524件中 51 - 60件表示
  • サムバリ

    サムバリから見たケーキケーキ

    サムバリまたはダマスカス・ハニー (, , "ダマスカスのデザート"という意味。)は、バスブーサとよく似たセモリナを使ったケーキである。しかし、セモリナや穀粉に牛乳、ヨーグルトそして糖蜜を加えている点でバスブーサとは異なる。たまに、固形のミルククリームが和えられる事もある。料理名の由来はサム(Şam, ダマスカス〈シリアの首都〉の愛称)から来ていると言われるが、詳しい事は不明である。しかし、アラブ諸国では古代からレシピが発展した料理の一つである。サムバリ フレッシュアイペディアより)

  • 北海道村

    北海道村から見たケーキケーキ

    販売エリアは、旭川市・名寄市・札幌市。和菓子店として、1914年に創業。現在は、洋菓子(ケーキ)店の「梅屋」として知られる。2009年に北海道村の子会社になり、倒産後は三慶グループに譲渡され現在も存続している。北海道村 フレッシュアイペディアより)

  • タルタ・デ・サンティアゴ

    タルタ・デ・サンティアゴから見たケーキケーキ

    タルタ・デ・サンティアゴ (スペイン語:、ガリシア語:) は、スペインのガリシア州の有名なアーモンドケーキである。「聖ヤコブのケーキ」という意味で、中世に発明された。中身には、砕いたアーモンド、卵、砂糖等で作ったフィリングが詰められる。表面には、聖ヤコブの十字 (cruz de Santiago) を型抜いて粉糖がまぶされる。ケーキの名前はこれに由来する。タルタ・デ・サンティアゴ フレッシュアイペディアより)

  • プレクムルスカ・ギバニツァ

    プレクムルスカ・ギバニツァから見たケーキケーキ

    プレクムルスカ・ギバニツァ(prekmurska gibanica)は、スロヴェニア北東部にあるプレクムリエ地方(Prekmurje)とそこに隣接するクロアチアのメジムリエ地方(Međimurje)に起源を持つ、何層にも重なったケーキプレクムルスカ・ギバニツァ フレッシュアイペディアより)

  • プチフール

    プチフールから見たケーキケーキ

    プチフール()は、一口サイズのケーキで、一般にいろいろな種類のものを取り合わせる形で、食後のデザートや、ビュッフェ形式の料理の一部として供される。プチフール フレッシュアイペディアより)

  • さいさいきて屋

    さいさいきて屋から見たケーキケーキ

    地元農産物を活用したケーキやパンなどを販売するカフェ。カフェでは旬の野菜やフルーツをたくさん使ったケーキやパン、ジェラード、フレッシュジュースなどが販売されている。さいさいきて屋 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウハシバミ

    セイヨウハシバミから見たケーキケーキ

    セイヨウハシバミ(西洋榛、学名:Corylus avellana)は、カバノキ科の落葉低木。種子はヘーゼルナッツ (Hazelnut) と呼ばれて食用となり、クッキーやケーキなどの材料としてよく使われる。セイヨウハシバミ フレッシュアイペディアより)

  • パン・デピス

    パン・デピスから見たケーキケーキ

    パン・デピスはクッキーに近いものとケーキに近いものに分けられる。小麦粉と卵黄を使うもの、ライ麦粉(もしくはライ麦粉と小麦粉の混合粉)を使うものの2種類が存在し、バターは使われない。ディジョンのパン・デピスには小麦粉と卵黄が、ランスのパン・デピスにはライ麦粉が使われる。その名の通りシナモン、ナツメグ、アニス、クローブなどの香辛料と、多量の蜂蜜が風味をつけるために使われる。また、砂糖漬けにした果物が入れられる場合もある。1694年に刊行された『アカデミー・フランセーズ辞典』では「ライ麦粉、蜂蜜、香辛料で作られるケーキ」と定義されている。ショウガの風味が好まれるイギリスでは、パン・デピスはジンジャーブレッドとして親しまれている。パン・デピス フレッシュアイペディアより)

  • パーキン (菓子)

    パーキン (菓子)から見たケーキケーキ

    パーキン(Parkin または Perkin)は、オートミールと糖蜜を伝統的な材料とした、イングランド北部生まれのケーキである。ヨークシャー、中でもリーズ周辺の名物として知られるが、ランカシャーなど他の地域でもよく見かける。一般にはしっとりとした湿り気のある食感で、ときに粘り気があるほどである。ただし、キングストン・アポン・ハルとイースト・ヨークシャーのパーキンは、普通よりも乾いた焼き上がりで、ビスケットに近い食感である。ガイ・フォークス・ナイトに食べる伝統があるが、その他の日にも一年中楽しまれる。ヨークシャーでは商店で売られていることもあるが、それ以外の地域では各家庭で作るお菓子である。パーキン (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ルージュ

    神戸ルージュから見たケーキケーキ

    神戸ルージュ(こうべるーじゅ)は、2012年に神戸市北区で栽培されているイチゴの品種。しっかりとした果肉で酸味が強いのが特徴。酸味の強さがケーキ用のイチゴに適しており、洋菓子店でショートケーキの具材として使われている。神戸ルージュ フレッシュアイペディアより)

524件中 51 - 60件表示

「ケーキ」のニューストピックワード