1830件中 41 - 50件表示
  • キモン・ゲオルギエフ

    キモン・ゲオルギエフから見たクーデタークーデター

    キモン・ゲオルギエフ(''、1882年8月11日 - 1969年9月28日)は、ブルガリアの軍人、政治家。戦間期(1934年5月 - 1935年1月)と第二次世界大戦末期(1944年9月 - 1946年11月)に首相を務める。1923年、1934年、1944年の三度クーデターに関与している。キモン・ゲオルギエフ フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダル・スタンボリイスキ

    アレクサンダル・スタンボリイスキから見たクーデタークーデター

    アレクサンダル・スタンボリイスキ(''、1879年3月1日 - 1923年6月14日)は、ブルガリアの政治家。第一次世界大戦後、首相(1919年10月6日 - 1923年6月9日)を務めるが、クーデターにより失脚。アレクサンダル・スタンボリイスキ フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ブハリ

    ムハンマド・ブハリから見たクーデタークーデター

    ムハンマド・ブハリ(Muhammadu Buhari 、1942年12月17日 - )は、ナイジェリアの軍人、政治家。カツィナ州出身のフラニ人で、イスラム教徒である。クーデターでシェフ・シャガリ文民政権を打倒し、1983年12月31日から1985年8月27日までナイジェリアの指導者となったが、イブラヒム・ババンギダのクーデターによって打倒された。2015年3月31日、ナイジェリア大統領選挙で、現職のグッドラック・ジョナサンを破り、大統領に当選した。ムハンマド・ブハリ フレッシュアイペディアより)

  • 田母神論文問題

    田母神論文問題から見たクーデタークーデター

    田母神本人や自民党の一部の国会議員や雑誌が「自衛官にも言論の自由がある」と主張したが、シビリアンコントロールの上で、「専守防衛」という政府の方針(田母神論文は自衛隊の攻撃的兵器保有の必要性や集団的自衛権行使のための憲法改正の必要性を主張している)に反する主義主張は「叛乱の意思」とみなされかねないものであり、表現の自由も制約される場合もあるとされている。実際に1992年に幹部自衛官がクーデター容認論に基づいた論文を月刊誌『文藝春秋』に発表して懲戒免職になった前例がある。ただし、シビリアンコントロールと一口に言っても、その定義は曖昧で複雑な上、憲法に規定されているものではない。また自衛官が軍人であるか否かについて賛否両論がある。また保守言論誌『Will』2009年2月号が田母神論文を全面的に支持する論陣を張ったが、小林よしのりが「憲法に書かずに文民統制もへったくれもない」と主張したほか、田母神を最優秀に選んだ渡部昇一は「ヒトラーも文民だった」と、文民統制など当てにならないと事実上開き直りとも受け取れる反論をした。田母神論文問題 フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラの歴史

    アンゴラの歴史から見たクーデタークーデター

    そして、1974年4月25日のカーネーション革命によってアンゴラの運命は切り開かれた。ポルトガル軍内の国軍運動(MFA)によるクーデターは民衆を巻き込んだ革命に転化し、エスタド・ノヴォ体制は崩壊、共産党書記長アルヴァロ・クニャルと結んだヴァスコ・ゴンサルヴェス首相の働きによって、同年9月には保守的なアントニオ・デ・スピノラ大統領が失脚し、左派的な新政権は各植民地の独立勢力と次々と独立を認める協定を結んだ。アンゴラについてもゴンサルヴェス政権は当初MPLAのみとの交渉を行ったが、ポルトガルにとって最も重要な植民地だったアンゴラについてのMPLAのみとの交渉は難航したため、三組織を調整して1975年1月15日にMPLA、FNLA、UNITAの独立三組織とポルトガルとの間でアルヴォール協定が結ばれ、三組織合同の暫定政権の下での1975年11月11日の独立が確定した。アンゴラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ニャシンベ・エヤデマ

    ニャシンベ・エヤデマから見たクーデタークーデター

    1953年 - 1961年はフランス外人部隊に参加し、インドシナ戦争やアルジェリア独立戦争などに従軍。1963年1月7日、シルバヌス・オリンピオ初代大統領打倒クーデターに参加。当時シルバヌス・オリンピオ大統領によって追放され、亡命中だったニコラ・グルニツキーを帰国させて大統領に就任させた。1965年軍参謀長就任。1966年、クーデターから3年の間にグルニツキーは国民の支持を失い、トーゴ南部人を中心とする「統一トーゴ党」による大規模デモが勃発。指導者ノエ・クツクルイの掲げるオリンピオ大統領殺害に関する訴追を恐れたエヤデマは、軍を動員してこれを弾圧した。ニャシンベ・エヤデマ フレッシュアイペディアより)

  • アルメニア議会銃撃事件

    アルメニア議会銃撃事件から見たクーデタークーデター

    襲撃者らは、自らの行為をクーデターであると主張した。それは「愛国的」で「国家のセンスを取り戻すために必要な」行為であったという。襲撃者らは、政府が「国民の生き血をすする」輩であり、「彼らが国家に対して行ってきたへの罰を与えたかった」と語った。アルメニアは彼らのせいで「破滅的状況」に陥り、「腐敗役人ども」はそれに対して何らの対策も講じてこなかった、と主張した。アルメニア議会銃撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中央アフリカ帝国

    中央アフリカ帝国から見たクーデタークーデター

    中央アフリカ帝国(ちゅうおうアフリカていこく、)は、1976年12月4日に中央アフリカ共和国の大統領ジャン=ベデル・ボカサが国号の改称を宣言してから、1979年9月20日にクーデターにより帝政崩壊するまでの間に用いられた国号である。中央アフリカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ホルシュタイン=ゴットルプ家

    ホルシュタイン=ゴットルプ家から見たクーデタークーデター

    第2代国王グスタフ3世の頃は大いに国威が昂揚したが、ナポレオン戦争の最中、ロシアにフィンランドを奪われるなど失態を犯し、クーデターによって1809年に立憲君主制に移行した。1818年のカール13世の死後、現王家であるベルナドッテ家に代わったが、家系としてはクーデターで廃された王太子グスタフが1877年に、その娘でザクセン王妃となったカロラが1907年に死去するまで続いた。ホルシュタイン=ゴットルプ家 フレッシュアイペディアより)

  • 森田必勝

    森田必勝から見たクーデタークーデター

    7月2日から1週間、必勝ら早大国防部13名が自衛隊北恵庭駐屯地で体験入隊し、戦車にも試乗した。必勝は、〈それにしても自衛官の中で、大型免許をとるためだとか、転職が有利だとか言っている連中のサラリーマン化現象は何とかならないのか〉と綴り、自衛隊員が〈憲法について多くを語りたがらない〉こと、〈クーデターを起こす意志を明らかにした隊員が居ないのは残念だった〉ことを挙げた。森田必勝 フレッシュアイペディアより)

1830件中 41 - 50件表示

「クーデター」のニューストピックワード