31件中 21 - 30件表示
  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    72ホールの最高スコア: 267 (66-68-69-64) グレグ・ノーマン (1993年)全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • トム・レーマン

    トム・レーマンから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1982年にプロ入り。レーマンは下積み生活が長かった人で、PGAツアーの初優勝はプロ入りから12年後、1994年の「メモリアル・トーナメント」であった。その前年、1993年の「カシオ・ワールド・オープン」で優勝している。1996年がレーマンのゴルフ経歴の最盛期で、7月の全英オープンでメジャー大会初優勝を飾った。開催コースは「ロイヤルリザム・アンド・セントアンズ」(パー71)であったが、レーマンの優勝スコアは 13 アンダーパー(-13, 271ストローク)で、2位に2打差をつけての優勝であった。この年は年間最終戦の「ザ・ツアー選手権」でも優勝した。レーマンはこの優勝により、初めてPGAツアーの賞金王となり、1996年度の「年間最優秀選手」にも選出された。1996年度末の世界ランキングでは、1位はグレグ・ノーマンで、レーマンは2位であった。トム・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・マイズ

    ラリー・マイズから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1987年の「マスターズ・トーナメント」でグレグ・ノーマン、セベ・バレステロスを相手にプレーオフの末、優勝したことで有名となった。プレーオフ1ホール目の10番ホールでバレステロスが脱落、マイズとノーマンの一騎打ちとなり11番ホール(パー4)へ。マイズは第2打を右に大きく外しカップまで約40ヤードを残し、対するノーマンは第2打でカップから16ヤードのグリーン上に運んだ。この時点で誰もがノーマンの優勝を確信したが、マイズは第3打で奇跡のチップインバーディーを決め、ノーマンがバーディーパットを外し優勝を決めた。マイズは地元オーガスタ出身であり、10代の頃からスコアボードのボランティアをしていた。ラリー・マイズ フレッシュアイペディアより)

  • ファジー・ゼラー

    ファジー・ゼラーから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    それから5年後の1984年、ファジー・ゼラーは全米オープンでグレグ・ノーマン(オーストラリア)とのプレーオフに勝ち、ここでもプレーオフで優勝をもぎ取った。この年の全米オープン開催コースは、ニューヨークの「ウィングドフット・ゴルフクラブ」(パー70)で、2人の並んだスコアは 4 アンダーパー(-4, 276ストローク)であった。ところが、2か月後の全米プロゴルフ選手権の会場に着いた時、ゼラーは背中の激痛に苦しみ、開幕直前で出場断念を余儀なくされる。脊椎部椎間板ヘルニアの手術を受け、試合への復帰までに半年を要した。手術から復帰した1985年、ゼラーは全米ゴルフ協会から「ボビー・ジョーンズ賞」を授与された。これはゴルフにおいて、優れたスポーツマンシップを発揮した選手に贈られる賞である。PGAツアーでは1986年に年間3勝を獲得したが、それ以後はレギュラー・ツアーでの優勝がなくなった。ファジー・ゼラー フレッシュアイペディアより)

  • 風の大地

    風の大地から見たグレッグ・ノーマングレグ・ノーマン

    24歳という(ゴルフ界では)遅い年齢でプロゴルファーを志した主人公沖田圭介が、恵まれた体格と熱心な練習、さまざまな人との出会いによって成長し、メジャートーナメントなどで活躍する様を描いている。主人公の師となる小針春芳、トーナメントで優勝を争う尾崎将司やグレッグ・ノーマンなど、実在のゴルファーも多数登場する。風の大地 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎将司

    尾崎将司から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    1997年、中日クラウンズ最終日2番ホール、ティーショットをラフに打ち込んだ尾崎は、ドライバーを持ったままセカンド地点まで歩き、いったんドライバーでアドレスをし、それからアイアンに持ち替えてショットをした。一連の動作を見ていたグレグ・ノーマンは、競技委員に「尾崎の行為はライの改善ではないか」と指摘したが、日本と米国では芝の質が違うということを理由に聞き入れてもらえなかった。ノーマンは競技終了後「ゴルフのルールは誰に対しても平等であり、世界共通でなければならない」という言葉を残した。尾崎将司 フレッシュアイペディアより)

  • 中日クラウンズ

    中日クラウンズから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    出場選手には国内のトッププレイヤーはもちろん海外から一流選手を招聘しており、ジャック・ニクラス、ゲーリー・プレーヤー、アーノルド・パーマー、デビッド・トムズ、リー・ジャンセン、ジャスティン・レナード、ジョン・デーリー、コリー・ペイビン、フレッド・カプルスなどが出場している。中でもピーター・トムソン(1969、1972年)、グラハム・マーシュ(1977、1982年)、スコット・シンプソン(1984、1988年)が2度制覇している他、セベ・バレステロス、グレグ・ノーマン、デービス・ラブ3世などが優勝している。とりわけラブは第39回(1998年)で4日間首位を維持し、2位に大会新記録の8ストローク差をつけて優勝を果たしている。中日クラウンズ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スコット

    アダム・スコットから見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    スコットはオーストラリアの英雄グレグ・ノーマンに憧れてゴルフを始め、ジュニア時代から顕著な成績を数多く出していた。2000年6月、大学を2年で中退してプロゴルファーに転向する。直ちに2001年1月の「アルフレッド・ダンヒル選手権」でヨーロッパツアーに初優勝を飾り、スコットは大型新人選手のひとりとして注目を集め始めた。1999年後半に19歳で一躍世界トップ選手に躍進したセルヒオ・ガルシアの刺激もあり、当時の若手選手たちが少しでも早い成功を求めていた時代背景もあったが、スコットはその中で着実な成長を続けてゆく。スコットのメジャー大会初出場は2001年の全英オープンであったが、2002年のマスターズに初出場で9位入賞を果たし、メジャー大会への挑戦も軌道に乗せた。2002年は3月の「カタール・マスターズ」と8月の「スコットランドPGA選手権」で欧州PGAツアーに年間2勝を挙げている。アダム・スコット フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    冗談で「野球より好きだ」と公言するほどのゴルフ好き。50歳の誕生日を迎えた際、「49歳でアメリカへ渡り、50歳のときにゴルフのシニアツアーに参戦。全米シニアで同世代のグレグ・ノーマンやニック・プライスと戦う。37歳で現役引退したとき、そう思ったんだ」と発言したほど。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たグレグ・ノーマングレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンと親友である。グレグ・ノーマンはゴルフ界でもアスペルガーで知られ、奇行や人見知りが有名であまり交友関係を持たないのだが、二人は本当に仲が良く、青木が左肘を故障した際には主治医の紹介やリハビリについてのアドバイスを与え、青木が世界ゴルフ殿堂入りした際にはプレゼンターを務めた (ゴルフ解説者の戸張捷が実際に見たといって語っていたところによると、二人は会話の際、青木は日本語で、グレグは英語で普通に喋るのだが、問題なく意思の疎通が出来るのだという。戸張曰く「僕の理解の外です」とのこと) 。青木功 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「グレッグ・ノーマン」のニューストピックワード