1 2 3 4 次へ
32件中 31 - 32件表示
  • グァンタナモ米軍基地

    グァンタナモ米軍基地から見た権利章典 (アメリカ)

    2003年のイラク戦争以来、収容者は増加しており、パキスタン系イギリス人やイラク系カナダ人(両者釈放済み)、イギリス人、オーストラリア人もテロ容疑者または関係者として収容されているが、これらの容疑者はテロリストと見なされれば裁判にかけられる事もなく逮捕・長期拘留されるようであり、“犯罪者”と“捕虜”の処遇を使い分ける米国連邦政府の都合で無期限に拘留されるので問題となっていた(捕虜であればジュネーヴ条約を適用する義務があるが犯罪者にその必要はなく、また当地はアメリカではないので合衆国憲法権利章典の効力は及ばない。しかしそもそも軍人ではない一般の犯罪者を軍施設に拘禁する事自体が違法である)。グァンタナモ米軍基地 フレッシュアイペディアより)

  • グァンタナモ米軍基地

    グァンタナモ米軍基地から見た対テロ戦争

    米軍としては容疑者の処罰より、「テロ組織壊滅」のための情報収集(自白・密告誘導など)を目的として拘留を行っている。2004年11月、米軍は同基地収容者に対して心理的、時に物理的な強制を加えており、拷問に等しいとする赤十字国際委員会の報告書がリーク、2006年5月にはアムネスティ・インターナショナルからも「世界の人権状況に関する年次報告書」によって、「対テロ戦争を口実にした収容所での人権侵害」と告発された。キューバ政府は同基地の返還を求めており、世界的にも閉鎖を求める声が高まりつつある。グァンタナモ米軍基地 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
32件中 31 - 32件表示