112件中 91 - 100件表示
  • 谷啓

    谷啓から見たグッチ裕三グッチ裕三

    2010年11月11日には関係者対象の「お別れの会」がザ・プリンスパークタワー東京で行われた。徳光和夫が司会を担当し、約800人が参列した。芸能人では西田敏行、松任谷正隆・由実夫妻、桜井センリ、青木さやか、アグネス・チャン、浅香光代、いしのようこ、内田裕也、加藤和也、上川隆也、加山雄三、グッチ裕三、小松政夫、小柳ルミ子、島崎俊郎、城田優、せんだみつお、高見恭子、地井武男、仲本工事、中山秀征、鳩山邦夫、ビビる大木、布施明、藤村俊二、松本明子、ミッキー・カーチス、三宅裕司、恵俊彰、モト冬樹、山田邦子、山田洋次、アンガールズ、ネプチューン、我が家らが参列しその死を悼んだ。参列者を代表して犬塚弘が来賓あいさつを行い、天を仰ぎながら「みんな! 俺と桜井(センリ)さん2人だけになったんだよ。あと2〜3年たったらみんなのところに行くから、(その時は)向こうでクレージーキャッツを再開しよう。みんな、待っててくれよ!」と呼びかけ、メンバー間の強い絆を印象付けた。谷啓 フレッシュアイペディアより)

  • ディスコ

    ディスコから見たグッチ裕三グッチ裕三

    日本では1960年代にオープンした渋谷の「クレイジースポット」や新宿の「ジ・アザー」が最初とする説もある。中川三郎ディスコティークは、1965年にオープンし、GSのテンプターズらがライブ演奏をおこなった.中川は、給料の安い若年層が来やすいように、値段が安くラフな服装でも訪れやすいようにしてダンスの普及をした。しかし一般的には1968年(昭和43年)に赤坂と歌舞伎町に出来た「ムゲン」(1968-1987)、そして赤坂の「ビブロス」がディスコの走りといわれている。ムゲンでは70年代半ばから、コンファンク・シャンがハウスバンドとして2年ほど演奏していた。エレキバンドが出す大音響の演奏にあわせて踊るゴーゴークラブやゴーゴー喫茶が流行しており、ゴーゴーガール目当てに通う者もいたが、それらの店とは一線を画して主に芸能人やモデル、富裕層や外人客(米兵を含め)を主な客層としたことで、一気に時代を先んじた存在になった。当時の「ムゲン」は、渋沢龍彦や三島由紀夫、三宅一生、加賀まりこ、沢田研二、安井かずみ、前野曜子、グッチ裕三などの時代の先端を行くそうそうたるメンバーで賑わっていたという。この頃は生バンドとレコードの両立だった。60年代のディスコはジェームス・ブラウンやテンプテーションズなど、本物のソウルをかけていた。1971年(昭和46年)六本木にオープンした「メビウス」が日本で最初にレコード演奏のみで営業した。これは生バンドの人件費を抑える為におこなった行為だったが、結果としては現在のディスコやクラブと同じくレコード演奏のみのスタイルとなっている。ディスコ フレッシュアイペディアより)

  • アナタの名字SHOW

    アナタの名字SHOWから見たグッチ裕三グッチ裕三

    「高田」:高田純次、高田延彦、グッチ裕三(本名:高田裕三)アナタの名字SHOW フレッシュアイペディアより)

  • トミカ

    トミカから見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三 - トミカ30周年イメージキャラクタートミカ フレッシュアイペディアより)

  • みのもんたのウィークエンドをつかまえろ

    みのもんたのウィークエンドをつかまえろから見たグッチ裕三グッチ裕三

    原則生放送であったが、みのが生放送のテレビ番組で休暇を取る場合、本番組では事前に収録したものを放送していた。そのため「文化放送ニュース」で伝えられるニュースにおいて、大抵はみのがコメントを挟むが、収録ではそのようなことがなく、その部分において、生放送ないし収録が聴き分けられた。2006年1月7日・1月14日の放送は、みのが脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の入院・手術のため、みのの後輩で、同局出身の梶原しげるが代役を務めた。2012年5月26日放送分はグッチ裕三が代役を務め、「東京スカイツリータウンスタジオ」から放送された。みのもんたのウィークエンドをつかまえろ フレッシュアイペディアより)

  • 長野都市ガス

    長野都市ガスから見たグッチ裕三グッチ裕三

    CM - グッチ裕三が出演するエコジョーズや、エコウィル、ピピットコンロのCMや、中嶋朋子が出演するCM等がある。長野都市ガス フレッシュアイペディアより)

  • 日本ガス協会

    日本ガス協会から見たグッチ裕三グッチ裕三

    各番組ともネットの各局ごとにその地域で比較的規模の大きいガス事業者のCM、および各都道府県にある都市ガス協会のCMが流れる。BS11では全国向けのCMを放送しており、全国向けのCMにはグッチ裕三を起用している。在阪局制作番組を提供することが多いため、CMを被せるタイミングによっては前後で大阪ガスのCMが一瞬映ることもある。日本ガス協会 フレッシュアイペディアより)

  • 栗田貫一

    栗田貫一から見たグッチ裕三グッチ裕三

    1987年12月1日に放送された「第1弾オールスターものまね王座決定戦チャンピオン大会」では清水アキラ、コロッケ、ビジーフォーなどのものまね界の強豪を抑えて初優勝を果たした。その後清水アキラ、コロッケ、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)と並び「ものまね四天王」と称される。尚、2013年にものまね界を引退した清水アキラを除き、2016年現在、自身がレギュラー出演しているフジテレビ『ものまね王座決定戦』『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』では、最もキャリアが長く出演回数が多いものまねタレントである。栗田貫一 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のプレイリスト

    夜のプレイリストから見たグッチ裕三グッチ裕三

    4月11日 - 4月15日 グッチ裕三夜のプレイリスト フレッシュアイペディアより)

  • GANTZ

    GANTZから見たグッチ裕三グッチ裕三

    田中星児に似た人型の外装を着ている鳥型の星人。板橋区のボロアパートを借り切って生活していた。主食はチョコレート。外装は生命維持のためのものであり、これが無いと呼吸ができない。外装はメンバーのコントローラーによるステルス機能を看破する特性も有している他、表情も変わる。口から強力な超音波を発声する事でガンツメンバーのコントローラー等の精密機器を破壊することも可能。物理的にもかなりの破壊力を持っており、数回直撃するとスーツも壊れてしまうほど。「裕三君?」「かんたろ――っ はい!! 一緒に!!」「さわやかな…」「スイカの名産地?」など、田中星児に因んだ言葉を何の脈絡も無く発し、何も返事をしないと怒りだす。また、キョロちゃんに似た自身の幼鳥を連れている。GANTZ フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「グッチ裕三」のニューストピックワード