225件中 11 - 20件表示
  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見たココリコ

    1992年4月大阪NSC入学。11期生であり、同期は陣内智則、中川家、たむらけんじ、ハリガネロック、烏川耕一、たいぞう、ハリウッドザコシショウ、小林和寿など。NSC出身者以外では藤井隆、ココリコ、海原やすよ・ともこなどが同期。ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見た次長課長

    日本クラフトフーズ「ホールズ」(千原ジュニア・次長課長と共演)ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見た千原兄弟

    その後同期の村越周司と『モストデンジャラスコンビ』を結成。一応ツッコミ担当だったが、全くボケ・ツッコミの区別がつかない無秩序なネタを生み出し続けた。当時の心斎橋筋2丁目劇場ブームに乗り、また小林の実力を評価した千原兄弟や、バッファロー吾郎、FUJIWARAなど先輩芸人の後押しもあり活躍。モストデンジャラスコンビは村越が芸人引退を希望し(村越はフリーのピン芸人として2006年復帰)、2000年3月解散。解散のキッカケは、村越が人付き合いが苦手だったことも一因になっており、解散の際村越は小林に対して、「元々お前のことそんなに好きじゃなかった。と言うか、この世界の芸人で好きな奴なんて1人もおらん」と言い、周りにいる芸人が嫌いな理由を延々と語り始めたという。ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見たダウンタウン (お笑いコンビ)

    2003 - 2005年にかけてテレビ東京のハロープロジェクト関連の番組、ダウンタウン司会『考えるヒト』(フジテレビ)など、全国放送のテレビ番組に出演するようになる。ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見た松本隆博

    2007年8月、ダウンタウン松本の兄、取締役松本隆博プロデュースでメッセンジャー黒田との音楽ユニット「コバクロ」結成。デビューソングは「わくわくしない世代」。ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見た千原ジュニア

    日本クラフトフーズ「ホールズ」(千原ジュニア・次長課長と共演)ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見たFUJIWARA

    その後同期の村越周司と『モストデンジャラスコンビ』を結成。一応ツッコミ担当だったが、全くボケ・ツッコミの区別がつかない無秩序なネタを生み出し続けた。当時の心斎橋筋2丁目劇場ブームに乗り、また小林の実力を評価した千原兄弟や、バッファロー吾郎、FUJIWARAなど先輩芸人の後押しもあり活躍。モストデンジャラスコンビは村越が芸人引退を希望し(村越はフリーのピン芸人として2006年復帰)、2000年3月解散。解散のキッカケは、村越が人付き合いが苦手だったことも一因になっており、解散の際村越は小林に対して、「元々お前のことそんなに好きじゃなかった。と言うか、この世界の芸人で好きな奴なんて1人もおらん」と言い、周りにいる芸人が嫌いな理由を延々と語り始めたという。ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見た宮沢賢治

    ゴーストライターホテル(2012年)宮沢賢治ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見たザ・プラン9

    バッファロー吾郎主催の大喜利イベントダイナマイト関西には初回から参加、本大会では参加芸人中最多の5回の優勝を誇っている。その他各種イベントやMBSラジオ『スッごい!おとなの時間』など数々共演。野性爆弾、ザ・プラン9、友近らと共に、バッファローファミリーとも称され『アメトーーク!』などで取り上げられた。また、FUJIWARAともテレビ大阪『吉本超合金』で共演。後番組『吉本超合金K・ケンコバ大王』は初冠番組。ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

  • ケンドーコバヤシ

    ケンドーコバヤシから見た宮川大輔 (タレント)

    さらば愛しの大統領(2010年)番場刑事役・宮川大輔とW主演ケンドーコバヤシ フレッシュアイペディアより)

225件中 11 - 20件表示

「ケンドーコバヤシ」のニューストピックワード