37件中 21 - 30件表示
  • 青木功

    青木功から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンと親友である。グレグ・ノーマンはゴルフ界でもアスペルガー的な性格で知られ、奇行や人見知りが有名であまり交友関係を持たないのだが、二人は本当に仲が良く、青木が左肘を故障した際には主治医の紹介やリハビリについてのアドバイスを与え、青木が世界ゴルフ殿堂入りした際にはプレゼンターを務めた (ゴルフ解説者の戸張捷が実際に見たといって語っていたところによると、二人は会話の際、青木は日本語で、グレグは英語で普通に喋るのだが、問題なく意思の疎通が出来るのだという。戸張曰く「僕の理解の外です」とのこと) 。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 風の大地

    風の大地から見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    24歳というゴルフ界では遅い年齢でプロゴルファーを志した主人公沖田圭介が、恵まれた体格と熱心な練習、さまざまな人との出会いによって成長し、メジャートーナメントなどで活躍する様を描いている。主人公の師となる小針春芳、トーナメントで優勝を争う尾崎将司やグレッグ・ノーマンなど、実在のゴルファーも多数登場する。各話の最後にポエムが入るのが特徴。風の大地 フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン

    ノーマンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマン - オーストラリアのプロゴルファー。ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    かつて世界ランキング1位を保持した生涯最長記録は、グレグ・ノーマン(オーストラリア)の「331週」であった。これをタイガー・ウッズが塗り替えた。(2016年現在で通算683週)。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー

    ムバダラ・ディベロプメント・カンパニーから見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    また、これまでにドナルド・トランプ(Donald Trump)、ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)、グレッグ・ノーマン(Greg Norman)、グッゲンハイム美術館(Guggenheim Museum)など、業界大手との提携が発表されている。ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ミッションヒルズ・ゴルフクラブ

    ミッションヒルズ・ゴルフクラブから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    ノーマンコース(グレグ・ノーマンミッションヒルズ・ゴルフクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ブリヂストン招待選手権

    ブリヂストン招待選手権から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1999年に世界ゴルフ選手権第2戦となってからは、1999年〜2001年にかけてタイガー・ウッズが大会3連覇を飾っている。その2年前、まだ本大会がNECワールドシリーズ・オブ・ゴルフだった1997年に、グレグ・ノーマン(オーストラリア)がここで最後のPGAツアー優勝を果たした。ブリヂストン招待選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 中日クラウンズ

    中日クラウンズから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    出場選手には国内のトッププレイヤーはもちろん海外から一流選手を招聘しており、ジャック・ニクラス、ゲーリー・プレーヤー、アーノルド・パーマー、デビッド・トムズ、リー・ジャンセン、ジャスティン・レナード、ジョン・デーリー、コリー・ペイビン、フレッド・カプルスなどが出場している。中でもピーター・トムソン(1969、1972年)、グラハム・マーシュ(1977、1982年)、スコット・シンプソン(1984、1988年)が2度制覇している他、セベ・バレステロス、グレグ・ノーマン、デービス・ラブ3世、ダレン・クラーク、ジャスティン・ローズなどが優勝している。とりわけラブは第39回(1998年)で4日間首位を維持し、2位に大会新記録の8ストローク差をつけて優勝を果たしている。中日クラウンズ フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎将司

    尾崎将司から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1997年の中日クラウンズ最終日に2番ホールで、ティーショットをラフに打ち込み、ドライバーを持ったままセカンド地点まで歩いてドライバーでアドレスし、アイアンに持ち替えて打った。一連の動作を見ていたグレグ・ノーマンは「尾崎の行為はライの改善ではないか」と競技委員に指摘するが、日本と米国は芝質が異なるため認められず競技終了後に「ゴルフのルールは誰に対しても平等であり、世界共通でなければならない」と語った。尾崎将司 フレッシュアイペディアより)

  • 1955年のスポーツ

    1955年のスポーツから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    2月10日 - グレグ・ノーマン(オーストラリア、ゴルフ)1955年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示