1511件中 61 - 70件表示
  • 九州王朝説

    九州王朝説から見たクーデタークーデター

    「大化の改新(乙巳の変)」は草壁皇子が天皇に即位せずに逝去した為に草壁皇子の息子の軽皇子(文武天皇)と中臣鎌足(藤原不比等と同一人物)が九州年号の大和(大化)元年(695年)に藤原京で九州倭国の天皇(高市皇子=薩夜麻)を暗殺した、下克上のクーデターである。九州王朝説 フレッシュアイペディアより)

  • カール14世ヨハン (スウェーデン王)

    カール14世ヨハン (スウェーデン王)から見たクーデタークーデター

    一兵士から将軍にまで上り詰めたベルナドットは民衆に人気があり、一時はナポレオンのライバルと目されたこともある。ジャコバン派に頭目として担がれたこともあるが、彼自身に決断力が欠けていたために、ナポレオンに先に権力を奪われることとなった(ブリュメールのクーデタ)。しかしながら本人には、やる気も熱意もなかったようである。ベルナドットはクーデターに対して中立の立場を取り、ナポレオンに不審の念を抱かせた。カール14世ヨハン (スウェーデン王) フレッシュアイペディアより)

  • 3月8日

    3月8日から見たクーデタークーデター

    1963年 - シリアでクーデターが起こりバアス党が実権を掌握する。3月8日 フレッシュアイペディアより)

  • サッダーム・フセイン

    サッダーム・フセインから見たクーデタークーデター

    1950年代は、エジプトで革命が起こり、親英の王制が倒されてガマール・アブドゥル=ナーセル政権が樹立に向かっている時期にあたり、アラブ諸国ではアラブ民族主義が高まりを見せており、サッダームもナーセルの影響を受けた。1958年には、イラクでも軍部によるクーデターにより親英王制が打倒されている。サッダーム・フセイン フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェリア

    ナイジェリアから見たクーデタークーデター

    この混乱の結果、1966年1月15日、イボ族のジョンソン・アグイイ=イロンシ将軍によるクーデターが勃発し、イロンシが大統領に就任した。1966年7月28日、イロンシ大統領が暗殺されて、ヤクブ・ゴウォン軍事政権が樹立された。ゴウォン政権は連邦政府への中央集権化を図るため、地方を12州に再編したが、これに反発した東部州は1967年、東部州の有力民族であるイボ族を中心にビアフラ共和国を建国し独立を宣言した。これによって内戦(ビアフラ戦争)になるが、1970年、イボ族の敗北で終結した。ナイジェリア フレッシュアイペディアより)

  • モザンビーク独立戦争

    モザンビーク独立戦争から見たクーデタークーデター

    ポルトガルのアフリカ植民地における独立派ゲリラに対する紛争は1961年に勃発したから始まった。モザンビークにおいても、それから遅れること3年の1964年に紛争が勃発している。原因はモザンビーク領内の政治的不安定とモザンビーク先住民の不満にあったと考えられている。この不満は外来勢力による400年以上にわたる支配による経済的成果がポルトガル本国に搾取されているだけでなく、住民への虐待とさらなる搾取を生み出す開発計画として表面化していることからくるものだった。また、ポルトガルの先住民政策によって、熟練労働者になるための西洋式の教育や社会参加の機会から先住民が疎外され、経済的社会的な差別が存在すると受け止められていた。第二次世界大戦後、民族自決運動のアフリカ各国への伝播に呼応して、モザンビークにおいてもが次第に民族主義的な見解が一般的になるに至り、外国による植民地支配に対する不満は高まっていった。 ポルトガル植民地におけるポルトガル人側の社会組織に完全に組み入れられた、「文明化」されたモザンビーク人の多くがこうした独立主義を奉じる先住民たちからの不満の表明に対して反発しており、領内の先住民同士の間にも感情的衝突があった。こうした時期に、領内の支配機構の大部分を握るポルトガル人は領内を安定化させるため軍事的プレゼンスを増大させ、早急に開発計画のペースを速めることで対応した。ポルトガル政府は不安定要因となる独立主義者たちを植民地社会から近隣諸国へ追放した。モザンビークにおける政治的な知識層の近隣諸国への大規模な追放は、急進的なモザンビーク人の故国に対する政治的不安定化に繋がる活動や煽動を引き起こした。モザンビーク人によるゲリラ組織FRELIMOは追放先のタンザニア領内で体制を整え、これを根拠地としてモザンビーク北部に侵攻し戦端が切られている。開戦後FRELIMOはソビエト連邦・中華人民共和国・キューバから支援として兵器と軍事顧問団を受け取り、10年以上にわたる暴動を継続することになった。紛争が続く間、ポルトガル軍は常に独立派勢力であるFRELIMOに対して軍事的優位を保っていたが、1974年4月25日、ポルトガル本国のクーデターであるカーネーション革命による政府転覆の後7月24日には海外領土の独立を承認した。この後ポルトガルはによってモザンビークの翌年の独立を正式に認めた。モザンビークはクーデター後の1975年6月25日に正式に独立し、470年に及ぶポルトガルによる東アフリカ支配に終止符が打たれた。一般的には、リスボンにおけるクーデターを主導したポルトガル軍部における非主流派に対する共産主義者の影響力の増大と、その一方で国際社会からのポルトガル植民地戦争に対する圧力が強まったことが最終的にクーデターの主要因だったと考えられる一方ポルトガルの軍事クーデターはモザンビーク大衆の処遇をめぐる将兵に対する抵抗もその原因のひとつになったとも言われている。モザンビーク独立戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 傭兵

    傭兵から見たクーデタークーデター

    コモロ(継続的にクーデターが発生)傭兵 フレッシュアイペディアより)

  • ムアンマル・アル=カッザーフィー

    ムアンマル・アル=カッザーフィーから見たクーデタークーデター

    1969年9月1日、カッザーフィーは同志の将校たちと共に首都トリポリでクーデターを起こし、政権を掌握した。病気療養のためにトルコに滞在中であった国王イドリース1世は廃位されて王政は崩壊、カッザーフィー率いる新政権は共和政を宣言して国号を「リビア・アラブ共和国」とした。同年11月に公布された暫定憲法により、カッザーフィーを議長とする革命指導評議会(日本のメディアは終始一貫して「革命評議会」と呼称していた)が共和国の最高政治機関となることが宣言された(カッザーフィーが革命指導評議会議長と公表されたのは翌年)。ムアンマル・アル=カッザーフィー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見たクーデタークーデター

    冷戦中に「自由と民主主義の保護」の理念を掲げたが、国益追求も一つの目的でもあった。実力行使で理念と矛盾する事態すら引き起こし、ベトナムへの介入は西側、東側諸国を問わずに大きな非難を呼び、国内世論の分裂を招いた。「反共産主義」であるという理由だけでアジアやラテンアメリカ諸国をはじめとする世界の右派軍事独裁政府への支援や軍人に対してもパナマの米州学校で「死の部隊」の訓練を行なった。こうして育てられた各国の軍人は母国でクーデターを起こし、母国民に対して政治的不安定と貧困を与える結果となっていった。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 元 (王朝)

    元 (王朝)から見たクーデタークーデター

    1259年、第4代皇帝モンケが南宋遠征中に病死したとき、モンゴル高原にある当時の首都カラコルムの留守を預かっていた末弟アリクブケは、モンケ派の王族を集めてクリルタイを開き、西部のチャガタイ家ら諸王の支持を取り付けて皇帝位に即こうとしていた。これに対し、モンケと共に南宋へ遠征を行っていた次弟クビライは、閏11月に軍を引き上げて内モンゴルに入り、東方三王家(チンギスの弟の家系)などの東部諸王の支持を得て、翌年の3月に自身の本拠地である内モンゴルの開平府(のちの上都)でクリルタイを開き、皇帝位に就いた。アリクブケは一月遅れて皇帝となり、モンゴル帝国には南北にふたりの皇帝が並存し、モンゴル帝国史上初めて皇帝位を武力争奪する事態となった。この時点では、モンケの葬儀を取り仕切り、帝都カラコルムで即位したアリクブケが正当な皇帝であった。カラコルムにも戻らず、帝国全土の王侯貴族の支持も無く、勝手に皇帝を称したクビライは、この時点ではクーデター政権であった。元 (王朝) フレッシュアイペディアより)

1511件中 61 - 70件表示

「クーデター」のニューストピックワード

  • カマル・ジャビド・バジュワ

  • 中東で何が起きているか、エジプトで何が起きているか、深い理解を示してきたのが実はトランプ氏だ

  • 第43回千葉日報書道展