1830件中 11 - 20件表示
  • キプロス

    キプロスから見たクーデタークーデター

    第二次世界大戦後、ギリシャ併合派、トルコ併合派による抗イギリス運動が高まったため、1960年にイギリスから独立。翌1961年、イギリス連邦加盟。しかし1974年にギリシャ併合強硬派によるクーデターをきっかけにトルコ軍が軍事介入して北キプロスを占領し、さらにトルコ占領地域にトルコ系住民の大半、非占領地域にギリシャ系住民の大半が流入して民族的にも南北に分断された(詳しくは、キプロス紛争を参照)。キプロス フレッシュアイペディアより)

  • 紺碧の艦隊

    紺碧の艦隊から見たクーデタークーデター

    もとの「前世」とは微妙に異なる「後世」にて、前世と同じ悲劇を繰り返さないため、高野は前世の日本より転生したものたちを集め、紺碧会を結成する。同じく、前世より転生した大日本帝国陸軍中将・大高弥三郎率いる青風会とともにクーデターを起こすものの、戦争への流れは変わらず"照和"16年12月8日午前零時、運命の開戦を迎えてしまう。高野らが前世の記憶を元に開発した「紺碧艦隊」は日本を、世界を救えるのか。紺碧の艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 静かなるドン

    静かなるドンから見たクーデタークーデター

    最初は静也の資質とカタギの仕事に疑問を抱き、生倉のクーデターに協力、静也を退陣に追い込む。しかし生倉の正体を知り失望するとともに、静也の底知れぬ能力と人柄を知り、以後は静也に忠誠を誓い心強い味方となる。ただし静也が極道に専念しないことをよく思わないのは相変わらずで、未だに絶対服従するのは鳴戸のみである。静かなるドン フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見たクーデタークーデター

    晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年(昭和45年)11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁。バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生まれるなど、国内の政治運動や文学界に大きな影響を及ぼした(詳細は三島事件を参照)。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • ハイチ

    ハイチから見たクーデタークーデター

    1934年には世界恐慌の影響や、ニカラグアでのサンディーノ軍への苦戦などもあって、ルーズベルト合衆国大統領の善隣外交政策により、ハイチからも海兵隊が撤退することになった。アメリカ占領以降、数人のムラートの大統領が共和制のもとで交代したが、経済苦境は続き1946年にはクーデターが起こりが久々の黒人大統領となった。社会保障や労働政策の改善、多数派黒人の政治的自由の拡大などさまざまな進歩的な改革を行おうとした。ポルトープランス万国博覧会(1949年 - 1950年)。ハイチ フレッシュアイペディアより)

  • 日清戦争

    日清戦争から見たクーデタークーデター

    日本が政変で揺れていた1873年(明治6年)11月(同治12年9月)、朝鮮では、閔妃一派による宮中クーデターが成功し、鎖国攘夷に固執していた摂政の大院君(国王高宗の実父)が失脚した。この機に乗じて日本は、1875年(明治8年)2月(同治14年1月)に森山茂を朝鮮に派遣したものの、今度は服装(森山:西洋式大礼服を着用、朝鮮:江戸時代の和装を求める)など外交儀礼を巡る意見対立により、書契交換の前に交渉が再び中断した。日清戦争 フレッシュアイペディアより)

  • バトルフィールド4

    バトルフィールド4から見たクーデタークーデター

    アゼルバイジャンで行われた作戦によって、アメリカ軍は亡命中のロシア軍人から、中国海軍の過激派?将軍が大規模クーデターを計画しており、その背後にはロシアの存在があるという情報を得る。時を同じくして、平和的発展を主張し中国の次期リーダーとして期待されていた人物、ジン・ジエが暗殺される。その背後には、アメリカの存在があったと疑われはじめたことで米中関係は急速に悪化、各地で混乱が発生する。バトルフィールド4 フレッシュアイペディアより)

  • ベニート・ムッソリーニ

    ベニート・ムッソリーニから見たクーデタークーデター

    議席を得た後も議会政治に頼らず早期に権力掌握を目指すムッソリーニの意思は変わらず、各地で党の私兵組織(黒シャツ隊)による直接行動が継続された。ムッソリーニは民族主義・国家主義を掲げる政権を打ち立てるべくクーデターの準備を始め、ファシスト党を抑えられず退任したボノーミ政権に変わり人民党・自由党・急進党・社会民主党の連立政権を樹立したルイージ・ファクタ政権への反乱を計画した。党書記長、党支部書記イタロ・バルボ、下院議員、陸軍元帥エミーリオ・デ・ボーノらファシスト四天王を始めとするファシスト党員がエミーリア、ロマーニャ、トスカーナで三個軍団に分かれて武装蜂起し、最終的に首都ローマを占拠してムッソリーニを首相に擁立する計画が立てられた。軍もこの動きに呼応して1922年10月18日には一部の軍将官が密かにムッソリーニへ蜂起の援助を約束している他、サヴォイア家との秘密交渉も行われていた。ベニート・ムッソリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ナポレオン -獅子の時代-

    ナポレオン -獅子の時代-から見たクーデタークーデター

    イタリア編では単騎で敵中に取り残された味方の将軍を救出し、敵からの称賛に恍惚とした表情を浮かべる、自分より目立つ者を妬むなど、軽薄で目立ちたがり屋な側面を見せる。性格的にそりの合わないランヌと対立し、妻となるカロリーヌをめぐっては激しい鞘当てを繰り広げた。ナポレオン皇帝即位時、元帥に昇進した。ナポレオンの義弟であることからも順調な出世街道を歩み、パリ司令官、フランス大公、ベルクおよびクレーヴ公などを歴任、ナポリ王となる。皇帝の義弟として権勢を誇るものの、妻カロリーヌの野心と策謀に振り回される。ナポレオン不在時にはタレイランやフーシェに傀儡として担ぎ上げられ、クーデター未遂を起こされている。ナポレオン -獅子の時代- フレッシュアイペディアより)

  • ホイッグ党 (リベリア)

    ホイッグ党 (リベリア)から見たクーデタークーデター

    リベリアホイッグ党、真実のホイッグ党または真正ホイッグ党 (Liberian Whig Party or True Whig Party) は、リベリアの政党である。1878年から1980年のクーデターまでの100年以上の間、同国の政権の座にあった政党だった。そのイデオロギーはアメリカホイッグ党の大きな影響を受けていた。ホイッグ党 (リベリア) フレッシュアイペディアより)

1830件中 11 - 20件表示

「クーデター」のニューストピックワード