75件中 41 - 50件表示
  • グループ魂

    グループ魂から見たキューンミュージック

    2005年、結成10周年目にしてキューンレコードへ移籍。この年の年末には第56回NHK紅白歌合戦に出場。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見たミディ

    結成時のメンバーは暴動(宮藤官九郎)、破壊(阿部サダヲ)、バイト君(村杉蝉之介)の3名。当初はギターを使ってシャウトする漫談スタイルのコントグループとして活動しており、渋谷公園通り劇場、『笑点』などにも出演していた。1997年から、ギター、ベース、ドラムを加えたバンド編成になり、その後、幾度かのメンバーチェンジを経て、現在のメンバー編成に到る。2002年、アルバム『Run魂Run』でミディよりメジャーデビュー。その前に発表されたインディーズファーストアルバム『GROOPER』では、渡哲也の人工肛門を実名入りで茶化しているが、メンバーそれぞれが有名になってしまった現在、この作品は無きものとされている。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見た日本放送協会

    MUSIC JAPAN(NHK、2010年10月31日) 出演グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見た君にジュースを買ってあげる

    このパフォーマンスは第56回NHK紅白歌合戦出場時にも行われ、歌った曲『君にジュースを買ってあげる?』にも若干の改変が施されていた他、破壊が歌の途中でステージを飛び降り審査員だった琴欧州に対し質問をするという行動にも出た(君にジュースを買ってあげる?参考)。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見た日本武道館

    2011年、結成15周年記念全国ツアー「客VS俺!どっちがスケベか競争しようか15番勝負」のファイナルとして初の日本武道館公演を成功させた。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見た第56回NHK紅白歌合戦

    2005年、結成10周年目にしてキューンレコードへ移籍。この年の年末には第56回NHK紅白歌合戦に出場。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見たベース (弦楽器)

    小園(小園竜一):ベース、作曲グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見たキック・ザ・カンクロー

    当初、港カヲルはバンドのステージ開演前に登場するダンディな司会者といった装いであったが、活動を続けるうちに(演じる皆川猿時の体型の変化と共に)どんどんキャラクターが変貌し、現在はいくつかの楽曲でボーカルを務めるなど、さらに重要なポジションを占める存在になってきている。さらにはバンド活動を飛び出し、ラジオ番組『キック・ザ・カンクロー』に毎週出演していた。また、大人計画ウーマンリブの舞台公演『轟天VS港カヲル ?ドラゴンロック!女たちよ、俺を愛してきれいになあれ?』において、劇団☆新感線が誇る珍キャラクター「剣轟天」(橋本じゅん)との両者スピンオフ対決が実現している。グループ魂はこの公演の音楽を担当。『君にジュースを買ってあげる?』はここで使用された偽カヲルこと「巷カヨル」(阿部サダヲをはじめ中村獅童、長井秀和などが日替わりで役を担当)が歌う劇中歌をグループ魂の楽曲としてシングル化したものである。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見たハーモニカ

    バイト君(村杉蝉之介):大道具、ハーモニカ - コントグループ時代は主にボケ。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

  • グループ魂

    グループ魂から見たアルバム

    現メンバーで初めてレコーディングした、音楽的には事実上の1stアルバム。1曲ごとのストーリーは男性原理にもとづいた馬鹿馬鹿しくもいつか涙、のごくごくリアルなものばかりである。それを大真面目にハイテンションなオイ・パンクからサイケデリック風味なガレージロック、シンプルな8ビート、メタル調など、あらゆるロック初期衝動の演奏&サウンドで聴ける。グループ魂 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「グループ魂」のニューストピックワード