31件中 11 - 20件表示
  • 1996年のスポーツ

    1996年のスポーツから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    4月14日 - マスターズ・ゴルフの最終日に、グレグ・ノーマン(オーストラリア)が78(6オーバー)を叩き、記録的な自滅の敗北を喫する。ニック・ファルド(イギリス)が6年ぶり3度目の優勝を果たした。1996年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ミッションヒルズ・ゴルフクラブ

    ミッションヒルズ・ゴルフクラブから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    ノーマンコース(グレグ・ノーマンミッションヒルズ・ゴルフクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー

    ムバダラ・ディベロプメント・カンパニーから見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    また、これまでにドナルド・トランプ(Donald Trump)、ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)、グレッグ・ノーマン(Greg Norman)、グッゲンハイム美術館(Guggenheim Museum)など、業界大手との提携が発表されている。ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・マンセル

    ナイジェル・マンセルから見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    趣味はゴルフで、下積み時代に事故で負傷した際、妻にリハビリとして勧められたのがきっかけ。腕前はハンディ2で、全豪オープンゴルフにアマチュア出場した経験もある。現役時代はバドックで「引退したらプロゴルファーになるのでは」という冗談も囁かれていた。プロゴルファーのグレッグ・ノーマンとは友人で、次男に「グレッグ」の名前をもらうほどの親交がある。ナイジェル・マンセル フレッシュアイペディアより)

  • クリス・エバート

    クリス・エバートから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    クリス・エバートはジョン・ロイドとの離婚後、1988年にアルペンスキー選手のアンディ・ミルと2度目の結婚をした。選手引退後、エバートとミルは3人の子供をもうけたが、2006年に再度離婚する。2008年6月、エバートはオーストラリアのプロゴルファーであるグレグ・ノーマンと3度目の結婚をしたが、2009年10月に離婚したことを公表した。クリス・エバート フレッシュアイペディアより)

  • アサヒビール

    アサヒビールから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    アサヒ生ビール Z -ゼット-(1991 - 1997年5月)上面発酵ビールであるが、切れ味重視で個性は弱めだった。CMには、最初プロゴルファーのグレグ・ノーマン、次いでビートたけしが出演したほか、後に森高千里(「気分爽快」「素敵な誕生日」も参照)、西田ひかるも出演。アサヒビール フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    18ホール最少スコア:63、ニック・プライス(1986年3日目)、グレグ・ノーマン(1996年1日目)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    この勝利によってワールドゴルフランキングは自己最高の47位となり、17歳11か月20日での史上最年少でのランキングトップ50入りを果たした。また、これが大きな要素となり、アメリカ合衆国代表と非米・非欧州地域代表で争われる団体戦・プレジデンツカップのインターナショナルチームに、キャプテン・グレッグ・ノーマンの推薦によって史上最年少で選出された。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    過去30年間には帝王ジャック・ニクラスをはじめ、ジョニー・ミラー、ヒューバート・グリーン、トム・ワトソン、セベ・バレステロス、クレイグ・スタドラー、ラリー・ネルソン、フレッド・カプルス、アーニー・エルス、グレグ・ノーマン、ビジェイ・シン、フィル・ミケルソン、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、デビッド・デュバル、パドレイグ・ハリントン、ルーク・ドナルド、タイガー・ウッズなど数々の世界のトッププレーヤーが参戦したトーナメントである(アメリカPGAツアーは11月初旬にシーズンオフに入るため、他の日本国内大会に比べて有名選手を招待しやすい時期でもある)。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    こうした特徴から、リンクスコースは経験が必要とされ、近年では2008年に当時53歳で過去当大会の優勝者であるグレッグ・ノーマンが3日目終了時点で首位に立ち (最終的には3位タイ) 、2009年には当時59歳で過去当大会を5度制しているトム・ワトソンが最終日の最終ホールまで首位を守る (最終的にプレーオフでスチュワート・シンクに敗れ2位) など、他のメジャー大会よりもいわゆるベテラン選手と呼ばれる選手たちの活躍が多い。2010年にR&Aはこうした活躍を考慮して、大会出場の60歳定年制を変更し、歴代優勝者のうち過去5年の当大会で上位10位までの選手に大会出場資格を与えることを決定した。トム・ワトソンは2011年以降の当大会にこの資格での出場を表明しており、2011年、2012年と最年長予選通過記録を更新している。全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「グレッグ・ノーマン」のニューストピックワード