81件中 31 - 40件表示
  • アメリカ合衆国の歴史

    アメリカ合衆国の歴史から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1903年 - パナマよりパナマ運河地帯を、キューバよりグァンタナモ湾を永久租借アメリカ合衆国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • グレーブス・アースキン

    グレーブス・アースキンから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    帰国後、の教官を務めた後、指揮幕僚学校(Command and General Staff School)を卒業し、クアンティコの海兵隊学校にて教官として配属された。1935年1月から1937年5月まで中華民国・北平にある在中アメリカ大使館付き海兵分遣隊の一員として勤務。1937年6月から再び海兵隊学校に勤務。1940年、の監督将校(Executive Officer)としてクアンティコおよびグァンタナモ基地に勤務した。グレーブス・アースキン フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    オバマは就任して間もなく、グアンタナモ海岸勾留キャンプの閉鎖を発表し、キューバのラウル・カストロ大統領は米国政府にグアンタナモ海岸海軍基地全体を「解散」し、キューバに返還するよう圧力をかけ続けると語った。過激な彼の兄フィデルも新しい米国の大統領に対する寛容な態度をやめ、キューバへの基地の返還を要求した。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・テイラー (競泳選手)

    ジャック・テイラー (競泳選手)から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    オハイオ州アクロン生まれ。オハイオ州立大学のスポーツチーム・バッカイズの競泳・飛び込みチームに所属し、1950年から52年までNCAAの競技大会に出場した。その後はアメリカ海軍の航空隊に所属していたが、キューバのグァンタナモ米軍基地で航空母艦への着陸練習中に死亡した。このとき24歳であった。ジャック・テイラー (競泳選手) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ストランク

    マイケル・ストランクから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    入隊したストランクはサウスカロライナ州ので基礎訓練を行った後、1941年1月から3ヶ月間キューバのグアンタナモ基地に派遣された。帰国後はノースカロライナ州ので新兵の訓練指導にあたった。マイケル・ストランク フレッシュアイペディアより)

  • レボリューション (テレビドラマ)

    レボリューション (テレビドラマ)から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    アメリカ合衆国 (The United States of America) はブラックアウト後に崩壊したと思われていた。第1シーズンを通して、反乱分子たちのアメリカ合衆国再興への願いが描写されている。第1シーズンの最終シーンにおいて、旧合衆国政府の最後の大統領を含む一部の残存者たちが旧グァンタナモ米軍基地周辺を拠点・植民地 (United States Colony) にしていることが明かされた。第2シーズンの予告編にも登場している。レボリューション (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜

    ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜から見たグアンタナモ収容所グァンタナモ米軍基地

    物体A調査中の事故に際し、事故以前にキムに装置を使っていたことなどをヘンリーが突き止め彼女を怪しむようになるが、盗聴装置を仕込んだスタークから物体Aが枯渇したと聞かされるや、街から姿を消す。国防総省に捕らえられ、グアンタナモ収容所に収監されていたが、スタークが尋問のため身柄を引き取る。その後、ヘンリー、アリソン、スタークの亀裂に乗じて保身を図ろうとし、転送装置により脱走に成功する。ユーリカ 〜事件です!カーター保安官〜 フレッシュアイペディアより)

  • ボジンカ計画

    ボジンカ計画から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    ラムジ・ユセフは、1995年にパキスタンのイスラマバードのゲストハウスに潜伏しているところをアメリカとパキスタンの諜報機関(ISI)によって逮捕された。ハリド・シェイク・モハメドも、2003年にパキスタンのラーワルピンディーで、アメリカとパキスタンの諜報機関によって逮捕され、グァンタナモ米軍基地に移送された。世界貿易センター爆破事件、2002年のバリ島爆弾テロ事件、アメリカ同時多発テロ事件など一連のテロへの関与を認めている。ボジンカ計画 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄のカーテン

    鉄のカーテンから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    グァンタナモ米軍基地 - キューバ本土との境界線はサボテンのカーテンと呼ばれる西半球最大の地雷原である。鉄のカーテン フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン独立運動

    東トルキスタン独立運動から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    中国政府は、中央アジア諸国の在外ウイグル人社会が、ウイグル民族運動の拠点となっていることを警戒し続けており、1996年には上海ファイブ、2001年には上海協力機構を設立し、国内のイスラム原理主義勢力の伸張を警戒するロシアや中央アジア諸国と共に、分離主義、イスラーム過激主義に対する国際協力の枠組みを構築した。また、2001年9月11日の米国での同時多発テロ事件以降、中国政府はブッシュ政権の唱える「対テロ戦争」への支持を表明し、ウイグル民族運動と新疆におけるテロを結びつけて、その脅威を強調している。米国のアフガニスタン侵攻では、アフガニスタンで拘束され、グァンタナモ米軍基地に収監されたウイグル人捕虜の中国への送還を米国に要請している。東トルキスタン独立運動 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示