1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示
  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た

    過去に『Dark Season』で共演した俳優兼作家のステファン・トレンドレ(1997年12月にで他界)や俳優のルーファス・シーウェルと交際していた。『タイタニック』で共演したレオナルド・ディカプリオとは親友で、よく連絡を取り合い、食事にも行く。その為、彼女の子供たちは彼によく懐いている。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た英国アカデミー賞

    コマーシャルや舞台、テレビドラマなどの出演を経て、1994年にヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した『乙女の祈り』で映画デビュー。翌年公開の『いつか晴れた日に』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞では助演女優賞を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たCBE

    ケイト・エリザベス・ウィンスレット, CBE(Kate Elizabeth Winslet, CBE, 1975年10月5日 - )は、イギリスの女優。6度のアカデミー賞ノミネート経験を持つ実力派女優として知られる。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たレディング

    イングランド・バークシャー州レディングで生まれる。祖父母、両親、叔父、姉と妹も俳優である。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たレボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

    2008年公開の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と『愛を読むひと』の演技により、第66回ゴールデングローブ賞では前者の作品で主演女優賞 (ドラマ部門)を、後者の作品で助演女優賞と、ダブル受賞を果たした。第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たバークシャー

    イングランド・バークシャー州レディングで生まれる。祖父母、両親、叔父、姉と妹も俳優である。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見た第81回アカデミー賞

    2008年公開の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』と『愛を読むひと』の演技により、第66回ゴールデングローブ賞では前者の作品で主演女優賞 (ドラマ部門)を、後者の作品で助演女優賞と、ダブル受賞を果たした。第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たハムレット (1996年の映画)

    1997年公開のハリウッド大作『タイタニック』のヒロイン、ローズ役で一躍知られるようになり、この作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。また、『タイタニック』や『ハムレット』、『クイルズ』、『ネバーランド』など、コスチューム・プレイの作品が多いことから「コルセット・ケイト(Corset Kate)」というニックネームが付けられた。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たアイルランド

    2000年のグラミー賞でBest Spoken Word Album for Childrenを受賞。2001年には『クリスマス・キャロル』の主題歌である『What If?』というシングルをリリースし、イギリスでは初登場6位、アイルランドでは初登場1位を記録した。同年公開の『アイリス』で若き日のアイリス・マードックを演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ウィンスレット

    ケイト・ウィンスレットから見たイングランド

    イングランド・バークシャー州レディングで生まれる。祖父母、両親、叔父、姉と妹も俳優である。ケイト・ウィンスレット フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示

「ケイト・ウィンスレット」のニューストピックワード