50件中 31 - 40件表示
  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たプライムタイム・エミー賞

    2011年にHBOで放送されたテレビ・ミニシリーズ『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』でエミー賞・プライムタイム・エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た英国アカデミー賞 助演女優賞

    コマーシャルや舞台、テレビドラマなどの出演を経て、1994年にヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』で映画デビュー。翌年公開の『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演女優賞を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たネバーランド (映画)

    1997年公開のハリウッド大作『タイタニック』のヒロイン、ローズ役で一躍知られるようになり、この作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。また、『タイタニック』や『ハムレット』、『クイルズ』、『ネバーランド』など、コスチューム・プレイの作品が多いことから「コルセット・ケイト(Corset Kate)」というニックネームが付けられた。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たニューヨーク

    舞台演出家兼映画監督のサム・メンデスと再婚し、同年12月22日に長男(ジョー・アルフィー・ウィンスレット・メンデス)を出産。家族と共にロンドンとニューヨークで暮らす。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た第66回ゴールデングローブ賞

    2008年公開の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と『愛を読むひと』の演技により、第66回ゴールデングローブ賞では前者の作品で主演女優賞 (ドラマ部門)を、後者の作品で助演女優賞と、ダブル受賞を果たした。第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たHBO

    2011年にHBOで放送されたテレビ・ミニシリーズ『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』でエミー賞・プライムタイム・エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門)を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たコスチューム・プレイ

    1997年公開のハリウッド大作『タイタニック』のヒロイン、ローズ役で一躍知られるようになり、この作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。また、『タイタニック』や『ハムレット』、『クイルズ』、『ネバーランド』など、コスチューム・プレイの作品が多いことから「コルセット・ケイト(Corset Kate)」というニックネームが付けられた。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たエキストラ:スターに近づけ!

    2004年公開の『エターナル・サンシャイン』、2006年公開の『リトル・チルドレン』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。また、2005年にBBCで放送されている『エキストラ:スターに近づけ!』にゲスト出演し、エミー賞ゲスト女優賞にノミネートされた。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た英国国教会

    英国国教会派として育ち、11歳から16歳まで地元の演劇学校に通った。学生時代は足の太さや体格などでいじめられたという。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た乙女の祈り (映画)

    1995年度 英国主演女優賞 『乙女の祈りケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「ケイト・ウィンスレット」のニューストピックワード