53件中 11 - 20件表示
  • ケイト

    ケイトから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet) - イギリスの女優ケイト フレッシュアイペディアより)

  • 第4回全米映画俳優組合賞

    第4回全米映画俳優組合賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット - 『タイタニック』 - ローズ・デウィット・ブケイター役第4回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第2回全米映画俳優組合賞

    第2回全米映画俳優組合賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット - 『いつか晴れた日に』 - マリアンヌ・ダッシュウッド役第2回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • ワックス脱毛

    ワックス脱毛から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    針脱毛やレーザー脱毛と異なり、ワックス脱毛では毛根を完全に破壊するものではないため、脱毛を続ける必要はあるが、継続しているうちに表に出ている毛が薄くなるという傾向はあると言われており、一例として女優ケイト・ウィンスレットが愛を読むひとの撮影において、長期間にわたって陰毛を脱毛していたため陰毛が薄く、映画の時代設定などと合わないことから付け毛を使っていたことが知られている。ワックス脱毛 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の映画

    1975年の映画から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    10月5日 - ケイト・ウィンスレット、イギリスの俳優1975年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランドの映画

    ニュージーランドの映画から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    1993年、ジェーン・カンピオンの『ピアノ・レッスン』が4つのオスカーを受賞して以来、ニュージーランド映画は国際的にも認められるようになってきた。他にもこの時期、ピーター・ジャクソンの『乙女の祈り』(1994)やリー・タマホリの『ワンス・ウォリアーズ』は高い評価を得た。『ピアノ・レッスン』と『乙女の祈り』は、ニュージーランド映画と言っても、一部もしくはすべてが外国資本で、ニュージーランド人ではない俳優( ホリー・ハンター、ハーヴェイ・カイテル、ケイト・ウィンスレット)が出演していた。ニュージーランドの映画 フレッシュアイペディアより)

  • エニグマ (映画)

    エニグマ (映画)から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ヘスター・ウォレス:ケイト・ウィンスレットエニグマ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第14回放送映画批評家協会賞

    第14回放送映画批評家協会賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット - 『愛を読むひと』第14回放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • ポリフォニック・スプリー

    ポリフォニック・スプリーから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ポリフォニック・スプリーはまたチャーリー・カウフマン(Charlie Kaufman)脚本、ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット主役の映画「エターナル・サンシャイン」(Eternal Sunshine Of The Spotless Mind)のサウンドトラックでも特集された。ポリフォニック・スプリー フレッシュアイペディアより)

  • 第16回サテライト賞

    第16回サテライト賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット - 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』第16回サテライト賞 フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「ケイト・ウィンスレット」のニューストピックワード