97件中 71 - 80件表示
  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見たさいたまゴールド・シアター

    さいたまゴールド・シアター第3回公演『アンドゥ家の一夜』作ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見た演出家

    ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA、1963年1月3日 - )は、東京都出身のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督、俳優。劇団「ナイロン100℃」主宰。横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)卒業。本名は小林 一三(こばやし かずみ)。妻は女優の緒川たまき。キューブ所属。ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見た罪とか罰とか

    2009年 - 監督映画『罪とか罰とか』公開ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見た小劇場

    やがて小劇場での活動を開始させ、1985年に「劇団健康」、解散後の1993年に「ナイロン100℃」を旗揚げ。以来、主宰としてほとんどの作品の劇作・演出に携わっている。演劇分野では「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」名義を使用。近年は音楽活動を継続しつつも、舞台人としての動きが特に目立ち、劇団にとどまらず外部公演への演出・台本提供も活発である。また並行して、広岡由里子とのユニット「オリガト・プラスティコ」と、作品ごとに異なる出演者・趣向で企画されるユニット「KERA・MAP」(ケラマップ)もプロデュースしており、いずれも不定期に公演を行っている。岸田國士戯曲賞をはじめ舞台・戯曲での受賞歴も複数ある(下記参照)。ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見た劇作家

    ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA、1963年1月3日 - )は、東京都出身のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督、俳優。劇団「ナイロン100℃」主宰。横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)卒業。本名は小林 一三(こばやし かずみ)。妻は女優の緒川たまき。キューブ所属。ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見た演出

    やがて小劇場での活動を開始させ、1985年に「劇団健康」、解散後の1993年に「ナイロン100℃」を旗揚げ。以来、主宰としてほとんどの作品の劇作・演出に携わっている。演劇分野では「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」名義を使用。近年は音楽活動を継続しつつも、舞台人としての動きが特に目立ち、劇団にとどまらず外部公演への演出・台本提供も活発である。また並行して、広岡由里子とのユニット「オリガト・プラスティコ」と、作品ごとに異なる出演者・趣向で企画されるユニット「KERA・MAP」(ケラマップ)もプロデュースしており、いずれも不定期に公演を行っている。岸田國士戯曲賞をはじめ舞台・戯曲での受賞歴も複数ある(下記参照)。ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見たFMシアター

    FMシアター』「虫歯とタクシー、その他の不幸」(NHK-FM放送)作ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見た映画監督

    ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA、1963年1月3日 - )は、東京都出身のミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督、俳優。劇団「ナイロン100℃」主宰。横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)卒業。本名は小林 一三(こばやし かずみ)。妻は女優の緒川たまき。キューブ所属。ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見たアンドゥ家の一夜

    さいたまゴールド・シアター第3回公演『アンドゥ家の一夜』作ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ

    ケラリーノ・サンドロヴィッチから見たインディーズ

    その一方、「KERA」(ケラ)の芸名で、バンド「有頂天」やインディーズレーベル「ナゴムレコード」の運営にあたる。命名の由来は、学校の演劇部に入る際オーディションで自身が歌った「虫けらの歌」により「ケラ」のあだ名をつけられたからという。音楽関係においては、自ら参加する有頂天、空手バカボン、LONG VACATION、ケラ&ザ・シンセサイザーズでの活動に加え、ナゴムレコードから筋肉少女帯、人生(電気グルーヴの前身)など多数の才能を発掘、輩出した。現在もミュージシャン「KERA」として活動する。ケラリーノ・サンドロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

97件中 71 - 80件表示

「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」のニューストピックワード