1830件中 51 - 60件表示
  • 在外公館

    在外公館から見たクーデタークーデター

    李氏朝鮮国王に対する反乱軍によるクーデター時に襲撃され公使館が焼き討ちに遭い大使館員多数が殉職。済物浦条約により解決。在外公館 フレッシュアイペディアより)

  • ターミナル (映画)

    ターミナル (映画)から見たクーデタークーデター

    アメリカ、ジョン・F・ケネディ国際空港の国際線ロビー、入国手続きゲートで奇怪な缶詰を手にしたクラコウジア人のビクター・ナボルスキーは足止めされていた。彼の母国のクラコウジアで、彼が乗った飛行機が出発した直後にクーデターが起こり事実上クラコウジア政府が消滅。そのため、彼のパスポートは無効状態となり、入国ビザは取り消されていたのだった。ターミナル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 革命的労働者協会(社会党社青同解放派)

    革命的労働者協会(社会党社青同解放派)から見たクーデタークーデター

    その際山田ら反主流派は革労協内部での劣勢を立て直すため、ひそかに革労協のシンボルである現代社の乗っ取り計画を立てクーデターを画策した。社防隊が手薄となるゴールデンウィークに狙い定め実行するも失敗。反主流派は逆に外部へと放逐される形で追い出され、現在の台東区下谷の賃貸マンションに新拠点の「赤砦社」を置き、山田茂樹をリーダーとして、革労協の分裂が決定的となった。主流派は現代社派・狭間派、反主流派は赤砦社派・山茂派・木元派などとも呼ばれる。革命的労働者協会(社会党社青同解放派) フレッシュアイペディアより)

  • パルヴェーズ・ムシャラフ

    パルヴェーズ・ムシャラフから見たクーデタークーデター

    パルヴェーズ・ムシャラフ(、、1943年8月11日 - )は、パキスタンの軍人、政治家。パキスタン陸軍参謀総長・兼・統合参謀本部議長に在任中の1999年10月、当時首相だったナワーズ・シャリーフとの確執からクーデターを敢行し、行政長官(Chief Executive、最高行政官、首相に相当)として最高権力者となった(2001年までタラル大統領が国家元首として続投)。その後、パキスタンの大統領に就任した (2001年6月20日 - 2008年8月18日)。大統領就任までは、軍事政権の最高意思決定機関である国家安全保障会議の議長も兼ねていた。日本の文献、資料やメディアでは「ペルベズ・ムシャラフ」「パルヴェーズ・ムシャッラフ」と表記されることもある。パルヴェーズ・ムシャラフ フレッシュアイペディアより)

  • スペインの歴史

    スペインの歴史から見たクーデタークーデター

    1981年 - 2月、軍事クーデター未遂事件「23-F」発生。スペインの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 林彪事件

    林彪事件から見たクーデタークーデター

    林彪事件(りんぴょうじけん)は、1971年9月13日に発生した、中華人民共和国の林彪中国共産党中央委員会副主席による、毛沢東共産党主席暗殺未遂及びクーデター未遂事件、及びその後の亡命未遂事件。「9・13事件」とも呼ばれる。林彪事件 フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たクーデタークーデター

    1925年7月、軍内部の青年将校はクーデターを起こしてグアヤキルの自由主義者を政権から排除し、この七月革命によって新たに労働者と中間層を基盤とした軍政が敷かれることになった。革命に拠って成立したイシドロ・アヨラ政権は自由貿易から国家主導の工業化を目指し、並行して労働者保護も行っている。しかし、1929年の世界恐慌によりエクアドルも大きな打撃を受けると、社会不安と混乱が続き、1931年にアヨラ政権がクーデターで崩壊すると、以降エクアドルの政局は大混乱に陥った。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アルジェリアの歴史

    アルジェリアの歴史から見たクーデタークーデター

    フランス政府はアルジェリアのムスリム(アンディジェーヌ)にフランス人としての完全な市民権を付与することで懐柔をはかろうとするが、特権を維持することを望むコロンたちの反発を買った。アルジェリア在留のフランス軍空挺部隊はコルシカ島を占領し、クーデターを起こそうとした。アルジェリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 反米

    反米から見たクーデタークーデター

    冷戦時代における中南米諸国への軍事クーデターの支援など、反共主義的な独裁者・軍事政権に対する支援。反米 フレッシュアイペディアより)

  • ウルグアイの歴史

    ウルグアイの歴史から見たクーデタークーデター

    先コロンブス期の現在のウルグアイに相当する地域には、狩猟民族のチャルーア人や、農耕民族のグアラニー人が居住していた。1516年にこの地域を最初に訪れたヨーロッパ人はスペインのフアン・ディアス・デ・ソリスであった。ラプラタ川の東岸に位置したウルグアイは、植民地時代にはバンダ・オリエンタルと呼ばれ、他のインディアス植民地に比べると相対的に開発が進まないまま、北方のブラジルから進出してきたポルトガル人と、ブエノスアイレスを拠点にするスペイン人の争奪の対象となり、1680年にポルトガルが建設したコロニア・ド・サクラメントと1726年にスペインが建設したモンテビデオが屡々火花を散らした。19世紀に入り、ラテンアメリカ諸国の独立運動が進むと、リオ・デ・ラ・プラタ副王領の一部であったバンダ・オリエンタルには、ブエノスアイレス主導の独立運動に対して旧副王領全体の独立運動の主導権を握りかけたが登場したが、アルティーガスが1820年にポルトガル軍に敗れた後は、この地域の自立的な独立運動は進まず、1820年代のアルゼンチン・ブラジル戦争の帰結として、イギリスの調停によって1828年にウルグアイ東方共和国として独立を達成した。独立後も長らく大戦争(1839年 - 1851年)のように、国内の親アルゼンチン派のブランコ党と親ブラジル派のコロラド党の内乱が続き、また、幾度となく続いたウルグアイの内乱はパラグアイの三国同盟戦争(1864年 - 1870年)の一因ともなった。このように不安定だったウルグアイが安定した統治を確立するのは20世紀初頭のホセ・バッジェ・イ・オルドーニェス大統領の大改革の後であり、以後20世紀前半のウルグアイは「南アメリカのスイス」とも評される稀有な民主主義国家となった。しかしながら、1955年よりそれまでの一次産品輸出志向型経済が行き詰まりを迎え、1960年代には深刻化する経済危機を背景に都市ゲリラ、トゥパマロスが活動するようになり、1973年にトゥパマロス鎮圧を果たした軍部によってクーデターが実施され、長らく民主主義の伝統を保っていたウルグアイの民主体制は崩壊した。クーデター後、軍事政権はネオリベラリズム政策と強権統治に訴えたが、このような統治を望まなかったウルグアイ人およそ50万人が国を捨てて出国し、更に軍政を合法化しようとした1981年の国民投票が否決されたこともあって、1985年に民政移管した。民政移管後暫くは19世紀以来のコロラド党とブランコ党の二大政党制が継続したものの、2005年の大統領選挙では中道左派政党拡大戦線のタバレ・バスケスが当選し、ウルグアイの二大政党制に終止符を打った。ウルグアイの歴史 フレッシュアイペディアより)

1830件中 51 - 60件表示

「クーデター」のニューストピックワード