102件中 61 - 70件表示
  • 華麗にAh!so

    華麗にAh!soから見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三(当時は冬樹と一緒に出ていた)華麗にAh!so フレッシュアイペディアより)

  • ハチナビプラス

    ハチナビプラスから見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三(帯企画:福岡うまいぞぉ!)ハチナビプラス フレッシュアイペディアより)

  • 中島誠之助

    中島誠之助から見たグッチ裕三グッチ裕三

    グッチ裕三がハッチポッチステーションの中で、中島をパロディ化したキャラクター「高島裕之助」を演じている。中島誠之助 フレッシュアイペディアより)

  • ものまね珍坊

    ものまね珍坊から見たグッチ裕三グッチ裕三

    ビジーフォースペシャル(グッチ裕三、モト冬樹、紅一点ほか)ものまね珍坊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たグッチ裕三グッチ裕三

    12月31日 『第56回NHK紅白歌合戦』にゴリ(ガレッジセール)が「ゴリエ」名義で紅組から初出場、曲は「Pecori ? Night」。ゲスト審査員に九代目林家正蔵、応援ゲストとしてまちゃまちゃ、安田大サーカス、グッチ裕三、南海キャンディーズ、ヒロシ、アンジャッシュ、アンガールズなどが出演。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 大改造!!劇的ビフォーアフター

    大改造!!劇的ビフォーアフターから見たグッチ裕三グッチ裕三

    第6回 - 2008年3月30日放送(18:56 - 20:54)。「家族で食卓を囲めない家」と題し、段差が多く部屋が細切れの家をリフォーム。ゲストパネラーはグッチ裕三、堀ちえみ、須藤元気、新山千春。この回よりロケ部分もハイビジョン撮影となる。大改造!!劇的ビフォーアフター フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たグッチ裕三グッチ裕三

    子供番組で熱唱している、グッチ裕三の肩の動き博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 木村忠寛

    木村忠寛から見たグッチ裕三グッチ裕三

    こうした一切の妥協を許さない厳格な演出姿勢が影響したせいか、四天王の一人・コロッケと対立し彼は1992年に降板する。その後、コロッケ以外のタレント(岩本恭生・篠塚満由美・研ナオコなど)も日本テレビ主催のものまね番組をはじめとする他局へ流出する騒動となった。また、グッチ裕三や布施辰徳など、流出まではいかないが木村の逆鱗に触れ、「出場見合わせ」扱いとなったタレントもいた。木村忠寛 フレッシュアイペディアより)

  • 今夜はビート・イット

    今夜はビート・イットから見たグッチ裕三グッチ裕三

    日本では、NHKのテレビ番組『ハッチポッチステーション』内コーナー「What's Entertainment?」に於いて、グッチ裕三が「マイケル・ハクション」として、この曲とミュージック・ビデオのパロディで「やぎさんゆうびん」を歌った。今夜はビート・イット フレッシュアイペディアより)

  • ハッチポッチステーション

    ハッチポッチステーションから見たグッチ裕三グッチ裕三

    元々は1995年からBS2で放送されていた『にこにこぷんがやってきた!』の後半13分のパペットショーコーナー『リッチポップステーション』としてスタートした。当時は関根勤が出演しており、回によってはゲストを迎えることもあった。これが好評だったために新たに独立した番組となり、1996年4月1日から教育テレビでの放送が開始された。このときに出演者が関根勤からグッチ裕三に交代、グッチの芸風を交えた音楽バラエティ的な要素が強まった。番組の合間合間に繰り出されるギャグやパロディの中には、子供に理解できるとは考えにくい、明らかに親世代向けのものも時折混じっていたが、これによって子供と一緒に番組を見ている親たちにも好評を博し、教育テレビを代表する人気番組となった。NHKの海外向け放送を通じて、世界50か国で放送された。2003年、第11回スポニチ文化芸術大賞優秀賞受賞作品。ハッチポッチステーション フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「グッチ裕三」のニューストピックワード