1511件中 71 - 80件表示
  • 高麗

    高麗から見たクーデタークーデター

    12世紀中頃から、王や文人が政治をないがしろにするとして、武人が政権獲得の気運を伺うようになった。1170年には武臣(軍人)である鄭仲夫がクーデターを起こして国王を廃位し、武臣政権時代が始まる。しかし、他の武臣の反発を招き、1179年に暗殺される。その後、李義が政権を握るが、崔忠献により暗殺され、その後、武臣同士の内紛を制して1194年に政権を掌握した崔忠献は4代続く安定政権を建てた。高麗 フレッシュアイペディアより)

  • ミャンマー

    ミャンマーから見たクーデタークーデター

    それ以前の国家元首は国家平和発展評議会 (SPDC) 議長だった。国家平和発展評議会は、1988年9月18日のクーデターにより国家権力を掌握した軍事政権が創設した国家法秩序回復評議会 (SLORC) を、1997年11月15日に改名した組織である。立法権と行政権を行使。首相は評議会メンバーの1人であったが行政府の長ではなかった。同評議会は2011年3月に解散した。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • 愛新覚羅溥儀

    愛新覚羅溥儀から見たクーデタークーデター

    1924年:クーデターにより紫禁城から退去。ジョンストンが帝師を退任愛新覚羅溥儀 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史の終わり

    歴史の終わりから見たクーデタークーデター

    「歴史の終わり」とは、国際社会において民主主義と自由経済が最終的に勝利し、それ以上の社会制度の発展が終結し、社会の平和と自由と安定を無期限に維持するという、将来における仮説である。民主政治が政治体制の最終形態であり、安定した政治体制が構築されるため、政治体制を破壊するような戦争やクーデターのような歴史的大事件はもはや生じなくなる。それ故に、この時代を「歴史の終わり」とよぶ。歴史の終わり フレッシュアイペディアより)

  • 赤道ギニア

    赤道ギニアから見たクーデタークーデター

    1979年8月マシアスの甥のテオドロ・オビアン・ンゲマ(以下ンゲマ)がクーデター、マシアスを処刑して大統領に就任、軍事政権を敷いた。1982年に民政移管などを定めた新憲法を採択したが、クーデター未遂がたびたび発生。1987年、ンゲマの一党独裁の政権党として赤道ギニア民主党(以下PDGE)結成。1989年ンゲマが3選。赤道ギニア フレッシュアイペディアより)

  • 本能寺の変

    本能寺の変から見たクーデタークーデター

    本能寺の変(ほんのうじのへん)は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、織田信長の家臣明智光秀が謀反を起こし、京都・本能寺に宿泊していた主君信長と後継者の信忠を襲い、自殺させたクーデターのことである。暗殺事件との解釈もなされる。本能寺の変 フレッシュアイペディアより)

  • ノロドム・シハヌーク

    ノロドム・シハヌークから見たクーデタークーデター

    ベトナム戦争中の1970年3月、首相兼国防相のロン・ノル将軍と副首相シリク・マタク(シハヌークの従兄弟)などが率いる反乱軍が軍事クーデターを決行、議会は外遊中のシハヌーク国家元首の解任、王制廃止と共和制施行を議決し、国名は「クメール共和国」と改められ、ロン・ノルが大統領に就任した。ノロドム・シハヌーク フレッシュアイペディアより)

  • ブルンジ

    ブルンジから見たクーデタークーデター

    1987年9月に、国軍による無血クーデターでツチのピエール・ブヨヤ政権が誕生。民族融和を推進するが、民族間の抗争を止めることはできなかった(:en:Burundian Genocide)。ブヨヤ政権は事態を収めるため、フツから首相を指名する他、複数政党制を導入し、1993年6月には複数政党制で選挙を行った。ブルンジ フレッシュアイペディアより)

  • エジプトの国旗

    エジプトの国旗から見たクーデタークーデター

    赤い色は、青年将校たちがクーデターでエジプト王ファールーク1世を追放し王制を倒した1952年のエジプト革命以前の時代を表す。この時代は英国支配や王の専制支配との戦いの時期とされる。エジプトの国旗 フレッシュアイペディアより)

  • 国家緊急権

    国家緊急権から見たクーデタークーデター

    憲法の枠組みでは対応できない非常時が起こり憲法の停止・制限の必要がある事態を想定した場合、憲法の下位の法律・命令で憲法を停止・制限することは法理論的にできない。このため、憲法の停止・制限を可能とする国家緊急権は「『法律・命令』で規定する権利」ではなく、「国家が本来的に持つ、憲法の枠組みを超えた権能」と考えるべきである(超法規的憲法保障)。しかし、「憲法の枠組みを超えた権能」の概念は憲法の否定につながりかねないため、国家緊急権の概念を認めない立場もあり、国家緊急権の概念を認めるにしてもその議論・行使は慎重になされるべきである。特に、クーデターで成立した政権が自己を正当化するための理論として利用しかねない概念であり、憲法を尊重する立場からは国家緊急権の概念を認めることに否定的である。国家緊急権 フレッシュアイペディアより)

1511件中 71 - 80件表示

「クーデター」のニューストピックワード

  • カマル・ジャビド・バジュワ

  • 中東で何が起きているか、エジプトで何が起きているか、深い理解を示してきたのが実はトランプ氏だ

  • エルドアン大統領