59件中 21 - 30件表示
  • ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜

    ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜から見たグアンタナモ収容所グァンタナモ米軍基地

    物体A調査中の事故に際し、事故以前にキムに装置を使っていたことなどをヘンリーが突き止め彼女を怪しむようになるが、盗聴装置を仕込んだスタークから物体Aが枯渇したと聞かされるや街から姿を消す。国防総省に捕らえられ、グアンタナモ収容所に収監されていたがスタークが尋問のため身柄を引き取る。その後、ヘンリー、アリソン、スタークの亀裂に乗じて保身を図ろうとし、転送装置により脱走に成功する。ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1991-現在)

    アメリカ合衆国の歴史 (1991-現在)から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    オバマの政策は打ち続く地球規模の金融危機に対応しなければならず、また税制や外交政策の修正、キューバのグァンタナモ湾仮収容所での囚人拘禁の段階的縮小に取り組んだ。オバマはイラクからの米軍撤退期限を2011年に設定したが、アフガニスタンでは2009年前半に増派を行い、さらに要求されているので、戦争は拡大している。アメリカ合衆国の歴史 (1991-現在) フレッシュアイペディアより)

  • グアンタナモ

    グアンタナモから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1898年の米西戦争でアメリカ軍が占領し、その後アメリカの援助でスペインから独立したキューバ新政府が1903年2月23日に、グアンタナモ湾に位置するグァンタナモ基地の永久租借を認めたことにより、キューバ革命後に両国の国交が断絶して現在にいたるまでグァンタナモ米軍基地が置かれている。グアンタナモ フレッシュアイペディアより)

  • リンディ・イングランド

    リンディ・イングランドから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    アブグレイブに関連して、軍法会議にかけられた者の弁護側はイングランドと同様の主張をしている。アブグレイブと似たケースであるグァンタナモ米軍基地における囚人虐待においても、軍法会議にかけられた者の弁護側はリンディと同様の主張をしている。捕虜虐待は軍の方針や、軍上層部、軍、国家の問題であり、露見した虐待の下級関係者のみ裁かれるのはおかしいとの指摘がされている。国連拷問禁止委員会はアブグレイブやグァンタナモの虐待に関連して、アメリカ合衆国に勧告を出した。リンディ・イングランド フレッシュアイペディアより)

  • フランク=ヴァルター・シュタインマイアー

    フランク=ヴァルター・シュタインマイアーから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    一方でシュタインマイアーは首相府長官時代の行動を外相就任後に追及されている。ドイツは公式には2003年にアメリカが始めたイラク戦争に反対の姿勢を示していたものの、実際は戦争中もドイツの情報機関BNDの要員がバグダードに潜入してアメリカ軍に協力していたことが2005年になって知られるところとなった。もう一つはドイツに永住するトルコ人ムラット・クルナズが2001年にパキスタンでアメリカ軍に拘束され、その際ドイツ軍の特殊部隊KSKが拷問に協力し、その後グァンタナモ米軍基地に収容されたという情報を2002年にアメリカ側から受けながら、これを放置して拘束を長引かせたという疑惑である(釈放されたクルナズが2006年8月にドイツに帰国し告発)。これらの疑惑について当時の内閣の情報責任者であるシュタインマイアーが連邦議会の特別調査委員会の追及を受けたが、疑惑については決断を下しうる情報を得ていなかったと否定している。フランク=ヴァルター・シュタインマイアー フレッシュアイペディアより)

  • ドリュー・ブリーズ

    ドリュー・ブリーズから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    2009年6月終わりにグァンタナモ米軍基地を訪問した。帰国後グァンタナモの捕虜はアメリカ国内の刑務所よりも10倍丁重に扱われていると発言したドリュー・ブリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・D・バルクリー

    ジョン・D・バルクリーから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1960年代初頭、バルクリーはテネシー州クラークスビルの原子力関連施設を防衛する海兵隊の警戒心をチェックするため、隠密裏に施設に忍び込むという任務を行った。バルクリーは昔ほどのキレがなかったため、検知されないよう忍者調のスーツを着込み、暗くなってから施設に入り込んだ。囮としてと銀塗りしたPTボートを施設外に配置し、海兵隊はこれらに引付けられたおかげで任務は成功した。その後は、艇長として第二次世界大戦を戦ったジョン・F・ケネディ大統領によって少将に昇進し、1963年12月12日付でキューバのグァンタナモ基地司令官となる。グァンタナモでは淡水化装置の導入を進めた。そもそも、1961年のピッグス湾事件以来険悪になっていたキューバ領内の基地ゆえ、キューバ側は水の手を断つ妨害を試みており、実際に1964年2月6日に送水が断たれた。キューバ側はさらに、「アメリカ側が水を盗んでいる」と繰り返し宣伝放送を行っており、これに対してバルクリーは基地内の水道を自主的に破壊することに決め、公開の上破壊して「盗んでいる」という宣伝を沈黙させた。これが淡水化装置の導入の理由であり、装置は1966年7月26日に完成したが、バルクリーはその前の1966年6月14日付でグァンタナモの任から離れた。ジョン・D・バルクリー フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・コレマツ

    フレッド・コレマツから見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    晩年は、9.11以降アメリカで深刻化するアラブ系アメリカ人への差別や、グアンタナモ刑務所の不当性を訴え、ブッシュ政権との戦いに備えていたが、2005年3月30日にサンフランシスコ北部のマリン郡にある長女の自宅で死亡した。86歳没。フレッド・コレマツ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・ソラナ

    ハビエル・ソラナから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    2002年1月21日、ソラナはグァンタナモ米軍基地に収容されている犯罪者について、ジュネーヴ条約に基づいた扱いをするべきだと発言した。また欧州連合はイラク侵攻のような戦争は、これから先、交渉による努力で解決するべきだと表明した。また、ソラナは自分の職務でもっとも困難を感じたのは、欧州連合加盟国の中で国連安全保障理事会の常任理事国でもあるイギリスとフランスが、対イラクをめぐる方針でその路線が一致しなかったときだと述べている。ハビエル・ソラナ フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン独立運動

    東トルキスタン独立運動から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    中国政府は、中央アジア諸国の在外ウイグル人社会が、ウイグル民族運動の拠点となっていることを警戒し続けており、1996年には上海ファイブ、2001年には上海協力機構を設立し、国内のイスラム原理主義勢力の伸張を警戒するロシアや中央アジア諸国と共に、分離主義、イスラーム過激主義に対する国際協力の枠組みを構築した。また、2001年9月11日の米国での同時多発テロ事件以降、中国政府はブッシュ政権の唱える「対テロ戦争」への支持を表明し、ウイグル民族運動と新疆におけるテロを結びつけて、その脅威を強調している。米国のアフガニスタン侵攻では、アフガニスタンで拘束され、グァンタナモ米軍基地に収監されたウイグル人捕虜の中国への送還を米国に要請している。東トルキスタン独立運動 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「グアンタナモ米軍基地」のニューストピックワード