81件中 41 - 50件表示
  • 1903年の政治

    1903年の政治から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    2月16日 - 米キューバ協定成立。キューバは米の保護国となる。グアンタナモ基地、バイア・オンダ石炭補給廠を確保。1903年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • プエルトリコ独立党

    プエルトリコ独立党から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    アメリカ合衆国の自由連合州であるプエルトリコの、アメリカからの完全独立とビエケス島にあるアメリカ軍の訓練施設からのアメリカ軍の撤退と施設の返還を目指している。また、キューバにあるアメリカ軍のグアンタナモ基地の返還要求なども行っている。他にも、アメリカ軍の施設の撤退運動を行い投獄されたプエルトリコ人や、「アメリカに対する反逆の罪」により投獄された「政治犯」の解放運動に対する支援も行っている。プエルトリコ独立党 フレッシュアイペディアより)

  • フランク=ヴァルター・シュタインマイアー

    フランク=ヴァルター・シュタインマイアーから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    一方でシュタインマイアーは首相府長官時代の行動を外相就任後に追及されている。ドイツは公式には2003年にアメリカが始めたイラク戦争に反対の姿勢を示していたものの、実際は戦争中もドイツの情報機関BNDの要員がバグダードに潜入してアメリカ軍に協力していたことが2005年になって知られるところとなった。もう一つはドイツに永住するトルコ人ムラット・クルナズが2001年にパキスタンでアメリカ軍に拘束され、その際ドイツ軍の特殊部隊KSKが拷問に協力し、その後グァンタナモ米軍基地に収容されたという情報を2002年にアメリカ側から受けながら、これを放置して拘束を長引かせたという疑惑である(釈放されたクルナズが2006年8月にドイツに帰国し告発)。これらの疑惑について当時の内閣の情報責任者であるシュタインマイアーが連邦議会の特別調査委員会の追及を受けたが、疑惑については決断を下しうる情報を得ていなかったと否定している。フランク=ヴァルター・シュタインマイアー フレッシュアイペディアより)

  • トム・ハーキン

    トム・ハーキンから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    ハーキンはアイオワ州カミングで生まれた。父親は炭鉱夫、母親はスロベニア系で彼が10歳の時に亡くなった。1962年にアイオワ州立大学を卒業した後、1962年から1967年まで海軍に所属した。その間に日本の厚木基地やグァンタナモ米軍基地に配属された。その後、1972年には法務博士号を取得している。トム・ハーキン フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジョ・アガンベン

    ジョルジョ・アガンベンから見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    9・11以降の今日の米国の過剰なまでの帝国主義がもたらす例外状態においてこうした事態は非常に強められており、2001年にグアンタナモ米軍基地(グアンタナモ収容所)に収監されたタリバンの諸個人が米政府の権力によって基本的人権を認められず、自分が人間であることをすら忘れるような虐待・拷問が行われたことについてアガンベンは論じているのである。ジョルジョ・アガンベン フレッシュアイペディアより)

  • メタルギアソリッドV

    メタルギアソリッドVから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    キューバ米軍基地(ブラックサイト)に捕えられているパスとチコを救出する。ヘリでの帰還中に爆発と衝突に巻き込まれ重傷を負い、9年間昏睡する。これを切っ掛けに、彼が存在したという記録はMSFもろとも抹消された。メタルギアソリッドV フレッシュアイペディアより)

  • 拷問

    拷問から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    またアフガニスタン侵攻やイラク戦争における、中東系の人々への拷問も暴露され内外から批判され、イラク国内では反米テロリストを増やす要因ともなった。キューバにある米軍のグァンタナモ米軍基地ではアメリカの法律もキューバの法律も適用されず、テロリストと見なされた人が人権無視で拷問を受けているとされ、濡れ衣を着せられて収監されたパキスタン系イギリス人の青年3人の体験をもとに、映画『グアンタナモ、僕達が見た真実』が制作された。また先進国においても、数こそ少ないながら報告されている。拷問 フレッシュアイペディアより)

  • キューバの雪解け

    キューバの雪解けから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    ラウル・カストロはコスタリカで開かれたラテンアメリカ・カリブ諸国共同体(CELAC)の首脳会議に出席中の2015年1月28日に、経済制裁解除やグアンタナモ米軍基地の返還などの根本的な問題が解決しなければ、アメリカとの国交正常化は無理と語った。キューバの雪解け フレッシュアイペディアより)

  • 国際刑事裁判所

    国際刑事裁判所から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    :アメリカは、安全保障理事会で国際連合平和維持軍(PKO)の訴追免責を認める一連の決議(決議1422を2002年、決議1487を2003年)を採択している。2002年の決議は2003年に一度更新されたが、2004年はイラクにおけるアメリカ軍の捕虜の取り扱いが問題となり(→強制収容所、グァンタナモ米軍基地)、アメリカは決議更新の提案を断念、更新されなかった。国際刑事裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの人権と人権政策

    アメリカの人権と人権政策から見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    2006年6月、戦争捕虜の身分不詳状態での収監に違法判決。アメリカ最高裁判所はアメリカ政府がアフガニスタン、イラクにおける軍事作戦で身柄を拘束した捕虜をキューバのグアンタナモ米軍基地およびヨーロッパのアメリカ軍基地のどこかに所在する捕虜収容所に、合法性が不明で身分不詳の状態で拘束を続けていること、捕虜を軍事法廷で裁くことを、1949年のジュネーブ条約とアメリカ合衆国軍法が規定する被疑者・被告人に対する権利保護を満たしていないので違法であると判決した。アメリカの人権と人権政策 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示