前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • プレジデンツカップ

    プレジデンツカップから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    キャプテン:グレグ・ノーマン()プレジデンツカップ フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ノーマン

    グレッグ・ノーマンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレッグ・ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • 青空しょって

    青空しょってから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    「ホワイト・シャーク」「キング・オブ・ゴルフ」の異名を持つオーストラリアの英雄。圧倒的なパワー、完成されたスイング、それを支える強靭な精神力と心技体すべてを持つ、世界最強の攻撃型ゴルファーである。特筆すべきは集中力であり、大勢のギャラリーの中でもそのスイングに揺らぎはない。血気盛んな一八に若き日の自分を重ね合わせている。モデルはグレグ・ノーマン。メジャー通算5勝。青空しょって フレッシュアイペディアより)

  • 1955年のスポーツ

    1955年のスポーツから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    2月10日 - グレグ・ノーマン(オーストラリア、ゴルフ)1955年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • メモリアル・トーナメント

    メモリアル・トーナメントから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1995年 グレグ・ノーマン(オーストラリア)メモリアル・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • ブリヂストン招待選手権

    ブリヂストン招待選手権から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1999年に世界ゴルフ選手権第2戦となってからは、1999年~2001年にかけてタイガー・ウッズが大会3連覇を飾っている。その2年前、まだ本大会がNECワールドシリーズ・オブ・ゴルフだった1997年に、グレグ・ノーマン(オーストラリア)がここで最後のPGAツアー優勝をした。なおNECもブリヂストンも日本企業であり、日本での開催が熱望されているが、日程の都合上、開催は難しいと思われる。ブリヂストン招待選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    世界4大メジャー大会の成績は、1986年のマスターズ・トーナメント8位、1987年の全米オープン9位、1988年の全米プロゴルフ選手権3位などがある。セント・アンドリューズ(R&Aゴルフクラブの「オールド・コース」)で行われた全英オープンで、中嶋が最終日に17番ホール(パー4)の第2打を有名な「ロード・バンカー」(Road Bunker)に入れてしまい、9打を要して優勝のチャンスを逃したのは1978年のことである。そのため、このバンカーは中嶋の愛称“トミー”をとって「トミーズ・バンカー」とも呼ばれるようになった。同オープンでは1986年に最終日、最終組をグレッグ・ノーマンと廻った8位がある。最初期の世界ゴルフランキングで4位にランクされたこともあった。世界4大メジャーですべてベスト10入りしている日本人唯一のプレイヤーでもある。中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ファルド

    ニック・ファルドから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1996年4月14日、ニック・ファルドはマスターズ・トーナメントの最終ラウンドをグレグ・ノーマンと一緒に回ることになった。(注:会場のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブはパー72のコースである)。スタート時点で、首位のノーマンはファルドに6打差をつけていたが、最終日に悲惨な崩壊状態に陥る。この日のノーマンは78(6オーバー)をたたき、67(5アンダー)で回ったファルドに大逆転負けを喫してしまい、ファルドは6年ぶり3度目の優勝を飾った。(最終成績:ファルド -12, 276ストローク/ノーマン -7, 281ストローク)さすがのファルドも、この優勝には複雑な気持ちを隠せず、素直に喜べるものではなかった。翌1997年のマスターズ・トーナメントで、大会前年優勝者のファルドは第1ラウンドを当時21歳のタイガー・ウッズと一緒に回る。マスターズの伝統の1つとして、大会前年優勝者と前年度の全米アマチュア選手権優勝者が予選ラウンドを一緒に回る慣習があり、ウッズは前年度の全米アマチュア選手権優勝者の資格で出場していた。ファルドは若きウッズの勢いにのまれ、大会2日目で予選落ちに終わり、最終日には「21歳3ヶ月」の最年少優勝者となったウッズにグリーン・ジャケットを着せることになった。1997年、ファルドはセベ・バレステロスと一緒に世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。ニック・ファルド フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン

    ノーマンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマン - オーストラリアのプロゴルファー。ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・オラサバル

    ホセ・マリア・オラサバルから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    ところが1995年の後半から足の病気を患い、ライダーカップの出場辞退を余儀なくされる。オラサバルは「リウマチ性多発関節炎」と診断され、1996年のシーズンは全くプレーできなかった。その闘病期間中は歩行も困難な状態で、ほとんど寝たきり同然の生活だったという。1997年3月初頭の「ドバイ・デザート・クラシック」で18ヶ月ぶりに復帰し、3月23日に「ツレスパナ・マスターズ・オープン・ド・カナリア」(Turespana Masters Open de Canarias)で復活優勝を飾った。1999年のマスターズで、オラサバルはデービス・ラブ3世とグレグ・ノーマンの追撃を振り切って5年ぶり2度目の優勝を飾る。歩行困難な時期もあった闘病生活を克服しての復活優勝だった。アメリカツアーでは、2002年の「ビュイック招待選手権」で6勝目を挙げている。ホセ・マリア・オラサバル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「グレッグ・ノーマン」のニューストピックワード