252件中 11 - 20件表示
  • オーサカ夜キング ケンコBAR

    オーサカ夜キング ケンコBARから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    2004年から夏休み前半(7月下旬 - 8月上旬)に大阪城・大阪城公園一帯で開催されているイベント『オーサカキング』。2006年にはケンドーコバヤシの司会で『ケンドーコバヤシのオーサカ夜キング』が放送されたが、翌2007年にもケンコバの司会で少し趣向を変えて放送された。それがこの『オーサカ夜キング ケンコBAR』である。タイトルの「ケンコBAR」とは、会場内に実際にあるスペースの1つである。また、番組は「アサヒビール Presents」を副題に冠していた。アサヒビールの一社提供番組ではなかったものの、同社は数あるスポンサーの一社になっていた。オーサカ夜キング ケンコBAR フレッシュアイペディアより)

  • なかやまきんに君

    なかやまきんに君から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    2006年10月22日(23日早朝)毎日放送ラジオのスペシャルウィークにて放送されたケンドーコバヤシ、サバンナパーソナリティーの「コバンナ」にて、筋肉留学後初のメディア出演を電話で果たした。なかやまきんに君 フレッシュアイペディアより)

  • バッファロー吾郎A

    バッファロー吾郎Aから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    相方の竹若やケンドーコバヤシなどの後輩からいじられ、つっこみ返す事で笑いを生む、「いじられ芸」、「つっこみ芸」を確立。一方で自ら貪欲にボケを狙い、後述のような新ギャグやモノマネネタ(基本的にあまり似ていないが、稀にヒットもある)の開拓にも余念がない。バッファロー吾郎A フレッシュアイペディアより)

  • うぇぶたま3

    うぇぶたま3から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    出演者はバナナマンとケンドーコバヤシのメインは変わらないが、新たに鳥居みゆきが加わった。因みにこの番組が鳥居の地上波初レギュラーとなる。うぇぶたま3 フレッシュアイペディアより)

  • 快盗!!シノビーナ

    快盗!!シノビーナから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    第1回、第2回はボスであるケンドーコバヤシがメインを務め、シノビーナに指令を下すという形であった。第3回以降はシノビーナ自身が進行し、NON STYLEとオードリーがレギュラーゲスト的な立場で番組に参加。携帯クイズの生出題といった新企画が追加された。快盗!!シノビーナ フレッシュアイペディアより)

  • 今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説

    今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    優勝山田花子、エドはるみ。山田花子は後藤輝基(フットボールアワー)を指名しフレンチキスをゲットするが、エドはるみはケンドーコバヤシを指名し、30秒以上のディープキスをする。今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 及川奈央

    及川奈央から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    チェックメイト (2005年4月、うめだ花月、主演:ケンドーコバヤシ) - 及川奈央本人 役及川奈央 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ小猪木

    アントニオ小猪木から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    週刊ゴングの「芸人コラム 〜プロレスに愛を込めて〜」(2005年 - 2006年)(三又忠久、ユリオカ超特Q、ケンドーコバヤシとリレー連載)を開始。続いて小猪木川柳「小猪木を探せ!」のコーナーも連載していた。アントニオ小猪木 フレッシュアイペディアより)

  • オ・サ・ム

    オ・サ・ムから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    陣内智則とケンドーコバヤシが司会を務めた番組で、彼らがスタジオゲストに招いた大物芸能人たちをトークと企画VTRでもてなすという主旨で行われていた。前番組『?マジっすか!』のレギュラー陣をほぼそのまま起用していた点が特徴で、企画VTRのリポーターも同様に前番組に出演していたお笑い芸人たちが務めていた。オ・サ・ム フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    デビュー:ケンドーコバヤシ、たむらけんじ、幹てつや、ハローケイスケ日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

252件中 11 - 20件表示

「ケンドーコバヤシ」のニューストピックワード