前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1830件中 1 - 10件表示
  • ゲオルギオス・パパドプロス

    ゲオルギオス・パパドプロスから見たクーデタークーデター

    ゲオルギオス・パパドプロス、イェオルヨス・パパドプロス(ギリシャ語 '', 1919年5月5日 - 1999年6月27日)は、ギリシャの軍人、政治家。1967年4月21日のクーデターを率い、1974年まで続いたギリシャ軍事政権の指導者であった。1967年のアルジェリア/フランス合作映画「Z」と1974年のイタリア映画「ペイネ 愛の世界旅行」で痛烈に皮肉られている。ゲオルギオス・パパドプロス フレッシュアイペディアより)

  • 三島事件

    三島事件から見たクーデタークーデター

    三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、日本の作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした事件である。三島と同じ団体「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たてのかいじけん)とも呼ばれる。三島事件 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たクーデタークーデター

    独立後、旧ボリバル派は排除され、商業資本家が支持する保守党による支配が続いたが、1840年に大土地所有者を支持基盤とする自由党が結成された。保守党が中央集権を唱え、自由党が連邦制を叫び、両者は対立し、ついに1858年、が勃発し、(内戦:1859年 - 1863年)に発展した。内戦は1863年に連邦主義者の勝利のうちに終結。自由党が政権を担うことになった。しかし、自由党は失政を重ね、1870年に保守系のが政権を握った。ブランコは18年間を独裁者として統治し、この時期に鉄道の建設、コーヒーモノカルチャー経済の形成、国家の世俗化などが進んだが、1888年のパリ外遊中にクーデターにより失脚した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • タイ王国

    タイ王国から見たクーデタークーデター

    ラーマ7世(弟のプラーチャーティポック)が即位したあと、1932年にはプリーディー・パノムヨンやプレーク・ピブーンソンクラームら官吏によって結成された人民党によるクーデターが勃発し、絶対君主制から立憲君主制へと移行した(民主革命、立憲革命と呼ばれる)。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • DEATHTOPIA

    DEATHTOPIAから見たクーデタークーデター

    UDに痛めつけられる結衣たち3人の姿に覚悟を決め、自分の首を銃撃して黒い眼と化したコウに素手で破壊された培養槽からは蒔絵の肉塊が溢れ出るが、彼に触れられても蒔絵は元に戻らず、暴走する。UDは慟哭した隙を全裸の蒔絵に擬態した陽子に突かれ、殺害される。3日後、結衣や早希と共に入院中のコウのもとへ見舞いの舞夜に続いて現れた瑞樹は、「先生」たちによる4日後のクーデターを明かし、それを阻止するための協力を要請すると、助っ人に呼んでおいたひなたと九重を招き入れる。九重は、18年前にUDが科警研で「先生」こと義弟・真賀田秋人を検査した際に「チーター」化したうえ、それが彼の持つ未知のウイルスによるものであることを語る。超再生能力を持つ秋人を殺害するには斬首しかないと考えた九重は、クーデターの決行前日にコウと結衣を新郎新婦に扮させ、トオルからの情報をもとに秋人の拠点である教会へ6係総出で乗り込む。挙式の際、結衣が隙を突いて秋人を斬首したことをきっかけに教会の内外は戦場となるが、首だけになってもまだ生きていた彼は、乱戦を経てコウたちに倒された陽子たちの尽力で復活すると、結衣を刺殺する。悲しみで白髪と化して激昂したコウは、秋人の心臓を手刀打ちでえぐり出す。秋人は結衣の刀でコウの右手首を切断して難を逃れ、ひなたを人質に取ろうとするが、そこで彼女が黒い眼と化すと同時に秋人の能力は無効化される。教会内に広がっていく炎の中、ひなたこそが無効化の要であり、コウがそのブースターだったことを悟った秋人は、コウの怒りの拳で炎の中へ叩き込まれて焼き尽くされる。ひなたを抱えて脱出したコウは、早希たちにひなたを託して結衣を救出に戻るが、かろうじて息のあった彼女をかばって十字架の下敷きとなる。1か月後、入院先で昏睡から目覚めて蒔絵の愛情に救われたことを実感したコウは、先んじて6係へ復帰した結衣たち3人やひなたに続いて復帰し、やがて共に出動するのだった。DEATHTOPIA フレッシュアイペディアより)

  • ビュレント・エジェヴィト

    ビュレント・エジェヴィトから見たクーデタークーデター

    1961年、前年のクーデターにより民主党政権が倒れ、共和人民党が政権に復帰すると、イスメト・イノニュ内閣で労働相に就任した。1965年の総選挙では、ゾングルダク選挙区に転じて当選するが、この選挙で与党・共和人民党は民主党の流れを汲むスレイマン・デミレルの公正党に敗れ、下野した。こうした中道右派政党の台頭に対して、エジェヴィトは共和人民党の新路線として「中道左派 ()」を提唱、1966年には党書記長に就任し、共和人民党の左旋回を実現した。ビュレント・エジェヴィト フレッシュアイペディアより)

  • アブドルカリーム・カーシム

    アブドルカリーム・カーシムから見たクーデタークーデター

    アブドルカリーム・カーシム(??? ?????? ????; ‘Abd al-Karīm al-Qāsim、1914年11月21日 - 1963年2月9日 アブドゥルカリーム・カースィムとも)は、イラクの軍人・政治家で、イラク共和国初代首相。1958年のクーデター(7月14日革命)でイラク王国を打倒し、イラク共和国を樹立したが、王政時代の独裁体制を継承し強化、さらにイラク石油会社利権区域の90%の国有化措置や石油輸出国機構の創設の呼びかけ、クウェートに対する領有権主張、フーゼスターン州の分離独立運動支援という「イラク第一政策」(ワタニーヤ)により、1963年に汎アラブ主義者(カウミーヤ)のラマダーン革命で失脚し処刑された。アブドルカリーム・カーシム フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム同胞団

    ムスリム同胞団から見たクーデタークーデター

    バンナーの死後、同胞団内部では後継者や半軍事組織「秘密機関」を巡り対立が続いた。1952年のクーデターの際、ガマール・アブドゥル=ナーセル、ムハンマド・ナギーブ、アンワル・アッ=サーダートらが所属する自由将校団に協力し、王政廃止が実現された。約2300年ぶりにエジプト人(エジプト民族)が統治する国家としてのエジプト共和国が成立したのである。初代エジプト大統領にはナギーブが就任した。このエジプト革命では、同胞団が「下から」革命を用意し、自由将校団が「上から」奪取したとされる。革命初期に激しい権力闘争が行われるが、同胞団の第2代最高指導者ハサン・フダイビーら執行部には指導力が欠如しており、内部分裂を収束できなかった。自由将校団は政党の統制を目的として、政党再編法を公布した。同胞団は政党でないと表明した後で政党登録し、さらにその後で政党登録を取り消して宗教団体として認可された。そのため1953年の全政党解散に巻き込まれずに済んだが、方針がぶれた背景には内部対立があったとされる。ムスリム同胞団 フレッシュアイペディアより)

  • マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス

    マーセナリーズ2 ワールド イン フレームスから見たクーデタークーデター

    2010年8月、内戦が激化するベネズエラ。石油ビジネスマンのラモン・ソラーノは、監禁されているベネズエラ軍のカルモナ将軍の救出を主人公に依頼した。主人公によってカルモナは無事救出されたが、後のクーデターの障害と判断したソラーノは、報酬を払わず主人公の抹殺を試みる。主人公は、負傷しながら辛くも脱出した。ほどなくして、ソラーノはカルモナと共に軍事クーデターを起こし、ベネズエラの暫定政府大統領に就任する。石油国有化などの急進的な政策を行ったが、その行動が国際社会からの介入を招く。裏切られた主人公はソラーノに応酬するため彼の元へ乗り込むことにした。マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

    コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアから見たクーデタークーデター

    天然資源の取り引きで勢力を延ばした中東某国第二の実力者。反欧米主義者。軍事クーデターを起こして親米派のアル=フラニ大統領を公開処刑し、国の実権を握る。自国の首都まで攻めて来たアメリカ海兵隊を核爆弾で味方ごと壊滅させ、自身はアゼルバイジャンへ逃亡するが、SASに隠れ家を襲撃され拘束される。核爆弾の情報を尋問された後、プライスに射殺される。外見のモデルはスーダンのオマル・アル=バシール大統領。名前のモデルはシリアのバッシャール・アル=アサド大統領。コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1830件中 1 - 10件表示

「クーデター」のニューストピックワード