162件中 51 - 60件表示
  • 買物ブギー

    買物ブギーから見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラ - ケラ&ジ・インディーズ名義のアルバム『シャイコナ・ボックス』にてカヴァー。ケラ以外のメンバーは三柴理、友森昭一、中村哲夫、美濃介。第14期筋肉少女帯に、内田の替わりに第13期ギタリストの中村が参加した形。買物ブギー フレッシュアイペディアより)

  • 富川一人

    富川一人から見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    2008.04 シアターコクーンプロデュース 「どん底」 (作・演:ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)靴屋役富川一人 フレッシュアイペディアより)

  • 妖怪百物語の部屋

    妖怪百物語の部屋から見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    1997年12月4日?19日:元ロックバンド有頂天のボーカリストであるKERA、ケラリーノ・サンドロヴィッチが主宰していた劇団 健康の前身である、劇団 ナイロン100℃の公演、新宿 SPACE ZERO KERALINO SANDOROVICH NYLON 100℃ 13TH セッション 1997 クリスマスプレイフランケンシュタイン バージョン100℃のパンフレットに 2ページ分紹介される。妖怪百物語の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • よい子の歌謡曲

    よい子の歌謡曲から見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    1988年4月20日発行 - インタビュー BaBe・小沢なつき・藤谷美紀・我妻佳代・ケラ / 特集 SHE's SWEETSよい子の歌謡曲 フレッシュアイペディアより)

  • 踊れバンバン

    踊れバンバンから見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    そのコーナーに、後にナゴムレコードを率いることとなるケラの在籍していた結成当時の有頂天が出演。さらにその応援として高校生だった大槻ケンヂが応援に駆けつけ、ほっかむりに白衣という姿でフロアをはねまわり「ベストドレッサー賞」を受賞し、白いギターを副賞として貰っている。有頂天と大槻の記念すべきテレビ初出演番組であった。1踊れバンバン フレッシュアイペディアより)

  • 空手バカボン

    空手バカボンから見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    空手バカボンは大槻モヨコ、内田雄一郎、ケラによる音楽ユニット。1983年結成。現在も解散はしておらず、断続的に活動を続けている。自称「最後のテクノバンド」。空手バカボン フレッシュアイペディアより)

  • ADAPTER。

    ADAPTER。から見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    現在へーけ、ケラ&ザ・シンセサイザーズなどで活動中。ADAPTER。 フレッシュアイペディアより)

  • 東京フルーツ

    東京フルーツから見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ひたすらに死の必然性を歌う曲。マキシシングル「ゆめみているよ」に、ソロバージョンが収録されている。ケラリーノ・サンドロヴィッチ作の舞台・室温?夜の音楽?で使用された。東京フルーツ フレッシュアイペディアより)

  • 廣川 三憲

    廣川三憲から見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    2008年1月現在、ナイロンでは最高齢の俳優である。そのため、主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチを含め、ナイロンの俳優は全員、「廣川さん」という敬称付けで呼んでいる(ナイロンへの参加時期は大倉孝二や新谷真弓と同時期の1995年オーディション組である)。廣川三憲 フレッシュアイペディアより)

  • ノゾミ・カナエ・タマエ

    ノゾミ・カナエ・タマエから見たケラリーノ・サンドロヴィッチケラリーノ・サンドロヴィッチ

    なお、タイトル曲となる『ノゾミ・カナエ・タマエ』は、当時、ナゴムレコード所属のバンド仲間内で「??、かぁ?」と、些細なことでも囃し立てるのが流行しており、大槻が内田に曲のことをバカにされたのに腹を立てたため、収録されなかった。また、そのジャケットも、内田がデザインしたものがあったが、KERAに勝手に変更されてしまった。当時の楽曲と考えられるテイクは、後に発売された『80年代の筋肉少女帯』にライブバージョンとして収録され、さらにリテイクされたものが『レティクル座妄想』において改めて発表されたノゾミ・カナエ・タマエ フレッシュアイペディアより)

162件中 51 - 60件表示

「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」のニューストピックワード