397件中 51 - 60件表示
  • あまとう (製菓メーカー)

    あまとう (製菓メーカー)から見たケーキケーキ

    クッキー・タルト・チョコレート・ケーキ・ロールケーキ・バウムクーヘン・プリン・アイスクリーム製品などあまとう (製菓メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • アラザン

    アラザンから見たケーキケーキ

    ケーキやアイスクリームのトッピング、クッキーなどに使われる。アラザン フレッシュアイペディアより)

  • フランクフルタークランツ

    フランクフルタークランツから見たケーキケーキ

    フランクフルタークランツ(ドイツ語: Frankfurter Kranz) は、ドイツ西部のライン川の支流の一つ、マイン川の下流域に位置する都市フランクフルト・アム・マイン の銘菓である。リング形の王冠のような形をしたケーキで、全体がバタークリーム(ジャムかゼリーのこともある)で塗られ、上部はクロカン(krokant)と呼ばれるクルミ入りのカラメルで覆われている。名称は、ドイツ語で都市Frankfurt(フランクフルト)と花輪を意味する Kranz(クランツ)に由来する。フランクフルタークランツ フレッシュアイペディアより)

  • ブラックバン

    ブラックバンから見たケーキケーキ

    ブラックバンは20世紀の始めに使われるようになった名称である。18世紀に、これとによく似たプラムケーキという食物があったが、スコットランドでは「ケーキ」とは固いビスケットのことで、いわゆるケーキを意味しないため、このプラムケーキはバンと呼ばれるようになった。ロバート・ルイス・スティーヴンソンが、このバンのことを「人生に有害な黒いもの」と書いたため、ブラックバンと呼ばれるようになったともいわれる。20世紀の始めには、香りが強く中の果実は多くなり、クリスマスプディングをペストリーの皮に包んだようなものとみなされた。ブラックバン フレッシュアイペディアより)

  • 小野忍 (アナウンサー)

    小野忍 (アナウンサー)から見たケーキケーキ

    趣味は旅行、映画に観に行くこと。特技は打楽器、シュガークラフト(ケーキのデコレーション)。小野忍 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 中山ロンロン

    中山ロンロンから見たケーキケーキ

    2階 精肉(ニュークイック)・惣菜(いい菜&ぜスト)店、生鮮食料品(さわみつ)、お茶(丸山園)、ケーキ(ビューコトブキ)店、京樽、シュークリーム(HIROTA)、崎陽軒、花屋(パレットフラワー)、鮮魚店(魚河岸大和)中山ロンロン フレッシュアイペディアより)

  • アンゼリカ (菓子)

    アンゼリカ (菓子)から見たケーキケーキ

    本来のアンゼリカは、セイヨウトウキ由来のネズのような香りと鮮緑色が特徴で、欧州諸国では古くから製菓材料として用いられてきた。用途は、パウンドケーキをはじめとする様々なケーキ、ジンジャーブレッドなどのパン、プディング、スフレに使われる。製造方法は多々あるが、セイヨウトウキの空洞状の茎や葉柄を茹でて表面の堅い筋を取り去った後、砂糖のシロップで煮詰めて乾燥させ、グラニュー糖をかけて再度乾燥させることが多い。アンゼリカ (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • ルタオ

    ルタオから見たケーキケーキ

    1998年に小樽のメルヘン交差点に開店。主力のチョコレートを始め、ケーキなどの洋菓子類を取り揃えている。ルタオ フレッシュアイペディアより)

  • シェル・レーヌ

    シェル・レーヌから見たケーキケーキ

    オイルショックの発生した1974年(昭和49年)頃に東京から鳥羽へ帰郷した石井隆久は、製造から販売まで一貫してできる仕事がしたいと考え、神戸と東京で修行を積み、資本金1000万円で1978年(昭和53年)に株式会社ブランカを設立した。ブランカはパンとケーキの生産と販売を手掛け、売れ行きは良かったが、経費を差し引いた利益は少なかった。そこで新商品として真珠貝の形をしたマドレーヌ「シェル・レーヌ」を開発、観光客向けに販売を始めた。シェル・レーヌ フレッシュアイペディアより)

  • ヒルトン・シンガポール

    ヒルトン・シンガポールから見たケーキケーキ

    チェッカーズ・デリ(Checkers Deli) ケーキ、コーヒーヒルトン・シンガポール フレッシュアイペディアより)

397件中 51 - 60件表示

「ケーキ」のニューストピックワード