97件中 41 - 50件表示
  • ケツメイシ

    ケツメイシから見たRyo

    Ryo(リョウ、本名:田中 亮(たなか りょう)、1972年11月26日 - )ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見たYANAGIMAN

    YANAGIMAN - デビュー当初の多くの楽曲を手がけているプロデューサー。作曲家、編曲家。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見たMELLOW YELLOW

    10.WDJ / DJ KOHNO(from ケツメイシ)&DJ ISO(from MELLOW YELLOWケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た中松義郎ドクター・中松

    ドクター中松 - ケツメイシの公式ホームページ『ケツメドットコム』のイメージキャラクター。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見たエディソン・チャン

    「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に4回参加している。「よる☆かぜ」は、香港の歌手陳冠希(エディソン・チャン)に「陳冠希edison夜風」というタイトルでカヴァーされ、台湾で1位になった。「トモダチ」は、「若者の心を打つアーティスト、歌詞」として現代社会の教科書に載り、紹介されたことがある。「幸せをありがとう」はDJ KOHNOの結婚を祝って他のメンバーが「アルバム作成合宿(沖縄)」で極秘に作った曲だが、結婚式までに完成が間に合わなかった。結局結婚式当日は、メンバーでかくし芸を披露した。「涙」は、ダイノジがラジオでファンだといっていたらメンバーがPV出演をオファーした。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た教科書

    「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に4回参加している。「よる☆かぜ」は、香港の歌手陳冠希(エディソン・チャン)に「陳冠希edison夜風」というタイトルでカヴァーされ、台湾で1位になった。「トモダチ」は、「若者の心を打つアーティスト、歌詞」として現代社会の教科書に載り、紹介されたことがある。「幸せをありがとう」はDJ KOHNOの結婚を祝って他のメンバーが「アルバム作成合宿(沖縄)」で極秘に作った曲だが、結婚式までに完成が間に合わなかった。結局結婚式当日は、メンバーでかくし芸を披露した。「涙」は、ダイノジがラジオでファンだといっていたらメンバーがPV出演をオファーした。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た製薬

    グループ名の由来は、中国で古代より下剤などに使用されている薬草「決明子(けつめいし)」で、薬草の効用になぞらえて「全てを出し尽くす」という意味が込められている(ただしこれは後付の理由であり、当初は薬学の事典の適当なページを開いて真っ先に目に付いた項目を名前にしただけであったという)。メンバーの中の2人は東京薬科大学出身で、薬剤師免許も取得しており、外資系の製薬会社の勤務歴もある。またメンバーの3人は兵庫県神戸市出身で、神戸市中央区の神戸国際会館で開かれたライブでは「地元に帰ってきて嬉しい」と神戸のファンにメッセージを送った。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た中国

    グループ名の由来は、中国で古代より下剤などに使用されている薬草「決明子(けつめいし)」で、薬草の効用になぞらえて「全てを出し尽くす」という意味が込められている(ただしこれは後付の理由であり、当初は薬学の事典の適当なページを開いて真っ先に目に付いた項目を名前にしただけであったという)。メンバーの中の2人は東京薬科大学出身で、薬剤師免許も取得しており、外資系の製薬会社の勤務歴もある。またメンバーの3人は兵庫県神戸市出身で、神戸市中央区の神戸国際会館で開かれたライブでは「地元に帰ってきて嬉しい」と神戸のファンにメッセージを送った。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見たビール

    ライブツアーは過去4回全て、沖縄でファイナルを迎えている。ライブでは「はじまりの合図」で始まるのがお決まりで、最後に「ビールボーイ」を歌うことが多い。しかし、「はじまりの合図」発売以降、『春だ二晩!ケツメイシ祭り!二日間だけお願いやらせて!』というライブでの二日間だけ「痔持ち一代」で始まった。『ドキッ!! オヤジだらけの歌合戦 目指せ金メダル 2008 ポロリもあるよ!? 』では、「歌謡い」で始まり、「カーニバル」で締めくくられた。沖縄だけ、最後に「ビールボーイ」を歌った。これまでのツアーでは歌われていた「はじまりの合図」「ビールボーイ」を各地で歌わなかったツアーはこれが初めてである。ライブではアンコールの代わりに、会場のファンが「もっと」を歌うことがお決まりである。ライブは缶ビールを飲みながら行う。大蔵の一気飲みは早くて有名である。大蔵はライブでよく「頑張っている自分に拍手!!」と言う。ライブで販売されるTシャツは「ケツT」と呼ばれている。胸や背中にKTMと書かれているのが特徴。ツアーのグッズはチケットを持っていなくても購入できる。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た商標

    当初のタイトルは「ケツの五輪2008 男の金(キャン)メダルツアー」。「五輪」という言葉の使用が「オリンピック」の商標権に抵触する可能性があるため、2/2,2/3の公演終了後に変更された。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

97件中 41 - 50件表示

「ケツメイシ」のニューストピックワード

  • 艦隊これくしょん −艦これ− 艦隊勤務用提督万年筆

  • L−Breath powered by Snow Peak

  • 米国との対話ふさがる行動は当分しない