1511件中 11 - 20件表示
  • タイ王国

    タイ王国から見たクーデタークーデター

    ラーマ7世(弟のプラーチャーティポック)が即位したあと、1932年にはプリーディー・パノムヨンやプレーク・ピブーンソンクラームら官吏によって結成された人民党によるクーデターが勃発し、絶対君主制から立憲君主制へと移行した(民主革命、立憲革命と呼ばれる)。タイ王国 フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ

    ハイチから見たクーデタークーデター

    1934年には世界恐慌の影響や、ニカラグアでのサンディーノ軍への苦戦などもあって、ルーズベルト合衆国大統領の善隣外交政策により、ハイチからも海兵隊が撤退することになった。アメリカ占領以降、数人のムラートの大統領が共和制のもとで交代したが、経済苦境は続き1946年にはクーデターが起こりデュマルセ・エスティメが久々の黒人大統領となった。ハイチ フレッシュアイペディアより)

  • 静かなるドン

    静かなるドンから見たクーデタークーデター

    最初は静也の資質とカタギの仕事に疑問を抱き、生倉のクーデターに協力、静也を退陣に追い込む。しかし生倉の正体を知り失望し、また静也のただ知れぬ能力と人柄を知り、以後は静也に忠誠を誓い心強い味方となる。ただし静也が極道に専念しないことをよく思わないのは相変わらずで、未だに絶対服従するのは鳴戸のみである。静かなるドン フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たクーデタークーデター

    しかし、1980年代を通して豊富な原油や天然資源により莫大な貿易利益がありながら貧富の格差、累積債務が増大し、プント・フィホ体制の腐敗が明らかになっていった。1989年には低所得者層によりカラカス暴動(カラカソ)が発生した。この暴動で非武装の群集に対して軍が発砲し、多くの犠牲者を出すなど世情不安が続いた。1992年には空挺部隊のウーゴ・チャベス中佐が政治改革を求めてクーデター未遂事件を起こした。翌1993年には不正蓄財によりペレス大統領が辞任し、再びコペイからカルデラが大統領に就任した。しかし、ポプリスモ政策を取ろうとしたカルデラの貧困層、中間層への対策は失敗に終わった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • キプロス

    キプロスから見たクーデタークーデター

    第二次世界大戦後、ギリシャ併合派、トルコ併合派による反イギリス運動が高まったため、1960年にイギリスから独立。翌1961年、イギリス連邦加盟。しかし1974年にギリシャ併合強硬派によるクーデターをきっかけにトルコ軍が軍事介入して北キプロスを占領し、さらにトルコ占領地域にトルコ系住民の大半、非占領地域にギリシャ系住民の大半が流入して民族的にも南北に分断された。キプロス フレッシュアイペディアより)

  • 楯の会

    楯の会から見たクーデタークーデター

    1969年(昭和44年)5月23日 - 26日、楯の会特別訓練を行う。三島由紀夫はこの頃から、楯の会の7,8名に居合を習わせ始め、9名(持丸博、森田必勝、倉持清、福田俊作、福田俊夫、勝又武校、原昭弘、小川正洋、小賀正義)に日本刀を渡す。同年6月下旬、山本舜勝と5名の自衛官と、三島らが山の上ホテルで会食。皇居死守の具体的なクーデター計画などについて話し合う。三島は山本に、「すでに決死隊を作っている」と決断を迫るが、山本は、「まず白兵戦の訓練をして、その日に備えるべきだ。それも自ら突入するのではなく、暴徒乱入を阻止するために」と反対する。自衛官らは三島に賛同していたが、山本の賛同が得られずに終わる。同年7月26日 - 8月23日、楯の会会員を引率した第4回の体験入隊が陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で行われた。楯の会 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ランサナ・ベアボギ

    ルイス・ランサナ・ベアボギから見たクーデタークーデター

    ギニアがフランスから独立を果たした1958年、セク・トゥーレ大統領の下で経済開発相に任命され、1961年には外相に就任した。また1966年にはクーデターによって失脚しガーナから亡命してきたクワメ・エンクルマ大統領をギニアで受け入れたため、同年10月、アフリカ統一機構の会議が開かれるエチオピアに向かう途中、アクラの空港でガーナ当局に足止めさせられることとなった。ベアボギは1969年5月まで外相を務め、再び経済開発相に戻った。ルイス・ランサナ・ベアボギ フレッシュアイペディアより)

  • 軍部

    軍部から見たクーデタークーデター

    この「軍部」が用いられるのは、文民政府との関係を論じる文脈で、軍部による政治介入、軍部クーデターによる文民政府の倒壊、軍事専門職集団である軍部に対する文民統制、アジア・ラテンアメリカの権威主義体制下における民政移管など、いわゆる「政軍関係 civil-military relations 」を論じる場合である。軍部 フレッシュアイペディアより)

  • シディ・モハメド・ウルド・シェイク・アブダライ

    シディ・モハメド・ウルド・シェイク・アブダライから見たクーデタークーデター

    1971年9月、初代大統領モクタル・ウルド・ダッダにより国家経済担当国務相に任命され、以後7年間にわたって務めた。アブダライは在任中、モーリタニアの基幹産業の1つである鉄の国有化や、CFAフランに代わる独自通貨としてウギアを導入するなど、モーリタニア経済の根幹に係わる重要な職務を遂行した。だが1978年7月にクーデターでダッダ政権が崩壊すると、翌1979年にアブダライは国務相から解任された。シディ・モハメド・ウルド・シェイク・アブダライ フレッシュアイペディアより)

  • ポゥ・エイジ

    ポゥ・エイジから見たクーデタークーデター

    感情のムラが非常に大きく、核弾頭を持ち逃亡した仲間の追跡時に核弾頭の引き渡しを拒まれたことに激高し、僚機の再三の忠告にも耳を貸さず(前日には核弾頭の爆発による生じた広範囲にわたるクレーター跡を目撃していた)長時間核に向かってビームを発射し続けた。一つ間違えれば誘爆必至の状況であった。また泣く事が多く、毎度の作戦失敗後やフィル一派が女王ディアナ・ソレルを裏切りクーデターに加担しミリシャに渡ったディアナ(キエル・ハイム)を強引に連れ帰ろうとした際にも、ディアナに誓っていた忠誠心と、フィルの言葉との間で揺れ、涙を流す。ディアナへ再度恭順を誓った際にも思わず涙している。このように泣く描写が多いせいか、第31話のサブタイトルは「泣き虫ポゥ」とつけられている。ポゥ・エイジ フレッシュアイペディアより)

1511件中 11 - 20件表示

「クーデター」のニューストピックワード

  • カマル・ジャビド・バジュワ

  • 中東で何が起きているか、エジプトで何が起きているか、深い理解を示してきたのが実はトランプ氏だ

  • エルドアン大統領