1830件中 31 - 40件表示
  • エジプトの国旗

    エジプトの国旗から見たクーデタークーデター

    赤い色は、青年将校たちがクーデターでエジプト王ファールーク1世を追放し王制を倒した1952年のエジプト革命以前の時代を表す。この時代は英国支配や王の専制支配との戦いの時期とされる。エジプトの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • マリネラ王国

    マリネラ王国から見たクーデタークーデター

    ただし政府のヒエラルキーでは「内閣の大臣や陸海空軍の将軍たち」は国王に次ぐ地位であり、タマネギ部隊は(パタリロ8世によれば)一般事務職よりずっと下の最下層と位置づけられている。このため、内閣総理大臣とパタリロ8世を暗殺し実権を握ろうとする副首相のクーデターが発生したことがある。マリネラ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 戦海の剣

    戦海の剣から見たクーデタークーデター

    2009年7月25日、腐敗しきった日本に猛省を促すべく、海上自衛隊第7潜水隊群(架空の部隊)所属、織田志郎三等海佐率いる最新鋭潜水艦『くろしお』(現行の潜水艦SS-596 くろしおとは別型)がクーデターを決起。中東に向かう日本船籍のタンカーを攻撃し、日本の生命線であるシーレーン(海上交通路)を制圧し、日本国民全員を人質にした。戦海の剣 フレッシュアイペディアより)

  • 十日の菊

    十日の菊から見たクーデタークーデター

    『十日の菊』(とおかのきく)は、三島由紀夫の戯曲。全3幕30場から成る。二・二六事件を、命を狙われた側から描いた悲喜劇である。クーデターで難を逃れ命拾いした大蔵大臣と、命を張って主君を助けた忠心の女中との16年後の再会から、人間の性格と運命との関わり合いを描いている。作中では実際の事件を「十・一三事件」に変え、ヒロイン「菊」の名は、主君への一般的忠節を表しているが、すでにその菊(忠節)は、9月9日の重陽の佳節をすぎて廃物となった「十日の菊」と化していることを寓意させている。第13回(1961年度)読売文学賞(戯曲部門)を受賞。十日の菊 フレッシュアイペディアより)

  • グレゴワール・カイバンダ

    グレゴワール・カイバンダから見たクーデタークーデター

    1973年にクーデターにより失脚、軍事法廷で死刑判決を受けたがその後減刑され軟禁状態に置かれた。グレゴワール・カイバンダ フレッシュアイペディアより)

  • ホルシュタイン=ゴットルプ王朝

    ホルシュタイン=ゴットルプ王朝から見たクーデタークーデター

    こうした国情を憂慮したグスタフ3世は、即位した翌年に王党派の支持の下にクーデターを完遂し、王権を奪回した(グスタフ3世のクーデター)。グスタフ3世は啓蒙主義思想を持ち(啓蒙専制君主)、国家の復興を成し遂げ、ロシアとの戦争にも事実上勝利し、フランス革命にも干渉するなど、スウェーデンの大国復興に熱意を燃やしたが、1792年に暗殺された。絶対君主制を再開したのは、1790年だったが、グスタフ3世は、すでに1772年のクーデターによって一定の王権を確立させており、その親子の名を取って1809年までを「グスタフ朝絶対主義」あるいは「グスタフ朝時代」と呼称された。特にグスタフ3世の時代は文化の面において「ロココの時代」とも称された。1809年に絶対君主制が廃止されて以降、スウェーデンは立憲君主制国家となり今日に至っている。ホルシュタイン=ゴットルプ王朝 フレッシュアイペディアより)

  • ギーラーン共和国

    ギーラーン共和国から見たクーデタークーデター

    当初の政権は、1920年6月に赤軍の庇護のもと、と民族主義的なの連立により発足した。しかし、ほどなく左派のクーデターにより連立は崩れ、政権は強固な共産革命路線へと移った。ところが、時を同じくしてモスクワのボリシェヴィキ党中央は、東方の情勢安定化のためにテヘラン政府との融和を模索するようになった。党中央から切り捨てられる形となったイラン共産党は、なおも革命路線の堅持を掲げて政権の再統一を図った。だが、1921年11月、テヘラン政府軍による掃討作戦によってギーラーン政権は壊滅した。ギーラーン共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ラオスの歴史

    ラオスの歴史から見たクーデタークーデター

    1959年5月11日、王国政府はスパーヌウォン親王らNLHS幹部らを逮捕、ポンケーン刑務所へ収監するという強硬手段に出た。7月16日、王国政府軍とNLHS軍が衝突(:en:North Vietnamese invasion of Laos)、プイ内閣はNLHS側に政権ポストを空けて交渉しようとしたが、こうした態度を弱腰だとする国益擁護委員会(CDNI)により、10月30日にクーデターが発生。プイ内閣は崩壊した。1960年4月24日、CDNIがNLHSを除外して実施した管理形式選挙によりCDNIは全59議席中37議席を獲得。6月、CDNIが結成した民主社会党内閣(首相は殿下)が発足した。ソムサニット内閣誕生でラオス王国はさらに親米に偏り、アメリカの短期間かつ過剰な援助は急激なインフレを引き起こした。ラオスの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンの歴史

    スウェーデンの歴史から見たクーデタークーデター

    このようなスウェーデンの没落を憂慮した啓蒙専制君主グスタフ3世は、1772年にクーデターによって王権を復活させ、1790年までに絶対君主制を復活させた。さらに強力に内政を充実させ、外交ではフランス王国と提携し、エカチェリーナ2世時代のロシア帝国と対抗した。グスタフ3世はロシア・スウェーデン戦争を起こし、バルト海でのパワーバランスをある程度回復させた。さらにアメリカ独立戦争における外交政策やフランス革命への反革命政策などを行った。グスタフ3世はスウェーデン中興の実を挙げたが、1792年に暗殺された。グスタフ3世とその息子の時代は「グスタフ朝時代」と呼ばれ、また、グスタフ3世自身の治世は「ロココの時代」と呼ばれている。スウェーデンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ポゥ・エイジ

    ポゥ・エイジから見たクーデタークーデター

    感情のムラが非常に大きく、核弾頭を持ち逃亡した仲間の追跡時に核弾頭の引き渡しを拒まれたことに激高し、僚機の再三の忠告にも耳を貸さず(前日には核弾頭の爆発による生じた広範囲にわたるクレーター跡を目撃していた)長時間核に向かってビームを発射し続けた。一つ間違えれば誘爆必至の状況であった。また泣く事が多く、毎度の作戦失敗後やフィル一派が女王ディアナ・ソレルを裏切りクーデターに加担しミリシャに渡ったディアナ(キエル・ハイム)を強引に連れ帰ろうとした際にも、ディアナに誓っていた忠誠心と、フィルの言葉との間で揺れ、涙を流す。ディアナへ再度恭順を誓った際にも思わず涙している。このように泣く描写が多いせいか、第31話のサブタイトルは「泣き虫ポゥ」とつけられている。ポゥ・エイジ フレッシュアイペディアより)

1830件中 31 - 40件表示

「クーデター」のニューストピックワード