前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1511件中 1 - 10件表示
  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見たクーデタークーデター

    晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年11月25日、前年の憂国烈士・江藤小三郎の自決に触発され、 楯の会隊員4名と共に、自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本省)を訪れて東部方面総監を監禁。その際に幕僚数名を負傷させ、部屋の前のバルコニーで演説しクーデターを促し、その約5分後に割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生れるなど、国内の政治運動に大きな影響を及ぼした。(詳細は三島事件を参照)三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 三島事件

    三島事件から見たクーデタークーデター

    三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、日本の作家、三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした事件である。三島と同じ団体「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たてのかいじけん)とも呼ばれる。三島事件 フレッシュアイペディアより)

  • 林彪事件

    林彪事件から見たクーデタークーデター

    林彪事件(りんぴょうじけん)は、1971年9月13日に発生した、中華人民共和国の林彪中国共産党副主席による、毛沢東主席暗殺未遂事件及びクーデター未遂、その後の亡命未遂事件。「9・13事件」とも呼ばれる。林彪事件 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギオス・パパドプロス

    ゲオルギオス・パパドプロスから見たクーデタークーデター

    ゲオルギオス・パパドプロス、イェオルヨス・パパドプロス(ギリシャ語 '', 1919年5月5日 - 1999年6月27日)はギリシャの軍人、政治家。1967年4月21日のクーデターを率い、1974年まで続いたギリシャ軍事政権の指導者であった。1974年のイタリア映画「ペイネ 愛の世界旅行」で痛烈に皮肉られている。ゲオルギオス・パパドプロス フレッシュアイペディアより)

  • ビュレント・エジェヴィト

    ビュレント・エジェヴィトから見たクーデタークーデター

    1961年、前年のクーデターにより民主党政権が倒れ、共和人民党が政権に復帰すると、イスメト・イノニュ内閣で労働相に就任した。1965年の総選挙では、ゾングルダク選挙区に転じて当選するが、この選挙で与党・共和人民党は民主党の流れを汲むスレイマン・デミレルの公正党に敗れ、下野した。こうした中道右派政党の台頭に対して、エジェヴィトは共和人民党の新路線として「中道左派 ()」を提唱、1966年には党書記長に就任し、共和人民党の左旋回を実現した。ビュレント・エジェヴィト フレッシュアイペディアより)

  • 三無事件

    三無事件から見たクーデタークーデター

    三無事件(さんむじけん・さんゆうじけん)は、日本で発生したクーデター未遂事件である。三無事件 フレッシュアイペディアより)

  • バトルフィールド バッド カンパニー

    バトルフィールド バッド カンパニーから見たクーデタークーデター

    東欧の国家セルダリスタンの元大統領。スウィートウォーター曰く「人民の父・独裁者・万能のウジ虫」の3点セット。アメリカ軍と東欧軍の軍事衝突に対して中立的な立場を持っていたがレジョネア率いる傭兵部隊が引き起こしたクーデターで失脚、宮殿に幽閉される。その後自身の身柄を拘束しに来たマーロウ達に結果的に救出されることになり、共に自前の黄金のハインドで脱出、亡命を図る。アメリカ人のことを「帝国主義のブタ」と言い嫌っている。バトルフィールド バッド カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 紺碧の艦隊

    紺碧の艦隊から見たクーデタークーデター

    もとの「前世」とは微妙に異なる「後世」にて、前世と同じ悲劇を繰り返さないため、高野は前世の日本より転生したものたちを集め、紺碧会を結成する。同じく、前世より転生した大日本帝国陸軍中将・大高弥三郎率いる青風会とともにクーデターを起こすものの、戦争への流れは変わらず"照和"16年12月8日午前零時、運命の開戦を迎えてしまう。高野らが前世の記憶を元に開発した「紺碧艦隊」は日本を、世界を救えるのか。紺碧の艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • バアス党

    バアス党から見たクーデタークーデター

    バアス党は、ハンナ・バタートゥによればソ連型社会主義(スターリン主義)の影響は濃いものの、初代首相のカーシムが1958年から1959年の間政権を握りイラク共産党寄りになると、イラクのバアス党がクーデターをおこしたと言われる(ただし、カシーム政権は共産党と距離を置き始めた時期にあり、アル=バクル政権下はさらにソ連寄りの傾向を強めて、入閣もさせている)。一方、シリアのバアス党は共産党と連立するなど容共であった。バアス党 フレッシュアイペディアより)

  • 日清戦争

    日清戦争から見たクーデタークーデター

    日本が政変でゆれていた1873年(明治6年)11月(同治12年9月)、朝鮮では、閔妃一派による宮中クーデターが成功し、鎖国攘夷に固執していた摂政の大院君(国王高宗の実父)が失脚した。この機に乗じて日本は、1875年(明治8年)2月(同治14年1月)に森山茂を朝鮮に派遣したものの、今度は服装(森山:西洋式大礼服を着用、朝鮮:江戸時代の和装を求める)など外交儀礼をめぐる意見対立により、書契交換の前に交渉が再び中断した。日清戦争 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1511件中 1 - 10件表示

「クーデター」のニューストピックワード

  • カマル・ジャビド・バジュワ

  • 中東で何が起きているか、エジプトで何が起きているか、深い理解を示してきたのが実はトランプ氏だ

  • エルドアン大統領