1511件中 51 - 60件表示
  • Just Cause

    Just Causeから見たクーデタークーデター

    物語の舞台は、中南米の小国であるサン・エスペリート。この国では、軍事クーデターが発生し、現政権は退任に追い込まれ、軍の将軍であるサルバドール・メンドーサという人物が大統領となり、軍事政権が誕生した。事態を重く見たアメリカ政府はメントーゼ政権を崩壊させるために、CIAの工作員である、リコ・ロトリゲス、トム・シェルドン・マリアを同国に派遣する。Just Cause フレッシュアイペディアより)

  • 金丸信

    金丸信から見たクーデタークーデター

    1984年、側近の小沢辰男を推す田中の意向に反して中曽根総理は金丸を幹事長に指名した。翌1985年、田中派内に勉強会「創政会」を結成する。結成前、田中は派内の勉強会と考えて容認していた。しかし、結成の狙いが金丸の親戚である竹下を後継領袖とするクーデターであったことを知り激怒。切り崩しに遭うも立ち上げに成功した。田中は直後に脳梗塞で倒れた。1987年7月、「創政会」は「経世会」(竹下派)として正式に独立。竹下の総理就任後は経世会会長に就任した。金丸信 フレッシュアイペディアより)

  • 全インド・ムスリム連盟

    全インド・ムスリム連盟から見たクーデタークーデター

    全インド・ムスリム連盟()は、インドの政党。回教徒連盟とも称される。後にインド国民会議と対立しパキスタンを建国、一党独裁体制を敷いた。1958年のクーデターで活動を停止し、その後党は改変され、パキスタン・ムスリム連盟に引き継がれている。全インド・ムスリム連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ボナパルトのブリュメール18日

    ルイ・ボナパルトのブリュメール18日から見たクーデタークーデター

    フランス第二共和政に於いてルイ・ナポレオンが選挙で大統領に当選するが、彼はクーデターを起こして議会を解散させ、その上で皇帝(独裁者)と自称して第二帝政を始めるが、これも僅か17年で幕を閉じてしまう、こういう事の顛末を群集心理を含めて一つ一つ解説するという内容。ここから転じて、有力者の親戚縁者や友人がその名を借りて権力を行使する風潮は「ボナパルティズム」と呼ばれるようになった。ルイ・ボナパルトのブリュメール18日 フレッシュアイペディアより)

  • 「真の近現代史観」懸賞論文

    「真の近現代史観」懸賞論文から見たクーデタークーデター

    田母神本人や自民党の一部の国会議員や雑誌が「自衛官にも言論の自由がある」と主張したが、シビリアンコントロールの上で、「専守防衛」という政府の方針(田母神論文は自衛隊の攻撃的兵器保有の必要性や集団的自衛権行使のための憲法改正の必要性を主張している)に反する主義主張は「叛乱の意思」とみなされかねないものであり、表現の自由も制約される場合もあるとされている。実際に1992年に幹部自衛官がクーデター容認論に基づいた論文を月刊誌『文藝春秋』に発表して懲戒免職になった前例がある。ただし、シビリアンコントロールと一口に言っても、その定義は曖昧で複雑な上、憲法に規定されているものではない。また自衛官が軍人であるか否かについて賛否両論がある。また保守言論誌『Will』2009年2月号が田母神論文を全面的に支持する論陣を張ったが、小林よしのりが「憲法に書かずに文民統制もへったくれもない」と主張したほか、田母神を最優秀に選んだ渡部昇一は「ヒトラーも文民だった」と、文民統制など当てにならないと事実上開き直りとも受け取れる反論をした。「真の近現代史観」懸賞論文 フレッシュアイペディアより)

  • 大本事件

    大本事件から見たクーデタークーデター

    昭和神聖会発足当時、大日本帝国は満州事変が勃発して国際連盟から脱退、国内ではゴーストップ事件で軍部と内務省が対立、十月事件や五・一五事件が発生してクーデターや暗殺騒ぎが起きるなど、不安定な状況下にあった。日本政府は、軍部の革新派や右翼団体と協力してクーデターを起こす危険性を考慮し、昭和神聖会の資金源を断つべく大本の壊滅を意図した。1934年(昭和9年)10月、内務省警保局長唐沢俊樹は相川勝六内務省保安課長と杭迫軍二愛知特別高等警察課長を招き、杭迫を京都府特高課長に任命して検挙を前提とした大本の調査を命じている。大本事件 フレッシュアイペディアより)

  • アブドルカリーム・カーシム

    アブドルカリーム・カーシムから見たクーデタークーデター

    アブドルカリーム・カーシム(??? ?????? ????; ‘Abd al-Karīm al-Qāsim、1914年 - 1963年2月9日 アブドゥルカリーム・カースィムとも)は、イラクの軍人・政治家で、イラク共和国初代首相。1958年のクーデター(7月14日革命)でイラク王国を打倒し、イラク共和国を樹立したが、王政時代の独裁体制を継承し強化、さらにイラク石油会社利権区域の90%の国有化措置やクウェートに対する領有権主張、フーゼスターン州の分離独立運動支援という「イラク第一政策」により、西側諸国のみならず、アラブ諸国とも対立を深めた末に1963年にバアス党によるクーデターで失脚し処刑された。アブドルカリーム・カーシム フレッシュアイペディアより)

  • ターミナル (映画)

    ターミナル (映画)から見たクーデタークーデター

    アメリカ、ジョン・F・ケネディ国際空港の国際線ロビー、入国手続きゲートでクラコージア人のビクター・ナボルスキーは足止めされていた。母国のクラコージアで、彼が乗った飛行機が出発した直後にクーデターが起こり事実上国が消滅。そのため、彼のパスポートは無効状態となり、入国ビザは取り消されていたのだった。ターミナル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 1964年

    1964年から見たクーデタークーデター

    1月30日 - 南ベトナムで、グエン・カーン将軍主導の無血軍事クーデターにより、ズオン・バン・ミン首相がタイに追放される。1964年 フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・ベストゥージェフ=リューミン

    アレクセイ・ベストゥージェフ=リューミンから見たクーデタークーデター

    権力基盤が崩れたかに見えたベストゥージェフであったが、思いもよらず早くも救いの手が差し伸べられた。ピョートル大帝の第2皇女エリザヴェータ・ペトローヴナのクーデターである。1741年12月6日、女帝に即位したエリザヴェータは、ベストゥージェフを召還し副宰相に任じた。こうしてエリザヴェータの治世20年間にわたりベストゥージェフは、ロシアの外交を担うことになる。アレクセイ・ベストゥージェフ=リューミン フレッシュアイペディアより)

1511件中 51 - 60件表示

「クーデター」のニューストピックワード

  • カマル・ジャビド・バジュワ

  • 中東で何が起きているか、エジプトで何が起きているか、深い理解を示してきたのが実はトランプ氏だ

  • エルドアン大統領