252件中 21 - 30件表示
  • レイザーラモンHG

    レイザーラモンHGから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    もともと住谷がこのキャラを作りだしたのは、2002年baseよしもとのステージ出演の際、腰を激しくグラインドしながらダンスをし、共演のケンドーコバヤシが「お前はハードゲイか!」とツッコんだことがきっかけとされる。その後吉本新喜劇の舞台や「吉本オールスター大運動会」等で、このスタイルを確立していった。きっかけについては最近「ショーシャンクの空に」を見た後、モーガン・フリーマンに3時間優しく犯された夢を見て、ハードゲイに目覚めたというネタも開発している(ヨシモトファンダンゴTV「ヨシモト∞」)。レイザーラモンHG フレッシュアイペディアより)

  • めざましどようび

    めざましどようびから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    2008年7月12日から、それまで土曜10・11時台にフジテレビと一部系列局で放送されていた『ハッケン!!』が会社全体の予算削減の流れを受け終了したことに伴い、『めざましどようびメガ』(10時台前半のみ)を新設することになった。初代メインは本編同様、福原・杉崎が担当し、コメンテーターにはケンドーコバヤシを起用。さらに、2009年4月からは話題のゲストを招く体制となった。めざましどようび フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンハーツ

    ロンドンハーツから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    度々「ミスターアベレージ(平均値)」といじられる光景がよく見られる(芸風に反して一般的なものばかりを選ぶ事からきていると思われる。ケンドーコバヤシからは、「ジュニアさん、デビュー当時相当無理してたんですね…」と言われてしまった)。また、「ダイヤモンドガール」のロケではジュニアの知名度に反して人が避けていく・話しかけても無視されることが多く、他のタレントの同じ状態については「ジュニア状態」と名付けられている(逆に人が集まりすぎてパニックになることは「逆・ジュニア状態」)。ロンドンハーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    スガッスル第一幕 (スペシャルレフェリー:ケンドーコバヤシダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!

    雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    また業界視聴率が高いということもあって、この番組をきっかけに知名度を上げブレイクした芸人や再ブレイクした芸人も多い。サバンナ、有吉弘行、ケンドーコバヤシ、野性爆弾、ピース、レイザーラモンRG、椿鬼奴などがその例である。雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク! フレッシュアイペディアより)

  • はねるのトびらの企画

    はねるのトびらの企画から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    モデル・堤下、藤森慎吾、ケンドーコバヤシ、狩野英孝、木下隆行 はねるのトびらの企画 フレッシュアイペディアより)

  • どっキング48

    どっキング48から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    『情熱★エンためファクトリー どっキング!!!』として2010年10月12日からスタートした当番組は、2010年9月まで月曜 - 木曜深夜に放送されていた『ランキンくえすと』と金曜深夜に放送されていた『週刊プラチケ!』を統合し、ケンドーコバヤシ、陣内智則、たむらけんじのNSCの同期3人が共演する事となった。世の中のさまざまな情報を独自の目線で紹介する番組で、エンタメ情報の他に、さまざまな企画を放送。どっキング48 フレッシュアイペディアより)

  • 日村 勇紀

    日村勇紀から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    大喜利の腕もかなりのもので、吉本興業主催の大喜利イベント『ダイナマイト関西』の2006年オープントーナメント大会に参戦。開幕戦を難なく突破し、ケンドーコバヤシに善戦するも敗退。本来ツッコミでありながらぶっとんだ発想を活かした回答は、関西のお笑いファンにもその存在を大きくアピールした。なお、この大会の予選では相方の設楽とも対戦し、勝利している。その他にもIPPONグランプリ 〜秋の陣〜にも出場している。日村勇紀 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のラジオ (日本)

    2010年のラジオ (日本)から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシの弁護士ってどんなん!?(MBSラジオ、20:00)2010年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)

    ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    出演した有名人は以下の通り。このうち、叶姉妹、みのもんた、世界のナベアツ、生瀬勝久、深田恭子、ケンドーコバヤシ、エド・はるみ、ルー大柴(第20話のトールーとして)は、第28話でも「紅白メカ合戦」審査員として出演しているが、声の出演はなし。ヤッターマン (2008年のテレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

252件中 21 - 30件表示

「ケンドーコバヤシ」のニューストピックワード