前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示
  • メモリアル・トーナメント

    メモリアル・トーナメントから見たケニー・ペリーケニー・ペリー

    2008年 ケニー・ペリー(アメリカ)メモリアル・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • パデューカ (ケンタッキー州)

    パデューカ (ケンタッキー州)から見たケニー・ペリーケニー・ペリー

    ケニー・ペリー、PGAツアーのゴルファー、パデューカ郊外のローンオーク高校を卒業パデューカ (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たケニー・ペリーケニー・ペリー

    2008年5月18日、アメリカPGAツアーのAT&Tクラシック最終日、首位から3打差でスタートして激しい追い上げを見せ、ケニー・ペリーとのプレーオフに持ち込み、最初のホールで相手がボギーを叩いた後、今田は落ち着いてパーをセーブし、悲願のアメリカPGAツアー初優勝を飾った。日本人のPGAツアー優勝は青木功、丸山茂樹に続いて史上3人目となった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たケニー・ペリーケニー・ペリー

    10月8日 - 11日、プレジデンツカップに出場し、最終日には当時世界6位のケニー・ペリーに勝つなど、3勝2敗と世界選抜ではアーニー・エルスと並ぶ最多の3ポイントを挙げる大活躍を見せた。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ブルックス

    マーク・ブルックスから見たケニー・ペリーケニー・ペリー

    1996年、ブルックスは35歳でゴルフ経歴のハイライトを迎え、1月の「ボブ・ホープ・クライスラー・クラシック」、5月初頭の「シェル・ヒューストン・オープン」、8月の全米プロゴルフ選手権で年間3勝を挙げた。1996年全米プロゴルフ選手権の開催コースは、ケンタッキー州ルイビルにある「バルハラ・ゴルフクラブ」(パー72)であった。ブルックスは 11 アンダーパー(-11, 68+70+69+70=277ストローク)でケニー・ペリー(アメリカ)とのプレーオフに進み、最初のホール(14番ホールを使用)でペリーを破ってメジャー大会初優勝を決めた。こうしてブルックスは1996年度のPGAツアー賞金ランキングで「3位」に入り、1位トム・レーマン、2位フィル・ミケルソンに続く位置につけた。この年はプレジデンツカップのアメリカ代表選手にも起用され、彼にとって唯一のチーム戦出場もあった。マーク・ブルックス フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・カブレラ

    アンヘル・カブレラから見たケニー・ペリーケニー・ペリー

    2年後の2009年マスターズで、カブレラは最終ラウンドの最終組をケニー・ペリー(アメリカ)と一緒に回った。途中まで単独首位を走っていたペリーが17番・18番ホールで連続ボギーを犯したことにより、ペリーとカブレラ、チャド・キャンベル(アメリカ)の3人が 12 アンダーパー(-12, 276ストローク)で並び、優勝争いはプレーオフにもつれ込んだ。プレーオフ最初のホールは18番で行われ、まずキャンベルがボギーで脱落する。2ホール目は10番に移り、ここでペリーがボギーとしたため、パーで終了したカブレラがマスターズ初優勝を決めた。これは南米出身のプロゴルファーによる最初のマスターズ優勝であり、カブレラ自身にとっては2007年全米オープン以来のメジャー2勝目となる。アンヘル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示