92件中 11 - 20件表示
  • とらわれて夏

    とらわれて夏から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    アデル・ウィーラー - ケイト・ウィンスレット(安藤麻吹)とらわれて夏 フレッシュアイペディアより)

  • 愛を読むひと

    愛を読むひとから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    第81回アカデミー賞では作品賞を含む5部門にノミネートされ、ケイト・ウィンスレットが主演女優賞を受賞。愛を読むひと フレッシュアイペディアより)

  • ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)

    ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    当初役に名前が挙がっていたのは、ヘレナ・ボナム=カーター、ケイト・ブランシェット、エミリー・ワトソン、レイチェル・ワイズ、キャメロン・ディアスなどだった。また、トニ・コレットは当時ブロードウェイで上演されていた『』に主演するためこの役を断ったという。また、ケイト・ウィンスレットの起用も考えられたが、プロデューサーたちは彼女が若すぎると判断し配役に至らなかった。2年にわたるサーチの結果、レネー・ゼルウィガーの起用が2000年5月末に発表された。製作を務めたエリック・フェルナーはその理由について、彼女が「巨大な個性と説得力を役にもたらす」のだと述べた。監督のマグワイアはゼルウィガーについて、「レネーの中に、コメディから感情劇まで大股で飛び移れる、ほんの一握りの人しか持たない天賦の才能を見た」と述べた。テキサス出身だったゼルウィガーは、映画『恋におちたシェイクスピア』でグウィネス・パルトローの指導もしたバーバラ・バークリー()についてイギリス英語のアクセントを学んだ。また、ブリジット役を演じるために約増やして撮影に挑んだ。また役作りとしてプロデューサーたちの求めに応じ、ゼルウィガーはロンドンにある出版社・で出版部の見習いとして働いた(ピカドールは、原作小説のイギリスでの版元である)。映画の公開前、アメリカ人のゼルウィガーが典型的なイギリス人ヒロインを演じることに関しては多くの議論があった。しかしながら、南西イングランドのアクセントも含め、彼女がこの映画で見せた演技は、広く高水準のものだったと受け止められた。2000年7月、ダーシーとクリーヴァーという男性主役2名に、コリン・ファースとヒュー・グラントが決まったことが発表された。また監督のは、フィールディングの友人のひとりでもあり、原作に登場するシャロン(愛称のシャザーはイングランドでの短縮形)のモデルになったとも言われている。映画ではがシャロンを演じた。ブリジット・ジョーンズの日記 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • タイタニック (1997年の映画)

    タイタニック (1997年の映画)から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。配給は北米がパラマウント映画、日本を含む他国は20世紀フォックスが配給。全米で6億ドル、日本で興収記録262億円(配給収入160億円)、全世界で18億3500万ドルと、同監督の『アバター』に抜かれるまで映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックに登録されていた。また、映画パンフレットも日本で153万部を売り上げた。タイタニック (1997年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンズレット

    ケイト・ウィンズレットから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンズレット フレッシュアイペディアより)

  • レイバーデイ (小説)

    レイバーデイ (小説)から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    2009年末、映画監督のジェイソン・ライトマンが『レイバーデイ』の脚本を執筆中であることが報じられた。2011年6月16日、ケイト・ウィンスレットとジョシュ・ブローリンがアデルとフランク役を務めることが報じられた。パラマウント映画とが共同製作し、パラマウントが配給する。撮影は2012年6月13日よりマサチューセッツ州で開始された。レイバーデイ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 第16回サテライト賞

    第16回サテライト賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット - 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』第16回サテライト賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第69回ゴールデングローブ賞

    第69回ゴールデングローブ賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    2個 - ウディ・アレン、グレン・クローズ、ライアン・ゴズリング、ミシェル・アザナヴィシウス、ブラッド・ピット、ケイト・ウィンスレット、スティーヴン・スピルバーグ第69回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回放送映画批評家協会賞

    第14回放送映画批評家協会賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット - 『愛を読むひと』第14回放送映画批評家協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • アン・ペリー

    アン・ペリーから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    1994年、殺人事件が映画監督ピーター・ジャクソンによって『乙女の祈り』として映画化された。ポーリーン・パーカー役をメラニー・リンスキーが、ジュリエット・ヒューム役をケイト・ウィンスレットが演じた。映画の公開に伴い、ミステリ作家のアン・ペリーがジュリエット・ヒュームであることが明るみに出た。ヒュームとパーカーが性的な関係を持っていたと考える人もいたが、2006年、ペリーはそれを否定し、「レズビアンではない」と主張した。アン・ペリー フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「ケイト・ウィンスレット」のニューストピックワード