2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示
  • ディスコ

    ディスコから見たグッチ裕三グッチ裕三

    日本では1960年代にオープンした渋谷の「クレイジースポット」や新宿の「ジ・アザー」が最初とする説がある。しかし一般的には1968年(昭和43年)に赤坂と歌舞伎町に出来た「ムゲン」、そして赤坂の「ビブロス」がディスコの走りといわれている。エレキバンドが出す大音響の演奏にあわせて踊るゴーゴークラブやゴーゴー喫茶が流行しており、ゴーゴーガール目当てに通う者もいたが、それらの店とは一線を画して主に芸能人やモデル、富裕層や外人客(米兵を含め)を主な客層としたことで、一気に時代を先んじた存在に上りつめた。当時の「ムゲン」は、渋沢龍彦や三島由紀夫、三宅一生、加賀まりこ、沢田研二、安井かずみ、前野曜子、グッチ裕三などの時代の先端を行くそうそうたるメンバーで賑わっていたという。この頃は生バンドとレコードの両立だったのが、1971年(昭和46年)六本木にオープンした「メビウス」が日本で最初にレコード演奏のみで営業した。これは生バンドの人件費を抑える為におこなった行為だったが、結果としては現在のディスコやクラブと同じくレコード演奏のみのスタイルとなっている。ディスコ フレッシュアイペディアより)

  • コロッケ

    コロッケ (タレント)から見たグッチ裕三グッチ裕三

    しかし、当時『ものまね王座決定戦』のプロデューサーであった木村忠寛との対立や事務所独立を巡る軋轢等から(1992年3月31日放送の第11回爆笑!スターものまね王座決定戦スペシャルが最後の番組出演)、1993年より日本テレビ『史上最高そっくり大賞』(後の『ものまねバトル』)』に移ることとなった。同じく『ものまね王座決定戦』のレギュラー出演者であった岩本恭生(現:岩本恭省)や篠塚満由美、さらに司会の研ナオコまでも日本テレビに移動したのはこの時の騒動のためである(これにより『ものまね王座決定戦』は勢いを失うことになり、『ものまねバトル』に視聴率争いで敗れ、打ち切りとなった)。グッチ裕三は、コロッケがフジに出なくなった理由を尋ねられると、「言えねー!」とコメントしていた。ただし、その後も映像はフジテレビで使われており、且つ2010年頃から『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に頻繁に出演し、そこでモノマネを披露することが多かった。同年6月14日放送分では、芸能生活30周年と題して、松山千春の「長い夜」を往年のパフォーマンスを交えながら熱唱した。また対立していた木村とは、『ものまね四天王 オリジナルムービー ひょうたん』の特典映像で四天王とともに共演している。コロッケ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • スッキリ!!

    スッキリ!!から見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三のとなりのマンマミーア(火、2006年9月5日 - 2008年9月30日)スッキリ!! フレッシュアイペディアより)

  • おはよう忍者隊ガッチャマン

    おはよう忍者隊ガッチャマンから見たグッチ裕三グッチ裕三

    正義の組織。本家では『科学忍者隊』が本来の組織名だが、本作では『ガッチャマン』の名も付けられている。変身後の姿でいることが多いが、プライベートの際は私服で過ごすこともある。口上は「実体を見せずに忍び寄る白い影ガッチャマン」(発案者はケンらしい)だがカッツェに白いのはケンだけだと指摘された。国際的な組織のはずなのだが、警察官に事情を説明しても学生の卒業制作と思い込まれる程度の認知度しかない他、ハロウィーン当日に六本木に出動した際には、六本木を襲撃していたカッツエ共々外国人に変装呼ばわりされた。国際科学技術庁との連携ミスで六本木にあるグッチ裕三の店に来ていたギャラクターを取り逃し、さいたまスーパーアリーナで行われたレディー・ガガワールドツアーの警備をしようとしたところ、ジョーらが「グッズがほしい」などとケンと押し問答した結果、ギャラクターに先回りされるなどの失敗を犯したこともある。また、黒電話のホットラインを設置して市民からの家事の代行やスズメバチ駆除などの依頼を受け付けているが、「公金の無駄」や「対ギャラクター対策予算を削減しろ」といった批判的な意見も寄せされることもある。全員スマートフォンを所持している。5人の必殺技は竜巻ファイター。おはよう忍者隊ガッチャマン フレッシュアイペディアより)

  • まちゃまちゃ

    まちゃまちゃから見たグッチ裕三グッチ裕三

    THE 料理王(2010年2月2日)では予選トップで通過し、本戦準決勝ではトップ通過したが、決勝で優勝を逃した(初代優勝者はグッチ裕三)。まちゃまちゃ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見たグッチ裕三グッチ裕三

    勇気と元気 つながろうジャパン!スペシャル第二部 『東日本大震災から1年 今日から明日へできること』(文化放送、13:00。P:グッチ裕三、野村邦丸、出演:熊谷育美、石森則和他)2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 東日本放送

    東日本放送から見たグッチ裕三グッチ裕三

    ママドル&グッチ裕三(秘)おしゃべりグルメ旅〜救世主発見!?食材絶滅の危機を救え!〜(2009年2月)東日本放送 フレッシュアイペディアより)

  • 夜も一生けんめい。

    夜も一生けんめい。から見たグッチ裕三グッチ裕三

    ビジーフォー・スペシャル(グッチ裕三、モト冬樹、ウーロン茶、エデン東、紅一点)(コーラス、バックバンド)夜も一生けんめい。 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のラジオ (日本)

    2009年のラジオ (日本)から見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三 火の玉コック!(土曜日17:15)開始2009年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • たけし・所のドラキュラが狙ってる

    たけし・所のドラキュラが狙ってるから見たグッチ裕三グッチ裕三

    ○○はスキだが、グッチは嫌いだ(モト冬樹)たけし・所のドラキュラが狙ってる フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示

「グッチ裕三」のニューストピックワード

  • 梅沢富美男のズバッと聞きます!

  • ものまね王座決定戦(ものまね王座)

  • 噴火活動は次第に低下しているが、地震活動は噴火前より高く、噴火を繰り返す可能性がある