59件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国の海外領土

    アメリカ合衆国の海外領土から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1903年:パナマとのパナマ運河条約により、パナマ運河の租借権を獲得し、パナマ運河地帯として領有。キューバのグアンタナモ湾(グァンタナモ米軍基地)とオンダ湾は租借で領有及びピノス島も領有。アメリカ合衆国の海外領土 フレッシュアイペディアより)

  • トム・ハーキン

    トム・ハーキンから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    ハーキンはアイオワ州カミングで生まれた。父親は炭鉱夫で、母親はスロベニア系で彼が10歳の時に亡くなった。1962年にアイオワ州立大学を卒業した後、1962年から1967年まで海軍に所属した。その間に日本の厚木基地やグァンタナモ米軍基地に配属された。その後、1972年には法務博士号を取得している。トム・ハーキン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸諸国の独立年表

    アメリカ大陸諸国の独立年表から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    キューバは1959年にキューバ革命が起こりアメリカの傀儡政権が打倒された。冷戦の影響を受け、1962年にはキューバ危機が起こった。アメリカは依然としてグアンタナモに基地を維持している。アメリカ大陸諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • 無人地帯

    無人地帯から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    グァンタナモ米軍基地は「サボテンのカーテン」という無人地帯でキューバ本土と隔てられている。1961年、キューバは軍を動員して基地北東のフェンス沿いにオプンティア種のサボテンを植え、人民の亡命を阻止しようとした。これはヨーロッパの鉄のカーテンや東アジアの竹のカーテンになぞらえ「サボテンのカーテン」とあだ名された。さらに、米軍とキューバ軍は無人地帯に5万5000個の地雷を敷設し、世界第二(西半球では最大)の地雷原を生み出した。ビル・クリントン大統領は1996年に地雷の除去を命じたが、その代わり遠隔監視機能や音センサー付きの高性能地雷が新たに埋められた。一方、キューバ政府は国境側の地雷除去に応じていない。無人地帯 フレッシュアイペディアより)

  • ナヴァッサ島

    ナヴァッサ島から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    行政としては1903年から1917年の間、ナヴァッサ島はグァンタナモ米軍基地の一部としてアメリカ海軍の管轄下に置かれていたが、1917年よりアメリカ沿岸警備隊の管轄下となり、1996年からはアメリカ合衆国内務省の管轄下となった。1996年8月には沿岸警備隊はナヴァッサ島灯台を廃止した。内務省は合衆国領有小離島のひとつとして分類した。さらに1999年よりアメリカ合衆国魚類野生生物局の管轄に移譲され、国指定野生保護区(National Wildlife Refuge)に指定された。但し政治及び法務的には内務省島嶼局が引き続き管轄している。一般人のナヴァッサ島への上陸は危険とされ、プエルトリコのボケロン(Boquerón)にある魚類野生生物局事務所に上陸許可を得る必要がある。その後アマチュア無線愛好家の立ち入りは許可が下りていない。ナヴァッサ島 フレッシュアイペディアより)

  • コンフォート (T-AH-20)

    コンフォート (T-AH-20)から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1994年9月2日にコンフォートは再び先例のない配備を命じられる。35,000にも及ぶキューバ、ハイチ難民を支援するグァンタナモ米軍基地に250床の医療用ベッドを提供した。コンフォートは566名の特別メンバーを乗艦させボルティモアを出航し、アメリカ合衆国とハイチとの間に結ばれた特別協定に従ってポルトープランスの沖合に停泊し、負傷者を受け入れできる位置を取った。1994年9月16日から10月2日までコンフォートはアメリカ軍および国連部隊に対する内科・外科的治療を支援し、負傷したハイチ市民への人道的処置と、現地の医療機関システムを回復する努力に対して援助を行った。艦は1994年10月14日にボルティモアへ帰港した。コンフォート (T-AH-20) フレッシュアイペディアより)

  • 第65回アカデミー賞

    第65回アカデミー賞から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    目立った出来事としては、編集賞のプレゼンターとして登場したティム・ロビンスとスーザン・サランドンが、フロリダに難民として入ろうとした200名のハイチ人HIV患者をアメリカ政府は受け入れず、グァンタナモ米軍基地に監禁していると批判し、物議を醸した。第65回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人権委員会

    国際連合人権委員会から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    2004年6月30日には、安全保障理事会において、ダルフール紛争に対するスーダンの改善がみられない場合には、何らかの制裁措置を発動するとの決議が提出され、13対0の賛成多数(中国とパキスタンは棄権)で議決された。朝鮮民主主義人民共和国を巡る問題、イラクのアブグレイブおよびキューバのグァンタナモ米軍基地におけるアメリカ軍の問題などに関しては、一部の構成国の反対によって合意に達することができない状態にあった。国際連合人権委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・A・モフェット

    ウィリアム・A・モフェットから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    アナポリス卒業後、モフェットは士官候補生となり、練習艦「」および防護巡洋艦「ボルチモア」 (USS Baltimore, C-3) に配属される。1892年に少尉に任官後も、受講時代を挟んで海上勤務が続いた。1898年、ハバナでの戦艦「メイン」 (USS Maine, ACR-1) の爆沈事件をきっかけに米西戦争が勃発する。モフェットは米西戦争にてスループ「」および、故郷の名前を冠した防護巡洋艦「チャールストン」 (USS Charleston, C-2) 乗り組みとなり、1898年5月1日のマニラ湾海戦と7月から8月にかけてのにも参加した。戦争終結後は「ボルチモア」に再び配属され、1912年に戦艦「アーカンソー」 (USS Arkansas, BB-33) の副長となるまで水上艦勤務の他にグァンタナモ基地司令、海軍大学校教官などを歴任した。ウィリアム・A・モフェット フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    オバマは就任して間もなく、グアンタナモ海岸勾留キャンプの閉鎖を発表し、キューバのラウル・カストロ大統領は米国政府にグアンタナモ海岸海軍基地全体を「解散」し、キューバに返還するよう圧力をかけ続けると語った。過激な彼の兄フィデルも新しい米国の大統領に対する寛容な態度をやめ、キューバへの基地の返還を要求した。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「グアンタナモ米軍基地」のニューストピックワード