクセから、名=ハナが敬愛したジャズ・ピアニスト和田肇(俳優和田浩治の実父、歌手淡谷のり子の前夫)に由来する。最初はギタリストを志していたが、途中でドラマーに転向し、1946年に「内藤タンゴ・アンサンブル」、1947年に「伊沢一郎カルテット」、1948年に「南里文雄とホットペッパーズ」、1949年に「萩原哲晶とデューク・オクテット」、1952年に「アフロ・クパーノ・ジュニア」などのバンド遍歴を経る。そして、犬塚弘、萩原哲晶らと、クレージーキャッツの前身となる「キューバン・キャッツ」を1955年に結成。その後、1956年に「ハナ肇とクレージーキャッツ」にバンド名を改め、バンドマスターとなる。『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』でのヒッピー姿で叫ぶ「アッと驚く為五郎」と言うギャグや『新春かくし芸大会』での銅像役はよく知られている。山田洋二の『なつかしい風来坊』、市川準の『会社物語 MEMORIES OF YOU』の2作品でブルーリボン主演男優賞などの賞を獲得している。俳優やナレーターとしての評価も高かったが、音楽への情熱は捨てがたく、1985年に谷啓や「キューバン・キャッツ」時代のメンバーであった稲垣次郎らなどと「ハナ肇とオーバー・ザ・レインボー」を結成し、ジャズクラブでの演奏活動も行っていた。1993年、肝臓ガンのため死去。ハナ肇とクレージーキャッツ フレッシュアイペディアより)

220件中 71 - 80件表示

「クレージーキャッツ」のニューストピックワード

  • ミツバチ シミュレーター(原題:Bee Simulator)

  • DieselOn Fadelite Smartwatch

  • Diesel On Fadelite Smartwatch