286件中 51 - 60件表示
  • 葉那子

    葉那子から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    「キャンパスナイトフジ」では、その冷静な佇まいから、ケンドーコバヤシにマンガ「クローズ」の影の最強キャラでもある「リンダマン」と例えられ、愛称としても呼ばれていた。葉那子 フレッシュアイペディアより)

  • トクトコ

    トクトコから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    大阪NSC(吉本総合芸能学院)11期生の同期には、中川家、ハリガネロック、ケンドーコバヤシ、陣内智則、村越周司、ハリウッドザコシショウ、堂土貴(ルート33)、たいぞう、高僧・野々村、みのなが、細川博一(現・チャンバラJr.)、プリン姫(元・新庄かおり)、殿村政明(一級河川大和川)、丸尾啓範(ザ・リックサック)、たむらけんじらがいる。トクトコ フレッシュアイペディアより)

  • 東原 亜希

    東原亜希から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    お笑い好きと公言しており、『M-1グランプリ』のDVDは全巻所有し、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や『リチャードホール』、『人志松本のすべらない話』のファンでもある。最もお気に入りの芸人はケンドーコバヤシ。自身のブログで公言し、バラエティ番組で共演した際、必ず「ファンです」、「かっこいい」と好意を伝え、ケンドーコバヤシが司会の『Shibuya Deep A』にゲスト出演した際には「好きすぎて仕事にならない」と語った。東原亜希 フレッシュアイペディアより)

  • 女神のハテナ

    女神のハテナから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    12号:ケンドーコバヤシ、久保田和靖(とろサーモン)、宇治原史規(ロザン)女神のハテナ フレッシュアイペディアより)

  • 新地梨絵

    新地梨絵から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    『キャンパスナイトフジ』出演時には神戸から東京に通っていたという(2009年12月放送より)。番組開始当初、事実上のMCケンドーコバヤシから新地が邪険な扱いを受けていたとして、TBSラジオ『ケンドーコバヤシのテメオコ』にゲスト出演した山里亮太が指摘し、ケンコバを注意した(当日の放送では新地本人は不在)。新地梨絵 フレッシュアイペディアより)

  • アナ☆ログ

    アナ☆ログから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシ 2008年6月29日、2008年7月6日アナ☆ログ フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

    雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    2007年6月20日、雨上がり決死隊の冠番組雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!とのコラボレーションを行う。ゲストにプレゼン企画常連のケンドーコバヤシとアメトーークのプロデューサー・演出の加地倫三が出演。プロデューサーの加地はテレビ朝日の社員であるためライバル局であるTBSテレビ(当時の運営会社は東京放送)と同グループのラジオ局に出演するという異例の放送となった。また、ジングルなどもアメトーークのナレーションしている佐藤賢治を起用したりSEやBGMもアメトーークで使用されている音源を使用した。内容はリスナーから企画を募集しプロデューサー加地にプレゼンするというもの。アメトーークで実現出来そうな企画が多かったらしく多くの企画がお持ち帰りとなり、その中から「小木憧れ芸人」が採用され2007年9月6日放送のアメトーークにて実際に放送された。雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! フレッシュアイペディアより)

  • base SUMMER SMILE

    base SUMMER SMILEから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    2003年の同イベントをもって、FUJIWARA、シャンプーハット、陣内智則、バッファロー吾郎、サバンナ、$10、ランディーズ、野性爆弾、フットボールアワー、ビッキーズ、ロザン、チュートリアル、ブラックマヨネーズ、キングコング、友近、ザ・プラン9、土肥ポン太、後藤秀樹、ケンドーコバヤシはbaseよしもとを卒業。うめだ花月へと移動した。一方、ダイアンは当時のタレプロ組で唯一baseに残り、その後2008年に卒業。base SUMMER SMILE フレッシュアイペディアより)

  • 木曜JUNK ZERO ケンドーコバヤシのテメオコ

    木曜JUNK ZERO ケンドーコバヤシのテメオコから見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    木曜JUNK ZERO ケンドーコバヤシのテメオコ(もくようジャンクゼロ ケンドーコバヤシのテメオコ)は、2008年10月2日から2010年4月1日まで、TBSラジオをキー局にJRNにて、毎週木曜日の「JUNK ZERO」枠で放送されていた、ケンドーコバヤシがパーソナリティのラジオ番組。通称「テメオコ」。番組表上では、主に「JUNK ZERO ケンドーコバヤシのテメオコ」と表記された。木曜JUNK ZERO ケンドーコバヤシのテメオコ フレッシュアイペディアより)

  • NMB48山本彩のM-姉 〜ミュージックお姉さん〜

    NMB48山本彩のM-姉 〜ミュージックお姉さん〜から見たケンドーコバヤシケンドーコバヤシ

    NMB48の山本彩とケンドーコバヤシがMCとなり、様々な音楽ジャンルのアーティストをゲストに迎える音楽バラエティー番組。コーナーレギュラーとして、椿鬼奴や他のNMB48のメンバーも出演する。NMB48山本彩のM-姉 〜ミュージックお姉さん〜 フレッシュアイペディアより)

286件中 51 - 60件表示

「ケンドーコバヤシ」のニューストピックワード