1511件中 81 - 90件表示
  • パーヴェル1世

    パーヴェル1世から見たクーデタークーデター

    母エカチェリーナ2世の崩御を受けてロシア皇帝に即位する。母帝との確執からエカチェリーナの政治を全否定する政治路線を採り、次第に廷臣の離反を生み、ついには1801年3月23日クーデターによって暗殺された。パーヴェル1世 フレッシュアイペディアより)

  • パルヴェーズ・ムシャラフ

    パルヴェーズ・ムシャラフから見たクーデタークーデター

    パルヴェーズ・ムシャラフ(、、1943年8月11日 - )は、パキスタンの軍人、政治家。パキスタン陸軍参謀総長・兼・統合参謀本部議長に在任中の1999年10月、時の首相だったナワーズ・シャリーフとの確執からクーデターを敢行し、行政長官(Chief Executive、最高行政官、首相に相当)として最高権力者となった(2001年までタラル大統領が国家元首として続投)。その後、パキスタンの大統領に就任した (2001年6月20日 - 2008年8月18日)。大統領に就任するまでは、軍事政権の最高意思決定機関である国家安全保障会議の議長も兼ねていた。「パルヴェーズ・ムシャッラフ」と表記されることもある。パルヴェーズ・ムシャラフ フレッシュアイペディアより)

  • 有閑倶楽部

    有閑倶楽部から見たクーデタークーデター

    キール王国の王子が日本に留学してくる。母国ではクーデターの恐れがある為である。玉の輿を狙った可憐が王子に猛烈アプローチするが…。有閑倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 反米

    反米から見たクーデタークーデター

    冷戦時代における中南米諸国への軍事クーデターの支援など、反共主義的な独裁者・軍事政権に対する支援。反米 フレッシュアイペディアより)

  • スペインの歴史

    スペインの歴史から見たクーデタークーデター

    1981年 - 2月、軍事クーデター未遂事件「23-F」発生。スペインの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ホイッグ党 (リベリア)

    ホイッグ党 (リベリア)から見たクーデタークーデター

    リベリアホイッグ党、真実のホイッグ党または真正ホイッグ党 (Liberian Whig Party or True Whig Party) は、リベリアの政党である。1878年から1980年のクーデターまでの100年以上の間、同国の唯一の合法的政党だった。そのイデオロギーはアメリカホイッグ党の大きな影響を受けていた。ホイッグ党 (リベリア) フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ノル

    ロン・ノルから見たクーデタークーデター

    そして、1970年3月18日に癌治療でモスクワと北京へ訪れているノロドム・シハヌーク国家元首の政権をクーデターで倒した。国会にシハヌークの退位を決議させると、フランスに滞在していたシハヌークの従兄弟であるシリク・マタク親王を呼び寄せて首相の座に就けた。ロン・ノル フレッシュアイペディアより)

  • クメール・ルージュ

    クメール・ルージュから見たクーデタークーデター

    1970年、アメリカに支持されたロン・ノルのクーデターで王政が廃位された直後、アメリカ軍と南ベトナム軍がホーチミンルートの南ベトナム解放民族戦線を追撃するためカンボジア領内に侵攻。さらにこれまで局地的であった米軍の空爆は人口密集地域を含むカンボジア全域に拡大され、空爆開始からわずか一年半の間に200万人が国内難民化した。とくに東部は人口が集中する都市部なども重点的に爆撃を受けた。この事態を受けてシハヌークは亡命先の北京でカンプチア民族統一戦線を結成、反米・反ロン・ノル諸派の共闘を呼びかける。1970年3月末にはコンポンチャムでシハヌークを支持する暴動が起きたが、武力鎮圧された。当時の州知事によればこの地域だけで2?3万人の農民が共産主義の影響を受けていた。その他タケオ・スヴァイリエン、カンダルなど諸州の州都で同様の蜂起が起こるも、武力で鎮圧された。クメール・ルージュ フレッシュアイペディアより)

  • マケドニア白騎士団

    マケドニア白騎士団から見たクーデタークーデター

    暗黒戦争の終結後は、マケドニアの復興に全力を挙げるが『紋章』第2部・英雄戦争編ではクーデターに遭い瀕死の重傷を負わされて幽閉される。後に、一時は死んだかと思われていたミシェイルの手で救出され、カダイン地方の村においてマルス軍と合流する。マケドニア白騎士団 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・フォーサイス

    フレデリック・フォーサイスから見たクーデタークーデター

    フォーサイスを語る上で欠かせない逸話として、赤道ギニアのクーデター支援がある。『ジャッカルの日』の印税により、ナイジェリアでの独立戦争に敗れ祖国を失ったビアフラ人のために傭兵部隊を雇い、赤道ギニア共和国に対しクーデターによる政権転覆を1972年に図った。しかし、計画は船への武器積み込み予定地であるスペインで、事前に買収していたスペイン国防省の役人の裏切りにより、傭兵隊長がスペインで身柄を拘束され頓挫した。この実話を下地にして、執筆されたのが第3作にあたる『戦争の犬たち』で、この物語では作戦は成功している。後年、アカデミー賞俳優のクリストファー・ウォーケン主演で映画化された。ただし『朝日新聞』の取材には、作戦会議を取材させてもらっただけで、傭兵達が自分を首謀者だと思い込んだのだと、計画への関与を否定している(「AK-47 カラシニコフ」より)。フレデリック・フォーサイス フレッシュアイペディアより)

1511件中 81 - 90件表示

「クーデター」のニューストピックワード

  • カマル・ジャビド・バジュワ

  • 中東で何が起きているか、エジプトで何が起きているか、深い理解を示してきたのが実はトランプ氏だ

  • エルドアン大統領