61件中 11 - 20件表示
  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見た石橋貴明

    石橋貴明とは石橋が駆け出しのころからの親友である。グッチが最初の結婚をして間もない頃、まだ売れてなかった石橋が足しげくグッチ宅にあがりこんでは飲食するのを繰り返していたため、妻が「グッチと石橋は絶対ホモだ!」と仲人に泣きついてしまい、グッチは仲人にこっ酷く叱られ、これが原因でスピード離婚となった。しかしグッチと石橋はそれからも互いの離婚・再婚を経た今も、石橋の現在の妻・鈴木保奈美を交えて変わらぬ付き合いを続けているという。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見たエルヴィス・プレスリー

    ものまね全盛期の頃、エルヴィス・プレスリーのものまねをする際に、マイクを額にぶつけるという芸をよくやっていた。ひどい時には額から出血することもあった。この芸は当時、子供たちや多くの芸人に模倣された。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見た和田アキ子和田 アキ子

    ものまね全盛期の頃歌唱力の評価は高かったが、ものまね自体は、似てるか似てないかわからないネタ(古い洋楽など)が多かったり、誰のまねをしても同じ声(特にファルセットのアーティスト)だったりしたため、評価が分かれていた。和田アキ子がフジテレビの『ものまね珍坊』に出演した際には「ビジーフォーのはものまねじゃないでしょ」と突っ込まれていた。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見た日本テレビ放送網

    爽快情報バラエティー スッキリ!!・グッチ裕三のとなりのマンマミーア(NTVグッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見た鈴木保奈美

    石橋貴明とは石橋が駆け出しのころからの親友である。グッチが最初の結婚をして間もない頃、まだ売れてなかった石橋が足しげくグッチ宅にあがりこんでは飲食するのを繰り返していたため、妻が「グッチと石橋は絶対ホモだ!」と仲人に泣きついてしまい、グッチは仲人にこっ酷く叱られ、これが原因でスピード離婚となった。しかしグッチと石橋はそれからも互いの離婚・再婚を経た今も、石橋の現在の妻・鈴木保奈美を交えて変わらぬ付き合いを続けているという。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見たモト・グッツィ

    芸名の由来に関しては、「愚痴言うぞ」説、「モト冬樹と合わせて、イタリアのオートバイメーカーのモトグッチ」説などがあるが、ビジーフォーの本では「高級ブランドのイメージと似つかないため」と説明されている。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見たボーカル

    1978年にモト冬樹、ウガンダらとコミックバンドビジーフォーを結成。ボーカルを担当、美しいファルセットが大きな特徴である。同グループは、ものまねやコミックソングで人気を博す。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見たグッチ裕三とグッチーズ

    1980年、テレビ・デビュー。1983年から出演の『ものまね王座決定戦』では、最多の5回の優勝を果たす。1992年、グッチ裕三とグッチーズを結成し、独自にライブ活動を開始。抜群の歌唱力、幅広いレパートリー、卓越したユーモアのセンスを駆使したショーを展開。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見たウガンダ・トラ

    暁星高校卒業後、米軍キャンプやクラブ等で音楽活動を開始。ブルーエンジェル(モト冬樹、エド山口)、スリーチアーズ・アンド・コングラッツレイションズ(ウガンダ・トラ、宮本典子)など多くの人物といくつものバンドを組んで活動。当時は主にソウル・ミュージックを歌っていた。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

  • グッチ裕三

    グッチ裕三から見た田中星児

    東京都板橋区出身。暁星高校卒。血液型はA型。歌手の田中星児は従兄にあたる。グッチ裕三 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「グッチ裕三」のニューストピックワード