102件中 31 - 40件表示
  • きよしとこの夜

    きよしとこの夜から見たグッチ裕三グッチ裕三

    2005年1月7日にパイロット版が放送された。2005年度は「月曜劇場」のテレビ番組枠で放送された。番組はグッチ裕三が大家を勤めるアパートを舞台に各界の著名人・芸能人を多数ゲストとして招き歌、コント、トークを展開する内容となっている。また歌謡曲界の大御所である美川憲一、瀬川瑛子がカラスのキャラクター(前者が「おだまり」、後者が「モ〜オ」)の声優をしているのも話題となった。6月13日、ゲストに上沼恵美子が来た時、彼女がファンだという石澤典夫アナが出演した。さらに氷川の隣人として徳田章アナも出演していた。きよしとこの夜 フレッシュアイペディアより)

  • 素敵な宇宙船地球号

    素敵な宇宙船地球号から見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三 (2006年4月23日 - 4月30日)素敵な宇宙船地球号 フレッシュアイペディアより)

  • 石井麻由子

    石井麻由子から見たグッチ裕三グッチ裕三

    極める!「グッチ裕三のお米学」 語り手石井麻由子 フレッシュアイペディアより)

  • パイノパイノパイ

    パイノパイノパイから見たグッチ裕三グッチ裕三

    平成7年(1995年)にリリースされ大ヒット曲となった岡本真夜の『TOMORROW』はメロディーラインが本曲に似ていたことから(偶然か意図的かは不明だが)ほぼ同時期にNHKテレビの『ライバル日本史』で本曲及び添田がとりあげられたことがあったが(その際、『TOMORROW』がネタ振りとして使われた)、そのおかげで本曲が平成の世に再評価されるという結果になった。ちなみに同時期に放送された日本テレビの『THE夜もヒッパレ』では、『TOMORROW』の曲調にアレンジされた本曲をなぎらとグッチ裕三が歌っている。パイノパイノパイ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンキードゥードゥル

    ヤンキードゥードゥルから見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三とグッチーズ」の歌唱・演奏で、「ハイウェイ・スター」のリズムに乗せた「アルプス一万尺?ハイウェイ・スター」という作品があり、CDアルバム『ハッチポッチステーション?ベスト・オブ・江戸川サリバンショー?』に収録されている。ヤンキードゥードゥル フレッシュアイペディアより)

  • 田中星児

    田中星児から見たグッチ裕三グッチ裕三

    田中 星児(たなか せいじ、1947年8月27日 - )は、奈良県御所市出身の歌手。独身であり、本人はその理由を「『ビューティフル・サンデー』と結婚しました」と語っている。歌手のグッチ裕三は従兄弟である。田中星児 フレッシュアイペディアより)

  • タモリのネタでNIGHTフィーバー!

    タモリのネタでNIGHTフィーバー!から見たグッチ裕三グッチ裕三

    松鶴家千とせの「俺が昔...ネタ」が好評だったため、『俺が?だったころ、弟は●●だった』をヒントに、親父とお袋をあてるクイズコーナー。グッチ裕三などが出題していた頃もあった。タモリのネタでNIGHTフィーバー! フレッシュアイペディアより)

  • 城咲 仁

    城咲仁から見たグッチ裕三グッチ裕三

    2010年11月放送の日本テレビ「THE料理王2」に出演した際、持ち前の料理の腕前で決勝まで進出し、暫定料理王であったグッチ裕三を追い詰める活躍を見せ、準優勝を果たしている。城咲仁 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングおー!おー!

    ヤングおー!おー!から見たグッチ裕三グッチ裕三

    ヒップアップ(島崎俊郎・川上泰生・小林進)、コント赤信号(渡辺正行・小宮孝泰・石井章雄)、ゆーとぴあ(城後光義・帆足新一)、とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)、ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹・ウガンダ・トラ・島田与作)、ポップコーン正一・正二ほかヤングおー!おー! フレッシュアイペディアより)

  • 夕焼小焼

    夕焼小焼から見たグッチ裕三グッチ裕三

    1990年代を代表する音楽バラエティ番組、日本テレビ「夜も一生けんめい。→THE夜もヒッパレ」の改編期及び年末特番「芸能人ザッツ宴会テイメント」の番組エンディングでは、グッチ裕三のリードボーカルによる「グッドナイト・ベイビー」(オリジナルはザ・キングトーンズ)が、後半部を「夕焼小焼」とコラボレーションさせて歌われていた(年末の場合は「お正月」とコラボさせていたこともあった)。夕焼小焼 フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「グッチ裕三」のニューストピックワード