286件中 11 - 20件表示
  • オ・サ・ム

    オ・サ・ムから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    陣内智則とケンドーコバヤシが司会を務めた深夜番組で、彼らがスタジオゲストに招いた大物芸能人たちをトークと企画VTRでもてなしていた。前番組『?マジっすか!』のレギュラー陣をほぼそのまま起用していたのが特徴で、企画VTRのリポーターも同様に、前番組に出演していたお笑い芸人たちが務めていた。オ・サ・ム フレッシュアイペディアより)

  • B (ラジオ番組)

    B (ラジオ番組)から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    同年9月よりバッファロー吾郎以外のメンバーは『Bフライデースペシャル 陣内・ケンコバ45ラジオ』と題する土曜日(金曜深夜)0:00 - 4:50の新番組に、火曜日担当のバッファロー吾郎はケンドーコバヤシと共に『スッごい!おとなの時間』(日曜日20:00 - 21:25)のパーソナリティへとそれぞれ移動した。B (ラジオ番組) フレッシュアイペディアより)

  • ドロンボー一味

    ドロンボー一味から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    ドロンジョ:深田恭子 ボヤッキー:生瀬勝久 トンズラー:ケンドーコバヤシドロンボー一味 フレッシュアイペディアより)

  • 今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説

    今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    優勝山田花子、エド・はるみ。山田花子は後藤輝基(フットボールアワー)を指名しフレンチキスをゲットするが、エド・はるみはケンドーコバヤシを指名し、30秒以上のディープキスをする。今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本超合金

    吉本超合金から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    この番組をきっかけに2丁拳銃は東京進出の足がかりを作り、天然素材の解散後に人気が低迷していたFUJIWARA、バッファロー吾郎が再評価され、その後の活躍の基盤を作ることになった。ケンドーコバヤシや中川家など、この番組から全国区の人気を掴んだ芸人も多い。西田哲也、ハスミマサオ、上地茂晴といった、東京や大阪で活躍する人気放送作家もこの番組の出身である。吉本超合金 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ小猪木

    アントニオ小猪木から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    週刊ゴングの「芸人コラム 〜プロレスに愛を込めて〜」(2005年 - 2006年)(三又忠久、ユリオカ超特Q、ケンドーコバヤシとリレー連載)を開始。続いて小猪木川柳「小猪木を探せ!」のコーナーも連載していた。アントニオ小猪木 フレッシュアイペディアより)

  • THE EMPTY STAGE

    THE EMPTY STAGEから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    千原ジュニア(千原兄弟)、千原せいじ(千原兄弟)、兵動大樹(矢野・兵動)、田中直樹(ココリコ)、ケンドーコバヤシ、陣内智則、小籔千豊、高橋茂雄(サバンナ)、河本準一(次長課長)、大村朋宏(トータルテンボス)、川島明(麒麟)、佐久間一行、秋山竜次(ロバート)、大悟(千鳥)、綾部祐二(ピース)、石田明(NON STYLE)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)、渡辺直美、村上ショージ、THE EMPTY STAGE フレッシュアイペディアより)

  • 魔女っ娘。梨華ちゃんのマジカル美勇伝

    魔女っ娘。梨華ちゃんのマジカル美勇伝から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    出演していたのは、当時の2004年9月23日にシングル「恋のヌケガラ」でデビューしたばかりの美勇伝(石川梨華、三好絵梨香、岡田唯)。更に、ハロー!プロジェクトより、様々なメンバーがゲストとして登場した。また、魔法学校の教師役として、多くの吉本興業所属の芸人が1人ずつMCで登場した(声のみの出演)。登場する教師毎に登場テーマ曲が有る。校長役のケンドーコバヤシは、同じ帯で過去に放送されていた「それゆけ!ゴロッキーズ」にもマスター役で登場していた為、石川梨華、小川麻琴、紺野あさ美の初登場回には「マスター」と呼ばれた。勿論校長なのでマスターと呼ばれても否定した。魔女っ娘。梨華ちゃんのマジカル美勇伝 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤裕美

    斎藤裕美から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    入社1年目の2008年には、10月に『ジャイケルマクソン』(MBSテレビ)の特別企画「日本一早い!ジャイケル大忘年会2008」で進行役を務めたことを皮切りに、『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ)や『モーニングミックス』(MBSラジオ)へレギュラー出演。2009年には、10月から『VOICE』(MBSテレビが平日夕方に放送中のローカルニュース番組)で1年間サブキャスターを担当するとともに、『U.K. BEAT FLYER 1179』(MBSラジオの音楽番組)で2011年3月までアシスタントを務めた。2009年末の『オールザッツ漫才』(MBSテレビが1989年から毎年末に長時間編成する生放送の演芸・バラエティ番組)では、放送開始20年目にして、毎日放送のアナウンサーでは初めて司会に起用されている(陣内智則・ケンドーコバヤシとの共同司会)。斎藤裕美 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のラジオ (日本)

    2010年のラジオ (日本)から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシの弁護士ってどんなん!?(MBSラジオ、20:00)2010年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

286件中 11 - 20件表示

「ケンドーコバヤシ」のニューストピックワード