81件中 51 - 60件表示
  • リバティーシティ

    リバティーシティから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    モデル都市はニューヨーク市ブロンクス。キャッチコピーは北のはずれ / Practically upstateなど。コーポラティブハウスなどがあり、5つの地域の中では一番面積が小さく、比較的穏やかな地域。ボーハンの通りの名前は有名な刑務所にちなんでいるものが多く、アルカトラズ・アベニュー、シンシン・アベニュー、サンクエンティン・アベニュー、グアンタナモ・アベニューなどがある。リバティーシティ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件陰謀説

    アメリカ同時多発テロ事件陰謀説から見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    犯行の声明や供述に対して疑問視する意見もある。ハイジャッカー容疑者19人のうち7人については、生存しているとの報道がある。また、ハイジャッカーの名前が搭乗者のリストに載っていないとされる。Khalid Sheikh Mohammedがグアンタナモ米軍基地の収容所で犯行を供述したとされるが、この際にはレポーターの同行も許されず、情報も限られていたとされる。アメリカ同時多発テロ事件陰謀説 フレッシュアイペディアより)

  • キューバの軍事

    キューバの軍事から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    陸軍は総員38,000人とほぼ同数の予備役を擁し、国土を三分割した地域軍の下で現役16個旅団と予備役14個旅団を有するとされる。装備はソビエト連邦製が多く、カリブ海諸国では最大規模であるが部品や燃料の不足でその運用能力には問題がある。また、陸軍には国境警備旅団がある。キューバは島国であるが、国内にアメリカ合衆国が租借しているグァンタナモ米軍基地があるためで、陸上の警備監視のみならず周辺水域の警備に必要な哨戒艇も有している。キューバの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • スキニー・パピー

    スキニー・パピーから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    近年、グァンタナモ米軍基地において、彼ら(及びメタリカやR.E.M.、エミネムなど)の楽曲を大音量で聴かせる拷問があった(基地で勤務していたファンからの報告による)として、アメリカ政府に対し66万6千ドル(いわゆる「獣の数字」に基づく)の賠償を訴えた。スキニー・パピー フレッシュアイペディアより)

  • 監禁

    監禁から見たグアンタナモ収容所グァンタナモ米軍基地

    米国のCIAは、イランやイラクの人々をグアンタナモ収容所において監禁し不法に残酷で非人道的な拷問を行っていた、という報告書が2014年に公表された。監禁 フレッシュアイペディアより)

  • アルジャジーラ

    アルジャジーラから見たグアンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    しかし、アメリカ軍はアルハジカメラマンを「敵性戦闘員」と見なして裁判に掛けることなく、キューバのグアンタナモにある米軍基地に設けられたグアンタナモ湾収容キャンプに拘束し続けた。アルハジの弁護士によれば、彼が拘束されている罪状は全くの口実で、取り調べの内容は、アルジャジーラとアルカーイダの結びつきについて自白させようとするものであり、またアルジャジーラの内情をスパイとして提供するなら釈放すると持ちかけられたという。2008年5月2日、ようやく釈放され、アルハジは出身国のスーダンに帰国した。アルジャジーラ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・ソラナ

    ハビエル・ソラナから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    2002年1月21日、ソラナはグァンタナモ米軍基地に収容されている犯罪者について、ジュネーヴ条約に基づいた扱いをするべきだと発言した。また欧州連合はイラク侵攻のような戦争は、これから先、交渉による努力で解決するべきだと表明した。また、ソラナは自分の職務でもっとも困難を感じたのは、欧州連合加盟国の中で国連安全保障理事会の常任理事国でもあるイギリスとフランスが、対イラクをめぐる方針でその路線が一致しなかったときだと述べている。ハビエル・ソラナ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ・ボス

    ビッグ・ボスから見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1975年3月16日。国境なき軍隊(MSF)は核兵器を保有する規模になったため、IAEA(国際原子力機関)から核査察要請を受けていた。同時期にMSFの情報を知るパス・オルテガが、非政府諜報機関サイファーに身柄を拘束されてキューバ米軍基地(ブラックサイト)で尋問を受けていることを知る。仲間のヒューイが独断で核査察を受けたため、ビッグ・ボスは副司令官のミラーに核査察の対応を任せ、単身でパスの救出に向かう。以前に1人でパスの救出に向ったことで捕まっていたチコも含めて2人を救出したが、マザーベースはIAEAに偽装した武装組織XOFに襲撃されていた。ビッグ・ボスはミラーを救出してヘリで逃走するが、パスの体内に仕掛けられた爆弾が爆発してヘリは墜落し、ここでビッグ・ボスの消息は途絶える。国境なき軍隊は壊滅し、カリブ海洋上に位置するマザーベースも破壊される。ビッグ・ボス フレッシュアイペディアより)

  • 2月23日

    2月23日から見たグァンタナモ米軍基地グァンタナモ米軍基地

    1903年 - キューバがアメリカ合衆国にグァンタナモ米軍基地の永久租借を承認。2月23日 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・スノーデン

    エドワード・スノーデンから見たグアンタナモ収容所グァンタナモ米軍基地

    2008年、オバマ政権が成立すると銃規制、差別是正措置、医療保険制度改革など、政府が民間に介入する所謂「大きな政府」を目指す政策が推進された。こうした路線は「社会主義」「全体主義」とアメリカ国内の右派から攻撃されたが、リバタリアンのスノーデンにとっても、当然ながら相容れない物だった。しかしネオコン派のブッシュ政権による思いやりのある保守主義(保守的な価値観に基づいた大きな政府を目指す路線)や、戦争の中で行われた人権侵害(グアンタナモ収容所における不法収容など)も、リバタリアンからすれば看過できない行為であった。これらが、民主党政権下で一掃される可能性の方を期待していたが、この期待もオバマ政権下でむしろ拡大の一途をたどるNSAの監視活動に関わるうちに、失望感に変わっていった。エドワード・スノーデン フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示