92件中 41 - 50件表示
  • エターナル・サンシャイン

    エターナル・サンシャインから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    クレメンタイン・クルシェンスキー - ケイト・ウィンスレット(林真里花)エターナル・サンシャイン フレッシュアイペディアより)

  • エニグマ (映画)

    エニグマ (映画)から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ヘスター・ウォレス - ケイト・ウィンスレット(玉川紗己子)エニグマ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 朗読者

    朗読者から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    『愛を読むひと』(2008年)  監督:スティーブン・ダルドリー、出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ朗読者 フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・フィッシャー

    フランシス・フィッシャーから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    特に知名度が上がったのは1997年に出演した『タイタニック』で、ケイト・ウィンスレット演じるヒロインの冷血な母親を演じた。ちなみに同作品もアカデミー作品賞を受賞している。その後もコンスタントにキャリアを積んでおり、映画・テレビシリーズへ数多く出演している。フランシス・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • クリステン・コノリー

    クリステン・コノリーから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    1980年、ニュージャージー州モントクレアに生まれる。ヴァーモント州のMiddlebury Collegeと、イェール大学で演劇を学んだ。2003年にジュリア・ロバーツらが出演の『モナリザ・スマイル』の端役で映画デビュー。その後も小さい役ながらマーク・ウォールバーグ主演の『ハプニング』やレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが出演した『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』等の映画へ出演してキャリアを築いた。2012年に異色のホラー映画『キャビン』で、ヒロインを演じてクリス・ヘムズワースと共演。また同年にバリー・レヴィンソン監督の『ザ・ベイ』でもメインキャストに配役されるなど、近年ではメインの役柄を演じることが多くなっている。クリステン・コノリー フレッシュアイペディアより)

  • イルゼ・コッホ

    イルゼ・コッホから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    2008年の英独合作映画『愛を読むひと』でケイト・ウィンスレットが演じたハンナ・シュミッツは、イルゼがモデルではないかと話題になった。しかし、原作となった小説『朗読者』の著者ベルンハルト・シュリンクは、インタビューでこれを否定している。イルゼ・コッホ フレッシュアイペディアより)

  • サリー (イングランド)

    サリー (イングランド)から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    サリー州は映画の撮影に使用するロケ地にも度々選ばれている。『ホリデイ』の一部シーンはゴダルミングとシェールにて撮影された。このカットはケイト・ウィンスレット演じるシェールにあるコテージに住むアイリスとキャメロン・ディアス演じるアマンダが互いに住む家を交換するシーンで使われた。『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 (映画)』のラストシーンや『ウエディング・デイト』では、同じくシェールにある村の教会が使用された。1976年の映画『オーメン』の劇中に登場する大聖堂はギルフォード大聖堂である。『』では、レザーヘッド出身の将来有望な2人の学生が映画製作にのめり込んでいくという内容で、ブルックランズ・カレッジのウェイブリッジキャンパスで撮影が行われた。ラッセル・クロウ主演の『グラディエーター』でドイツの森を描写するオープニングシーンの為に、サリー州ファーナム郊外のボーン・ウッズの森林地帯が使われた。2009年にBBCプロダクションが制作したジェーン・オースティンの小説『エマ』のテレビドラマ化作品では、ロモーラ・ガライとマイケル・ガンボンが主演し、ギルフォード近郊のセント・メアリー・ザ・ヴァージン教会とローズリー・ハウスが撮影に使用された。サリー (イングランド) フレッシュアイペディアより)

  • 第81回アカデミー賞

    第81回アカデミー賞から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレット(『愛を読むひと』)第81回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・XK

    ジャガー・XKから見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    製造はバーミンガム近郊カッスル・ブロムウィッチで行われている。フロントグリルは1961年のジャガー・Eタイプにインスパイアされている。前任者である故ジェフ・ローソン時代のレトロ趣味から決別する第一号のデザインで、カラムによると「インスピレーションソースは(イギリス人女優の)ケイト・ウィンスレットの曲線」という。インテリアは人間工学に則り設計されており、今までの懐古主義的デザインから決別している。パネルは伝統的なバーウォルナットウッドに加え、ポプラウッド、アルミの3種類が用意される。ジャガー・XK フレッシュアイペディアより)

  • ダイバージェント 異端者

    ダイバージェント 異端者から見たケイト・ウィンスレットケイト・ウィンスレット

    シャイリーン・ウッドリーがベアトリス・"トリス"・プライアーを、テオ・ジェームズがトビアス・"フォー"・イートンを演じることが2013年3月に判明した。また、ケイト・ウィンスレットがジェニーン・マシューズを演じる契約にサインしたとも報じられた。ダイバージェント 異端者 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「ケイト・ウィンスレット」のニューストピックワード